2019年10月24日

百万利用者の DApps イーサリアム:アプリケーション特化サイドチェーン入門(11)


When developers are finally able to create these types of platforms just as easily as they build today’s modern Web 2.0 applications, that time will be when the blockchain revolution willtruly have begun.
デベロッパーが彼らが今日の近代的なウェブ2.0のアプリケーションを構築するのと同じぐらい容易に最終的にこれらのタイプのプラットホームを作ることが可能であるとき、その時がブロックチェーン革命がいつ本当に始まってしまっている時でしょう。

Loom Network is coming in Q1 2018. Want more info? Join the mailing list to stay in the loop.
拡散グロー光ネットワークが2018年第1四半期に来ます。 もっと多くのインフォメーションを欲しいですか?グループに留まるためにはメーリングリストに加入してください。

If you liked this article:
もしあなたがこの投書が好きであったなら:

Follow us on:
下記をフォローしてください:

Telegram|Twitter|Github

Visit us athttps://loomx.io
https://loomx.io で我々を訪問してください

Contact us:team@loomx.io
team@loomx.ioで我々と連絡を取ってください

Thanks toJames Martin Duffy.
ジェームズ・マーティン・ダフィーに感謝。

Blockchain
ブロックチェーン

Ethereum
イーサリアム

Bitcoin
ビットコイン

Tech
技術

Technology
技術

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:36| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

百万利用者の DApps イーサリアム:アプリケーション特化サイドチェーン入門(10)


We do not have all the answers, but we believe the free market will figure these things out and best practices will emerge as more of these types of self-governing applications are created.
我々はすべての答えを持っているわけではありません、しかし我々は自由市場がこれらのものを理解するであろうと信じます、そして最善の実践方法が、これらのタイプの自治のアプリケーションがさらに多く作られるにつれて出現するでしょう。

At least in this case, the community has a choice.
少なくともこの場合、その共同体は選択を持っています。

Loom Network is aiming to be a platform where communities can run their software on sidechains where they all have a vested interest in the platform being provably fair and transparent while being able to adjust their security restrictions on demand.
ルームネットワークは、要請に即座に対応する彼らのセキュリティー制限を調整することが可能である一方で、証明可能なように公正で、透明であるプラットホームで彼らがすべて既得権を持っている共同体が彼らのソフトウェアをサイドチェーン上で走らせることができるプラットホームであることを目指しています。

Communities will be able to run on a blockchain where users can spin up their own nodes and secure the network. These could be communities like steemit, subreddits, forums, facebook groups, stackoverflow-type Q&A sites − places where people talk about a common interest − as well as MMO games where everyone has an interest in the game remaining fair. The moment there is a divergence from the community consensus, the usersmustbe able to fork away.
共同体は彼ら自身のノードをユーザーがスピンアップすることができるブロックチェーン上で走らせて、ネットワークを保証することが可能でしょう。 これらは皆が公正なままでいるゲームで所有権を持っているMMOゲームと同様steemit 、 subreddits 、forums、 facebook グループ、 stackoverflow タイプのQ&Aサイトのような共同体− 人々が共通の関心について話をする所であり得えるだろう。共同体同意から逸脱がある瞬間、そのユーザーは分岐することが可能でなくてはなりません。

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:24| 千葉 ☀| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

百万利用者の DApps イーサリアム:アプリケーション特化サイドチェーン入門(9)


A hard fork is a permanent divergence from the previous version of the blockchain. Nodes running previous versions will no longer be accepted by the newest version.1
ハードフォークはブロックチェーンの前バージョンからの永久の拡散です。 前バージョンを走らせているノードは、もはや最も新しいバージョン1によって受け入れられないでしょう

How do you achieve independence that way?
あなたはどのようにその方法で独立性を達成しますか?

In the occurence of an event that was against community consensus, the community is able to fork away, taking the state of the sidechain until before the dispute with it.
共同体同意に反対であった事象の発生で、その共同体は、それとの論争の前までにサイドチェーンの状態をとって、分岐することが可能です。


A proposed change that does not match community consensus can be ignored, and the community can keep on working on the old chain.
共同体同意とマッチしない変更案は無視することができます、そしてその共同体は古いチェーン に取り組み続けることができます。

There are many questions that would arise in this case such as, in a game for example:
例えばゲームでのようなこのケースに生ずるであろう多くの疑問があります:

1.      What if the majority of the leading “malicious” devs decide to stay in the old chain?
もし大多数の主導的な「悪意がある」 devs が古い連鎖に滞在することに決めるならどうでしょう?

2.    Will the new chain become stagnant of development, or will the developers compromise and adapt?
新しいチェーンは開発について低迷するでしょうか、あるいはデベロッパーは妥協して、そして順応するでしょうか?

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:23| 千葉 ☔| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20191022

今日の先端技術情報20191022

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ブロックチェーン

中国アリババ「アント・フィナンシャル」が農業ブロックチェーンを独企業と共同開発

コインデスク・ジャパン

2019年9月25日(現地時間)の発表によると、同社はブロックチェーン技術を利用して効率性を高め、農家の収入を向上させ、高品質の食品生産を保証し、農業の ...


【BLOCK#10】韓国ブロックチェーン業界の立役者

The Nodist

ブロックチェーン技術における先駆者の一人であり、韓国企業の暗号通貨及びブロックチェーン技術の導入に尽力。Exio Communications、Cisco Systems Inc.


elDesign、エバーシステム、IOS財団がブロックチェーを活用した電力取引に協業合意

みんなの仮想通貨

elDesign株式会社、エバーシステム株式会社、IOS財団は30日、ブロックチェーン技術を用いた再生可能エネルギー売買の効率化に関する協業に合意したことを ...


IOT

ソニー系、IoT向け通信サービス 20年に全国展開

日本経済新聞

ソニーネットワークコミュニケーションズは30日、あらゆるモノがネットにつながる「IoT向け通信サービスの提供を始めたと発表した。まず大都市圏から ...

IoTのセキュリティはどう守ればいいですか?――全体設計を明確に!

business network.jp

IoT機器が乗っ取られる被害が後を絶たない。危機感を持ちながらも、現状を打開する方法が分からない人も多いのではないだろうか。IPAにIoTセキュリティ ...


