2018年11月28日

賭け金の証明とは何か?(7)

賭け金の証明とは何か?(7)

テーマ:

Coin Age based selection
コイン時代ベースの選択

The coin age based system selects the next forger based on the ‘coin age’ of the stake the potential forger has put up. Coin age is calculated by multiplying the number of days the cryptocurrency coins have been held as stake by the number of coins that are being staked. Coins must have been held for a minimum of 30 days before they can compete for a block. Users who have staked older and larger sets of coins have a greater chance of being assigned to forge the next block. Once a user has forged a block, their coin age is reset to zero and then they must wait at least 30 days again before they can sign another block. The user is assigned to forge the next block within a maximum period of 90 days, this prevents users with very old and large stakes from dominating the blockchain thereby making the network more secure. Because a forger’s chance of success goes up the longer they fail to create a block, forgers can expect to create blocks more regularly. This mechanism promotes a healthy, decentralized forging community. Peercoin is a proof-of-stake system based cryptocurrency which uses the coin age selection process combined with the randomized selection method. Peercoin’s developers claim that this makes a malicious attack on the network more difficult, since purchasing more than half of the coins is likely costlier than acquiring 51% of proof-of-work hashing power.
コイン年齢ベースのシステムは次の鋳造者を、可能性がある鋳造者が掲示した掛け金の「コイン年齢」に基づいて選びます。 コイン年齢が、暗号通貨コインが賭け金として保持された日数に賭けられているコインの数を掛けることによって、計算されます。コインは、 彼らがブロックを求めて競争することができる前に最低30日間は、保持されなければなりません。 コインのもっと古い、そしてより大きいセットを賭けたユーザーが次のブロックを作り出すことを割り当てられるより大きいチャンスを持っています。 いったん利用者がブロックを作り出すと、彼らのコイン年齢は零になりま、そして次に、彼らがもう1つのブロックに署名することができる前に、彼らは再び少なくとも30日待たなくてはなりません。 利用者は最大90日の期間内に次のブロックを作り出すことを割り当てられ、これはネットワークをいっそう安全にして非常に古い、大きい掛け金を持っているユーザーがブロックチェーンを独占するのを阻止します。 彼らが長くブロックを作り損ねると、それだけ鋳造者の成功のチャンスが上がるから、鋳造者がいっそう規則的にブロックを作ることを期待することができます。 このメカニズムは健全な、分散鋳造共同体を促進します。 Peercoin は無作為抽出選択方式と組み合わせられるコイン年齢選択プロセスを使う「掛け金の証明」システムベースの暗号通貨です。 Peercoin のデベロッパーは、コインの半分以上を購入することは「仕事の証明」ハッシュ力の51%を獲得するより多分高価ですから、これがネットワークに関する悪意がある攻撃をいっそう困難にすると主張します。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 06:25| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

賭け金の証明とは何か?(5)

賭け金の証明とは何か?(5)

テーマ:

In order to validate transactions and create blocks, a forger must first put their own coins at ‘stake’. Think of this as their holdings being held in an escrow account: if they validate a fraudulent transaction, they lose their holdings, as well as their rights to participate as a forger in the future. Once the forger puts their stake up, they can partake in the forging process, and because they have staked their own money, they are in theory now incentivized to validate the right transactions.
取引を有効にして、そしてブロックを作るために、鋳造者は最初に彼ら自身のコインを「掛け金」で置かなくてはなりません。 これを彼らのエスクロウ