国内初となる個人住宅向けIoTサブスクリプションサービス 『まるっとひかりホームIoTプラン』2019年10月1 ...

CNET Japan

株式会社ラストワンマイル(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:清水 望、以下当社)は、運営する光インターネットサービス『まるっとひかり』における新メニュー ...


AI

秘中の秘のアルゴリズムを無償公開するAIスタートアップ、H2O

日経ビジネス電子版

AI(人工知能)のサービスを提供する企業にとって秘中の秘であるはずのアルゴリズム。米シリコンバレーにはその原本にあたるソースコードを無償で提供する ...


  
「手塚治虫AI」爆誕! 漫画の神様が「TEZUKA2020」として現代に蘇る

ねとらぼ

漫画の神様」こと手塚治虫の新作をAI技術で生み出そうとするプロジェクト「TEZUKA2020」が発表されました。 プロジェクトをけん引するのは、フラッシュメモリの ...


「費用対効果が分かればAIはすぐ導入される」 会社を動かす”AI人材の育て方”

ITmedia

多くの日本企業が、ビッグデータやAI(人工知能)の活用に取り組み始めている。しかし、「AIを使って何かやらないといけない」という思いはあるものの、何から手を ...

.

=====================================================================

人気ブログランキングへ
 

=====================================================================


posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:14| 千葉 ☔| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

百万利用者の DApps イーサリアム:アプリケーション特化サイドチェーン入門(1)


Million-user DApps Ethererum: An Introduction to application-Specific Sidechains
百万利用者の DApps イーサリアム:アプリケーション特化サイドチェーン入門


Georgios Konstantopoulos
ゲオルギオス コンスタントポウラス

ECE Major. Blockchain, infosec, IoT, autonomous vehicles. ex{@Honda}, Research/Writing {@LoomNetwork}
ECE社メージャー。 ブロックチェーン、 infosec 、IoT、自律自動車. ex{@Honda}、研究 / 執筆 {@LoomNetwork}

Dec, 2017
2017年12月18日

The first viral DApp on Ethereum (although its decentralization is questionable asanalyzedin our previous articles) was enough to bring the network to its knees.
イーサリアムの上の最初のバイラル DApp (その分散化は我々の前の論文で分析されたように疑わしいけれども)はネットワークを屈服させるのに十分でした。

The number of pending transactions reached all time highs and transaction fees also reached absurd amounts, with one user also(mistakenly) paying $11.000 in transaction fees.
未決定の取引の数は史上最高値に達しました、そして取引手数料が同じく同じくばかばかしい額に達しました -一人当たり 取引手数料で(間違って)11.000ドルを支払いました。


=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:37| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

第9部:結論 アントニー・ルイス著 ビットコインとブロックチェーンの基礎から抜粋(5)


However, public blockchains are suffering growing pains as they grow in transaction volume and throughput. In recent years both Bitcoin and Ethereum have had periods of stress where miners couldn’t process transactions quickly enough, causing backlogs. Engineers are working on solutions to these problems, and concepts such as shadring and state channels can allow public blockchains to scale.
しかしながら、ブロックチェーンがトランザクション量と処理負荷で増大するにつれて、公開ブロックチェーンが成長痛を被っています。 近年 ビットコインと イーサリアム両方は鉱夫が、未処理の仕事の原因となり、十分速く取引を処理することができなかったストレスの期間を持ってきていました。 エンジニアがこれらの問題に対する解決に取り組んでいます、そして断片化や状態チャンネルのような概念が公開ブロックチェーンに拡張性を可能としています。

Forks and chain splits will become more problematic due to the confusion that they create (which is the ‘real’ blockchain and which is the fork?). Proof-of-work is energy intensive and is polluting the planet. Ethereum may move from proof-of work to proof-of-stake, a much less energy intensive block writing mechanism, and if successful, other blockchains may follow suit.
フォークとチェーンの分割は(「実際の」ブロックチェーンで、そしてそのフォークである?)彼らが作る混乱のためにいっそう問題になるでしょう。 仕事の証明はエネルギー集中的であって、惑星を汚染しています。 イーサリアムは仕事の証明から「掛け金の証明」、それほどエネルギー集中的でないブロック書き込みメカニズムに移行するかもしれません、そしてもし成功しているなら、他の ブロックチェーンが同様の措置をするかもしれません。

As the amount of value recorded on blockchains increases, governance will too become increasingly important. Platforms with no formal governance may not be acceptable to some users. A public ledger called Hadera Hashgraph is experimenting with having a formal governance structure over a public and accessible distributed ledger.
ブロックチェーンに記録された値の量が増加するので、統治もまた、ますます重要になるでしょう。 正式の統治がないプラットホームは若干のユーザーにとって受け入れられないかもしれません。 ハデラ ハッシュグラフと呼ばれる公開元帳が公開のアクセス可能な分散元帳の上に正式の統治構造を持つことで実験しています。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 08:42| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(68)


Further Reading
さらなる読み物

1.    Intrinsic value: https://tinyurl.com/BitcoinMag-IntrinsicValue

2.    Smart property: https://en.bitcoin.it/wiki/Smart_Property

3.   Smart contracts: https://en.bitcoin.it/wiki/Contracts

4.   B-money:http://www.weidai.com/bmoney.txt

5.   Reusable proofs of work:http://www.finney.org/~hal/rpow/

6.   Secure property titles with owner authority:
    http://szabo.best.vwh.net/securetitle.htmll

7.   Bitcoin whitepaper:http://bitcoin.org/bitcoin.pdf

8.  Namecoin: https://namecoin.org/

9.   Zooko's triangle:http://en.wikipedia.org/wiki/Zooko's_triangle

10.  Colored coins whitepaper:https://tinyurl.com/coloredcoin-whitepaper

11  Mastercoin whitepaper: https://github.com/mastercoin-MSC/spec

12.  Decentralized autonomous corporations, Bitcoin Magazine:

    https://tinyurl.com/Bootstrapping-DACs

13.  Simplified payment verification:           https://en.bitcoin.it/wiki/Scalability#Simplifiedpaymentverification

14. Merkle trees:http://en.wikipedia.org/wiki/Merkle_tree

15.  Patricia trees:http://en.wikipedia.org/wiki/Patricia_tree

16.   GHOST: https://eprint.iacr.org/2013/881.pdf

17.   StorJ and Autonomous Agents, Jeff Garzik:
   http://garzikrants.blogspot.ca/2013/01/storj-and-bitcoin-autonomous-agents.html

18.  Mike Hearn on Smart Property at Turing Festival:
    http://www.youtube.com/watch?v=Pu4PAMFPo5Y

19.   Ethereum RLP: https://github.com/ethereum/wiki/wiki/%5BEnglish%5D-RLP

20.   Ethereum Merkle Patricia trees:
 https://github.com/ethereum/wiki/wiki/%5BEnglish%5D-Patricia-Tree

21. Peter Todd on Merkle sum trees:
http://sourceforge.net/p/bitcoin/mailman/message/31709140/

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 16:44| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(63)


This model is untested, and there may be difficulties along the way in avoiding certain clever optimizations when using contract execution as a mining algorithm. However, one notably interesting feature of this algorithm is that it allows anyone to "poison the well", by introducing a large number of contracts into the blockchain specifically designed to stymie certain ASICs. The economic incentives exist for ASIC manufacturers to use such a trick to attack each other. Thus, the solution that we are developing is ultimately an adaptive economic human solution rather than purely a technical one.
このモデルは試されていません、そして、契約実行を採鉱アルゴリズムとして使うとき、ある特定の巧妙な最適化を避けるやりかたに沿って困難があるかもしれません。 しかしながら、このアルゴリズムの1つの特に面白い機能はそれが誰にでも、特にある特定のASICを妨害するよう意図されたブロックチェーンに多数の契約を導入することによって、「井戸を汚染する」ことを許すということです。 経済的誘因は ASIC 製造業者がこのようなトリックをお互いを攻撃するために使うために存在します。 それで、我々が開発中の解決は純粋に専門的なものよりむしろ究極的に適応性がある経済的な人間的解決です。

Scalability
拡張性

One common concern about Ethereum is the issue of scalability. Like Bitcoin, Ethereum suffers from the flaw that every transaction needs to be processed by every node in the network. With Bitcoin, the size of the current blockchain rests at about 15 GB, growing by about 1 MB per hour. If the Bitcoin network were to process Visa's 2000 transactions per second, it would grow by 1 MB per three seconds (1 GB per hour, 8 TB per year). Ethereum is likely to suffer a similar growth pattern, worsened by the fact that there will be many applications on top of the Ethereum blockchain instead of just a currency as is the case with Bitcoin, but ameliorated by the fact that Ethereum full nodes need to store just the state instead of the entire blockchain history.
イーサリアムについての1つの共通の懸念が拡張性の問題です。 ビットコインのように、 イーサリアムはすべての取引きが回線網ですべてのノードによって処理されるために必要とする抜け穴で苦しみます。 ビットコインと共に、現在のブロックチェーンのサイズは、1時間におよそ1 MB大きくなって、およそ15 GBで休みます。 もしビットコイン回線網が毎秒ビザの2000のトランザクションを処理するなら、それは3秒毎に1 MB(1時間に1 GB、1年に8 TB)大きくなるでしょう。 イーサリアムは、ビットコインの現状と同様の単なる通貨の代わりの イーサリアムのブロックチェーン上に多くのアプリケーションがあるであろうという事実によって悪化させられますが、しかし イーサリアムの全ノードが全部のブロックチェーンの履歴の代わりに単にその状態を蓄積する必要があるという事実によって改善されて、おそらく類似の成長パターンを経験する可能性が高いです。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:43| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(62)


Mining Centralization
採鉱集中化

The Bitcoin mining algorithm works by having miners compute SHA256 on  slightly modified versions of the block header millions of times over and over  again, until eventually one node comes up with a version whose hash is less than  the target (currently around 2192). However, this mining algorithm is vulnerable      to two forms of centralization. First, the mining ecosystem has come to be dominated by ASICs (application-specific integrated circuits), computer chips designed for, and therefore thousands  of  times  more  efficient  at,  the  specific task of Bitcoin mining. This means that Bitcoin mining is no longer a highly decentralized and egalitarian pursuit, requiring millions of dollars of capital to effectively participate in. Second, most Bitcoin miners do not actually perform block validation locally; instead, they rely on  a  centralized  mining  pool  to provide the block headers. This problem is arguably worse: as of the time of this writing, the top three mining pools indirectly control roughly 50% of processing power in the Bitcoin network, although this is mitigated by the fact that miners    can switch to other mining pools if a pool or coalition attempts a 51% attack.
ビットコイン採鉱アルゴリズムは、最終的に1つのノードがそのハッシュが(現在2192くらい)ターゲットより少しであるバージョンを思いつくまで、繰り返し何度も鉱夫に SHA256 をブロックヘッダの、何百万回の少し修正されたバージョンで計算するようにすることによって、機能します。 しかしながら、この採鉱アルゴリズムは集中化の2つの形式にとって脆弱です。 第一に採掘エコシステムはASICs(用途特化集積回路)、そのために設計されたコンピュータ・チップによって支配されるようになっており、そしてビットコイン採鉱の特定の仕事で何千回もいっそう能率的であるようになりました。 これはビットコイン採鉱がもう、効果的に参加するのに資本の何百万ドルも要して、大いに分散した、そして平等主義の追求ではないことを意味します。 第二に、たいていのビットコイン鉱夫が地域的に実際にブロック妥当性検証を行ないません;その代わりに、彼らは集中型採鉱プールがブロックヘッダを提供することを当てにします。 この問題は多分もっと悪いです: この執筆の時点で、これは鉱夫が、もしプールあるいは連合が51%の攻撃を試みるなら、他の採鉱プールに変わることができるという事実によって和らげられるけれども、トップの3つの採鉱プールがビットコイン回線網で間接的に処理パワーのおよそ50%をコントロールします。

The current intent at Ethereum is to use a mining algorithm where miners are required to fetch random data from the state, compute some randomly selected transactions from the last N blocks in the blockchain, and return the hash of the result. This has two important benefits. First, Ethereum contracts can include any kind of computation, so an Ethereum ASIC would essentially be an ASIC for general computation - ie. a better CPU. Second, mining requires access to the entire blockchain, forcing miners to store the entire blockchain and at least be capable of verifying every transaction. This removes the need for centralized mining pools; although mining pools can still serve the legitimate role of evening out the randomness of reward distribution, this function can be served equally well by peer-to-peer pools with no central control.
イーサリアムでの現在の意図は鉱夫が状態から乱データをフェッチするように要求される採鉱アルゴリズムを使って、ブロックチェーンで最後のNブロックから若干のランダムに選択されたトランザクションを理解して、そして結果のハッシュを返すことです。 これは2つの重要な恩恵を持っています。 最初に、 イーサリアム契約がどんな種類の計算でも含むことができます、それで イーサリアム特定用途向けIC は一般的な計算のために本質的に特定用途向けIC であって − 例えば、もっと良い通信処理ユニットとなるでしょう。 第二に、採鉱が、鉱夫にブロックチェーン全体をしまっておいて、そして少なくともすべての取引きを確認することができることを強いて、ブロックチェーン全体へのアクセスを必要とします。 これは集中型採鉱プールの必要を削除します;採鉱プールがまだ報酬分配の偶発性を等しくする妥当な役割をサポートすることができるけれども、この業務は中央管理なしで等しく良くピアツーピアプールによって果たされることができます。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 15:59| 千葉 ☀| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(60)


Long-Term Supply Growth Rate (percent)
長期供給成長率(パーセント)

Despite the linear currency issuance, just like with Bitcoin over time the supply growth rate nevertheless tends to zero
リニア通貨発行にもかかわらず、ビットコインとまったく同じようにゆっくり時間をかけて物品の成長率がそれでもゼロに傾斜します。

The two main choices in the above model are (1) the existence and size of an endowment pool, and (2) the existence of a permanently growing linear supply, as opposed to a capped supply as in Bitcoin. The justification of the endowment pool is as follows. If the endowment pool did not exist, and the linear issuance reduced to 0.217x to provide the same inflation rate, then the total quantity of ether would be 16.5% less and so each unit would be 19.8% more valuable.
上の型式の2つの主な選択は(1)寄金プールの存在と大きさで、そして(2)ビットコインのように上限のある供給と対照的に、永久に増大するリニアな供給の存在。 寄金プールの根拠は次の通りです。 もし寄金プールが存在しなく、そしてリニアな発行が同じインフレ率を供給するべき 0.217x に減少したなら、イーサの全体の量は16.5%もっと少なく、それで各単位が19.8%いっそう貴重となるでしょう。

Hence, in the equilibrium 19.8% more ether would be purchased in the sale, so each unit would once again be exactly as valuable as before. The organization would also then have 1.198x as much BTC, which can be considered to be split into two slices: the original BTC, and the additional 0.198x. Hence, this situation is exactly equivalent to the endowment, but with one important difference: the organization holds purely BTC, and so is not incentivized to support the value of the ether unit.
それ故、均衡で19.8%もっと多くのイーサがセールで購入されるでしょう、それで各単位がもう一度正確に前と同じぐらい価値があるでしょう。その 組織はそれから、同じく BTC とおなじくらいたくさんの1.198x を待っているでしょうし、それは、2つのスライスに分かれていると考えられる可能性があります:つまりオリジナルの BTCと追加の 0.198xです 。 それ故、この状況は正確に寄金と等しいですが、1つの重要な相違を持っています:組織は純粋にBTCを持っていて、そしてそれでイーサ単位の値をサポートするために 奨励はされません。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:25| 千葉 🌁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(59)


The issuance model will be as follows:
発行型式は次の通りとなります:

•     Ether will be released in a currency sale at the price of 1000-2000 ether per BTC, a mechanism intended to fund the Ethereum organization and pay for Mastercoin and NXT. Earlier buyers will benefit from larger discounts. The BTC received from the sale will be used entirely to pay salaries and bounties to developers and invested into various for-profit and non-profit projects in the Ethereum and cryptocurrency ecosystem.
イーサはBTC毎に1000-2000イーサの価格で通貨販売で発行されるでしょうし、イーサリアム組織に資金を供給し、そしてMastercoin とNXTを支払うことを意図するメカニズムです。 より初期のバイヤーはより大きいディスカウントから利益を得るでしょう。販売から受けられるBTCは完全にデベロッパーに給料と報奨金を払うために使われて、そして イーサリアムと暗号通貨エコシステムで種々の営利的な、そして非営利のプロジェクトへと投資されるでしょう。

•     0.099x the total amount sold (60102216 ETH) will be allocated to the organization to compensate early contributors and pay ETH-denominated expenses before the genesis block.
総額売上げ 0.099x (60102216 ETH)は、起源阻止ブロックの前に初期の貢献者に補償して、そして ETH 追加単位の出費を支払う組織に割り当てられるでしょう。

•     0.099x the total amount sold will be maintained as a long-term reserve.
総額販売 0.099x は、長期の予約として維持されるでしょう。

•     0.26x the total amount sold will be allocated to miners per year forever after that point.
総額販売 0.26x がその時点の後永久に1年毎に鉱夫に割り当てられるでしょう。

Group
グループ

At launch
打ち上げ

After 1 year
1年後

After 5 years
5年後

Currency units
通貨単位

1.198X
1.198X

1.458X
1.458X

2.498X
 

Purchasers
買い手

83.5%
83.5%

68.6%
68.6%

40.0%
40.0%

Reserve spent pre-sale
予備支出前売り

8.26%
8.26%

6.79%
6.79%

3.96%
3.96%

Reserve used post-sale
予備支出後売上

8.26%
8.26%

6.79%
6.79%

3.96%
3.96%

Miners
鉱夫

0%
0%

17.8%
17.8%

52.0%
52.0%

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:39| 千葉 ☀| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(57)


  • The alternative to Turing-completeness is Turing-incompleteness, where  JUMP and  JUMPI   do not exist and only one copy of each contract is allowed to exist in the call stack at any given time. With this system, the fee system described and the uncertainties around the effectiveness of our solution might not be necessary, as the cost of executing a contract would be bounded above by its size. Additionally, Turing-incompleteness is not even that big a limitation; out of all the contract examples we have conceived internally, so far only one required a loop, and even that loop could be removed by making 26 repetitions of a one- line piece of code. Given the serious implications of Turing-completeness, and the limited benefit, why not simply have a Turing-incomplete language? In reality, however, Turing-incompleteness is far from a neat solution to the problem. To see why, consider the following contracts:
    チューリング - 完全性代替はチューリング - 不完全性です、そこではJUMPとJUMP I が存在しません、そしてただそれぞれの契約の1コピーだけが随時コールスタックに存在することが許されます。 このシステムで、契約を実行するコストがそのサイズによって上に境界を引かれるであろうから、説明された費用システムと我々の解決の効果の周りの不確実性は必要ないかもしれません。 さらに、チューリング - 不完全性はそれほど大きい限界でさえありません; すべての契約例から我々は内部に、これまでのところたった1がループをを必要とした、そしてそのループさえ、1行の一片のコードの26の反復をすることによって、取り去られる可能性があるかもしれない。 チューリング - 完全性の重大な帰結的意味と限定された恩恵を与えられて、なぜチューリング - 不完全な言語を単に持たないのか? しかしながら、実際は、チューリング - 不完全性は問題に対する手際が良い解決から遠いです。 なぜか見るために、次の契約を考慮してください:

    C0:  call(C1);  call(C1);
    C1:  call(C2);  call(C2);
    C2:  call(C3);  call(C3);
    ...
    C49:  call(C50);  call(C50);
    C50:  (run  one  step  of  a  program  and  record  the  change  in  storage)

    Now, send a transaction to A. Thus, in 51 transactions, we have a contract that takes up 250 computational steps. Miners could try to detect such logic bombs ahead of time by maintaining a value alongside each contract specifying the maximum number of computational steps that it can take, and calculating this for contracts calling other contracts recursively, but that would require miners to forbid contracts that create other contracts (since the creation and execution of all 26 contracts above could easily be rolled into a single contract). Another problematic point is that the address field of a message is a variable, so in general it may not even be possible to tell which other contracts a given  contract will call ahead of time. Hence, all in all, we have a surprising conclusion: Turing-completeness is surprisingly easy to manage, and the lack of Turing- completeness is equally surprisingly difficult to manage unless the exact same controls are in place - but in that case why not just let the protocol be Turing- complete?
    今、取引きをA.に送ってください。 それで、51の取引で、我々は250のコンピュータステップを取り上げる契約を持っています。 鉱夫が、それがとることができるコンピュータステップの最大番号を指定しているそれぞれの契約書と並んで値を維持して、そして回帰的に他の契約を呼んでいる契約のためにこれを計算することによって、事前にこのようなロジック爆弾を発見しようとすることが可能でしょうが、しかしそれは鉱夫に、(上記のすべての26の契約の生成と実行が容易に一つの契約に合体することができるでしょうから)、他の契約を作る契約を禁じるように要求するでしょう。 もう1つの問題のポイントはメッセージのアドレスフィールドが変数であるということで、それで一般に所定の契約が事前にどの他の契約を呼ぶであろうか言うことは可能でありさえしないかもしれません。 それ故、全般的に見て、我々は驚くべき結論を持っています: チューリング - 完全性が驚くほど処理することが容易である、そしてチューリング - 完全性の欠如は正確に同じコントロールが実施されていないなら管理することが等しく驚くほど難しい − しかしその場合でプロトコールをチューリング - 完全であるようにしていいはずです。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:57| 千葉 ☀| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(55)


As described in the state transition section, our solution works by requiring a transaction to set a maximum number of computational steps that it is allowed to take, and if execution takes longer computation is reverted but fees are still paid. Messages work in the same way. To show the motivation behind our solution, consider the following examples: 
状態遷移セグメントで記述されるように、我々の解決は、取引きがとることを可能にされるコンピュータ処置の最大番号を設定することを要求することによって、働き、そしてもし実行がもっと長期の計算が逆戻りするが、しかし料金がまだ支払われるなら、うまくいきます。 メッセージが同じように機能します。 我々の解決の背後の動機づけを見せるために、次の例を考慮してください: 


  • An attacker creates a contract which runs an infinite loop, and then sends a transaction activating that loop to the miner. The miner will process the transaction, running the infinite loop, and wait for it to run out of gas. Even though the execution runs out of gas and stops halfway through, the transaction is still valid and the miner still claims the fee from the attacker for each computational step. 
    攻撃者は無限ループを走らせる契約を作って、そして次に鉱夫にそのループを活性化して取引きを送ります。 鉱夫は、その取引きを処理して、無限ループを走らせてそしてそれがガスを使い果たすのを待つでしょう。その 実行がガスを使い果たして、そして途中で終止するけれども、その取引きはまだ有効で、そして鉱夫はそれぞれの電算ステップのために攻撃者からの費用をまだ要求します。 

  • An attacker creates a very long infinite loop with the intent of forcing the miner to keep computing for such a long time that by the time computation finishes a few more blocks will have come out and it will not be possible for the miner to include the transaction to claim the fee. However, the attacker will be required to submit a value for STARTGAS limiting the number of computational steps that execution can take, so the miner will know ahead of time that the computation will take an excessively large number of steps. 
    攻撃者はこのような長い時間、鉱夫に電算し続けることを強いる意図で非常に長期の無限ループを作るので、計算が終わるときまでに、もう少し多くのブロックが出てきてしまっているであろうし、鉱夫が費用を要求するためにその取引きを含めることはできないでしょう。 しかしながら、攻撃者はその実行がとりうる電算ステップ数を制限している STARTGAS の値を提出するように要求されるでしょう、それで鉱夫は計算が過度に大きいステップ数をとるであろうことを事前に知るでしょう。 

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 08:54| 千葉 ☀| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(54)


There is another factor disincentivizing large block sizes in Bitcoin: blocks that are large will take longer to propagate, and thus have a higher probability of becoming stales. In Ethereum, highly gas-consuming blocks can also take longer to propagate both because they are physically larger and because they take longer to process the transaction state transitions to validate. This delay disincentive is a significant consideration in Bitcoin, but less so in Ethereum because of the GHOST protocol; hence, relying on regulated block limits provides a more stable baseline. 
ビットコインの大きいブロック規模に 動機付けにならない因数があります。:大きいブロックが伝搬するのにもっと長い時間を要して、そしてそれで古くなるより高い確率を持つでしょう。 イーサリアムで、大いにガスを消費するブロックが伝搬するために同じくもっと長くかかる可能性があります。なぜなら、それらが物理的により大きく、そしてそれらが検証すべき取引き状態遷移を処理するためにもっと長くかかるからです。 この遅延で動機付けにならないものはビットコインで 重要な配慮です が、GHOST プロトコールのためにイーサリアムで、それほどではありません。;それ故、規律正しいブロック限界に頼ることはいっそう安定したベースラインを提供します。 

Computation And Turing-Completeness 
電算とチューリング - 完全性 

An important note is that the Ethereum virtual machine is Turing-complete; this means that EVM code can encode any computation that can be conceivably carried out, including infinite loops. EVM code allows looping in two ways. First, there is a  JUMP   instruction that allows the program to jump back to a previous spot in the code, and a  JUMPI   instruction to do conditional jumping, allowing for statements like  while  x  <  27:  x  =  x  *  2  . Second, contracts can call other contracts, potentially allowing for looping through recursion. This naturally leads to a problem: can malicious users essentially shut miners and full nodes down by forcing them to enter into an infinite loop? The issue arises because of a problem in computer science known as the halting problem: there is no way to tell, in the general case, whether or not a given program will ever halt. 
ある重要な注釈は、 イーサリアム仮想マシンがチューリング - 完全であるということです;これは、EVMコードが、無限ループを含めて、考えられるところでは行なわれ得るどんな計算でもコード化することができることを意味します。 EVMコードが2つの方法でループを可能にします。 第1にに、プログラムがコードの前のスポットに戻るジャンプを可能にするJUMP命令と x  <  27:  x  =  x  *  2  のような命令文考慮に入れて条件付きのジャンプをするべき JUMPI 命令があります。 第2に、契約が、潜在的に反復によりループすることを考慮に入れて、他の契約を呼ぶことができます。 これは当然問題に導かれます:悪意があるユーザーが、それらに無限ループに入ることを強いることによって、本質的に鉱夫とノード全体をシャットダウンすることができますか? 問題は停止問題として知られているコンピュータサイエンスの問題のために生じます:一般的なケースで、所定のプログラムがいつか止まるであろうかどうか分かる方法がありません。 

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:37| 千葉 ☀| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(53)


NC is the cost to the entire network together of processing an operation. Hence, miners have the incentive to include only those transactions for which the total utilitarian benefit exceeds the cost. 
NCは一緒に運用を処理する回線網全体へのコストです。 それ故、鉱夫が全体の実利主義の恩恵がそのコストを超えるそれらの取引だけを含むための動機を持ちます。 

However, there are several important deviations from those assumptions in reality: 
しかしながら、現実には、それらの仮定からのいくつかの重要な逸脱があります: 

  1. The miner does pay a higher cost to process the transaction than the other verifying nodes, since the extra verification time delays block propagation and thus increases the chance the block will become a stale. 
    鉱夫は他のノード検証より取引きを処理するために、より高いコストを支払います。何故なら、付加の検証時間がブロック伝播を遅らせ、そしてそれでブロックが古くなる可能性を増やします。. 

  1. There do exist non-mining full nodes. 
    非採鉱全体のノードが存在します。 

  1. The mining power distribution may end up radically in egalitarian in practice. 
    採鉱電力配分は実際は根本的に平等性に欠けるかもしれません。 

  1. Speculators, political enemies and crazies whose utility function includes causing harm to the network do exist, and they can cleverly set up contracts where their cost is much lower than the cost paid by other verifying nodes. 
    その効用関数が回線網に危害をもたらす原因を含む投機家、政敵と狂人がまさに存在し、そして彼らは巧みに彼らのコストが他の検証ノードによって支払われるコストよりずっと低い契約を準備することができます。 

Point 1 above provides a tendency for the miner to include fewer transactions, and (2) increases  NC  ; hence, these two effects at least partially cancel each other  out. Points (3) and (4) are the major issue; to solve them we simply institute a floating cap: no block can have more operations than  BLK_LIMIT_FACTOR   times the long-term exponential moving average. Specifically: 
上記ポイント1は鉱夫がより少ない取引を含む傾向を提供し、そして(2)はNCを増やします;それ故、これらの2つの効果は 少なくとも部分的にお互いを打ち消しあいます。ポイント(3)と(4)は、重要課題です;それらを解決するために、我々は単純に変動上限を制定します:ブロックは長期の指数の移動平均の時間 BLK_LIMIT_FACTOR より多くの運用を持つことはできません。 特に: 

blk.oplimit  =  floor((blk.parent.oplimit  *  (EMAFACTOR  -  1)  +  floor (parent.opcount  *  BLK_LIMIT_FACTOR))  /  EMA_FACTOR) 

BLK_LIMIT_FACTOR   and  EMA_FACTOR   are constants that will be set to 65536 and for the time being, but will likely be changed after further analysis. 
BLK_LIMIT_FACTOR そして EMA_FACTOR は今のところまた将来も65536にセットされるであろう定数ですが、さらなる分析の後におそらく変えられるでしょう。 

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 07:52| 千葉 ☔| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(52)



However, as it turns out this flaw in the market-based mechanism, when given a particular inaccurate simplifying assumption, magically cancels itself out. The argument is as follows. Suppose that: 
しかしながら、結果としてそうなるのですが市場取引のメカニズムでのこの欠陥は、単純化して不正確な仮定を与えられるとき、魔法のようにそれ自身を取り消しします。 議論は次の通りです。 下記を想定: 


  1. A transaction leads to k operations, offering the reward kR to any miner that includes it where R is set by the sender and k and R are (roughly) visible to the miner beforehand. 
    取引きは、kオペレーションに導き、Rが送信者によって設定され、kとRが鉱夫にあらかじめ(大雑把に)可視であるところで、それを含むどんな鉱夫にでも報酬 kR を提供します。 

  2. An operation has a processing cost of C to any node (ie. all nodes have equal efficiency) 
    あるオペレーションは、どんなノードにも(例えば、すべてのノードは等しい効率を持つが)Cの処理コストを持っています 
    There are N mining nodes, each with exactly equal processing power (ie. 1/N   of total) それぞれ正確に等しい処理パワーで、N採鉱ノードがあります(例えば、合計の1/ N) 

  3. No non-mining full nodes exist. 
    非採鉱のいっぱいのノードは、存在しません。 

A miner would be willing to process a transaction if the expected reward is greater than the cost. Thus, the expected reward is  kR/N   since the miner has a 1/N   chance of processing the next block, and the processing cost for the miner is simply  kC  . Hence, miners will include transactions where  kR/N  >  kC  , or  R  > NC . Note that R is the per-operation fee provided by the sender, and is thus a lower bound on the benefit that the sender derives from the transaction, and 
もし予想される報酬がコストより大きいなら、鉱夫が取引きを処理することをいとわないでしょう。 それで、鉱夫が次のブロックを処理する1 / Nのチャンスを持っていますから予想される報酬は kR / Nです。そして鉱夫のための処理コストがただkcです。それ故、 kR / N > kC 、あるいはR > NCである場合は、鉱夫が取引を含むでしょう。 Rは送信者によって運用ごとに供給される 費用であることを指摘して、そしてそれで、送信者が取引きから得る給付金に関して、下限であることに注意してください。 

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 17:16| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(50)


As described by Sompolinsky and Zohar, GHOST solves the first issue of network security loss by including stale blocks in the calculation of which chain is the "longest"; that is to say, not just the parent and further ancestors of a block, but also the stale descendants of the block's ancestor (in Ethereum jargon, "uncles") are added to the calculation of which block has the largest total proof of work backing it. To solve the second issue of centralization bias, we go beyond the protocol described by Sompolinsky and Zohar, and also provide block rewards to stales: a stale block receives 87.5% of its base reward, and the nephew that includes the stale block receives the remaining 12.5%. Transaction fees, however, are not awarded to uncles. 
ソンポリンスキーとゾーハによって記述されるように、 GHOST は、その計算で連鎖が「最も長い」古いブロックを含むことによって、ネットワーク・セキュリティ伝送損失の第1の問題を解決します; すなわち、あるブロックの親とそれ以上の先祖だけではなくブロックの先祖の古い子孫(イーサリアム専門語、「叔父」で)もブロックがそれを支持している最大の全体の仕事の証明を持つ計算に加えられています。 中央集権化抜け道の第2の問題を解決するために、我々は ソンポリンスキーとゾーハによって記述されたプロトコールを越えて、そして同じくブロック報酬を提供します。: 古いブロックがそのベース報酬の87.5%を受け取ります、そして古いブロックを含む甥は残っている12.5%を受け取ります。 しかしながら、取引き料は、叔父には与えられません。 

Ethereum implements a simplified version of GHOST which only goes down seven levels. Specifically, it is defined as follows: 
イーサリアムはただ7つのレベルに下がる GHOST の単純化されたバージョンを実装します。 特に、それは次のように定義されます。: 

  • A block must specify a parent, and it must specify 0 or more uncles 
    ブロックが親を指定すること、そしてそれは0以上の叔父を指定すること。 

  • An uncle included in block B must have the following properties: 
    ブロックBに含まれている叔父は、次の特性を持っていなくてはなりません: 

  • It must be a direct child of the k -th generation ancestor of B , where 
    それはBのk番目のの世代先祖の直接の子供であること 

    2 <= k <= 7 . 

  • It cannot be an ancestor of B 
    それはBの先祖であるはずがありません 

  • An uncle must be a valid block header, but does not need to be a previously verified or even valid block 
    叔父は、有効なブロックヘッダでなければならないが、しかし前に検証されたか、あるいはさらに妥当なブロックである必要がありません 

  • An uncle must be different from all uncles included in previous blocks and all other uncles included in the same block (non-double-inclusion) 
    叔父が前のブロックに含まれているすべての叔父と同じブロック(非ダブル - 混在)に含まれている他のすべての叔父と異なっていること。 

  • For every uncle U in block B  , the miner of  B  gets an additional 3.125% added to its coinbase reward and the miner of U gets 93.75% of a standard coinbase reward. 
    ブロックBのすべての叔父Uのために、Bの鉱夫はさらに 3.125%がその coinbase 報酬に加えられるようにし、そしてUの鉱夫は標準的な coinbase 報酬の 93.75%を得ます

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:29| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(49)


Miscellanea And Concerns
その他関連

Modified GHOST Implementation
修正GHOST実装

The "Greedy Heaviest Observed Subtree" (GHOST) protocol is an innovation first introduced by Yonatan Sompolinsky and Aviv Zohar in December 2013. The motivation behind GHOST is that blockchains with fast confirmation times currently suffer from reduced security due to a high stale rate - because blocks    take a certain time to  propagate through the network, if miner A mines a block    and then miner B happens to mine another block before miner A's block   propagates to B, miner B's block will end up wasted and will not contribute to network security. Furthermore, there is a centralization issue: if miner A is a   mining pool with 30% hashpower and B has 10% hashpower, A will have a risk of producing a stale block 70% of the time (since the other 30% of the time A produced the last block and so will get mining data immediately) whereas B will have a risk of producing a stale block 90% of the time. Thus, if the block interval    is short enough for the stale rate to be  high,  A  will  be  substantially  more efficient simply by virtue of its size. With these  two  effects  combined, blockchains which produce blocks quickly are very likely to lead to one mining  pool having a large enough percentage of the  network  hashpower  to  have  de facto control over the mining process.
「貪欲な最も重い観測サブツリー」(GHOST)プロトコルは2013年12月に最初に ヨナタンソンポリンスキー と アビゾーハによって導入された革新です。GHOSTの後ろの動機づけは高い古臭さのために ブロックチェーンが速い確認タイムで現在した防御性の減少を被るということです − ブロックは、回線網を通して普及させるのにある時間を要するから、もし鉱夫Aがブロックを採掘し、そして次に鉱夫Bがたまたま、鉱夫Aのブロックの前に、別のブロックを採掘するなら、Bに普及し、鉱夫Bのブロックは無駄になるでしょう、そしてネットワーク・セキュリティに貢献しないでしょう。 さらに、中央集権化問題があります: もし鉱夫Aが30%の ハッシュパワーを持つ採鉱プールであり、そしてBが10%の ハッシュパワーを持っているなら、Bが90%その時の古臭いブロックを生産する危険があるであろうのに対して、Aは、70%その時の古臭いブロックを生産する危険があるでしょう。(Aが最後のものを生産したタイムの他の30%がブロックして、そしてそれですぐに採鉱データを得るでしょうから)、それで、もしブロック間隔が古臭い割合が高いのに十分短いなら、Aはただその大きさ規模によって十分にいっそう効率的でしょう。 合わせたこれらの2つの効果で、速くブロックを生産する ブロックチェ^ンは採鉱プロセスについてのデファクトの制御を持つのに十分大きい回線網 ハッシュパワーの割合を持っている1つの採鉱プールに導く可能性が非常に高いです。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:10| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(47)


4.    Smart multisignature escrow. Bitcoin allows multisignature transaction contracts where, for example, three out of a given five keys can spend the funds. Ethereum allows for more granularity; for example, four out of five can spend everything, three out of five can spend up to 10% per day, and two out of five can spend up to 0.5% per day. Additionally, Ethereum multisig is asynchronous - two parties can register their signatures on the blockchain at different times and the last signature will automatically send the transaction.
スマートな多署名エスクロー。 ビットコインは、例えば、所定の5のうち3つのキーが資金を使うことができるところで多署名の取引き契約を可能にします。 イーサリアムはもっと多くの粒度を考慮に入れます;例えば、5のうち4がすべてを使うことができ、5のうち3が1日に最高10%を使うことができ、そして5のうち2が1日に最高0.5%を使うことができます。 さらに、 イーサリアム多署名は非同時性です − 2つの関係者が異なった時にブロックチェーン上に彼らの署名を登録することができ、そして最後の署名が自動的に取引きを送るでしょう。

5.    Cloud computing. The EVM technology can also be used to create a verifiable computing environment, allowing users to ask others to carry out computations and then optionally ask for proofs that computations at certain randomly selected checkpoints were done correctly. This allows for the creation of a cloud computing market where any user can participate with their desktop, laptop or specialized server, and spot-checking together with security deposits can be used to ensure that the system is trustworthy (ie. nodes cannot profitably cheat). Although such a system may not be suitable for all tasks; tasks that require a high level of inter-process communication, for example, cannot easily be done on a large cloud of nodes. Other tasks, however, are much easier to parallelize; projects like SETI@home, folding@home and genetic algorithms can easily be implemented on top of such a platform.
クラウドコンピューティング。 EVM技術は同じく、ユーザーが他の人たちに電算を実行して、そして次にオプションとしてある特定のランダムに選択されたチェックポイントにおいての電算が正確にされたという証明を求めるように頼むことを可能にして、証明可能な電算環境を作るために使うことができます。 これはどんな利用者でも彼らのデスクトップ、ラップトップあるいは専門的なサーバーで参加することができるクラウドコンピューティングマーケットの作成を可能にし、そして保証金と共に抽出検査することはシステムが信頼可能である(例えば、ノードは有利に不正行為をすることができない)ことを保証するために使うことができます。 このようなシステムがすべてのタスクに適していないかもしれないけれども;高いレベルの例えば、プロセス間通信を必要とするタスクは、容易にノードの大きいクラウド上で行うことができません。 他の仕事は、しかしながら、麻痺することは、ずっとより容易です;SETI@home 、 folding@home のようなプロジェクトや遺伝的アルゴリズムが容易にこのようなプラットホームの上に実装することができます。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:15| 千葉 🌁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20190910

今日の先端技術情報20190910

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

AI

安心・快適な移動を。バス運行を変えるAIが世界各地で登場

Forbes JAPAN

おそらく、世界の人々が共通した悩みを抱えているはずである。そんななか、人工知能(AIを使ってユーザーのバス移動を効率化しようという動きが始まっている。


AI活用を成功に導く方法をサービス商品化した米AIベンチャーの狙い

ZDNet Japan

機械学習の自動化プラットフォームを展開する米DataRobotの日本法人が8月、人工知能(AIの活用を成功に導く方法を体系化し、サービスとして提供を開始した ...

IOT

今後2年以内に94%の企業でIoT導入が進む、マイクロソフトが予測

@IT MONOist

マイクロソフトは2019年7月31日、同社が実施したIoTモノのインターネット)普及に関する調査結果を発表した。同調査によると、世界の大企業の80%以上がIoT ...


豚の健康状態をIoTで遠隔監視!?効率的な飼育が可能に

ニュースイッチ Newswitch

【横浜】NTT東日本は神奈川県養豚協会(海老名市)、神奈川県畜産技術センター(同)と連携し、IoTモノのインターネット)を活用して豚舎の飼育環境を遠隔監視 ...


ブロックチェーン

BTCNEXTが提供するトークン交換サービスとは?

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

NOAHプロジェクトチームは、現実世界での問題を解決するためにブロックチェーンテクノロジーの革新的な機能を活用することにより、常に新しい境地を開く努力を ...


決済ソリューションで発展途上国にビジネスの機会を ー Shake Hands Contract が目指すエスクロー ...

ベンチャータイムス

フィンテックやブロックチェーンが注目され、金融のパラダイムシフトが起きると言われる昨今、多くのスタートアップ企業がこれらの技術を用いた新たなサービスを ...

=====================================================================

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================


posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:06| 千葉 🌁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする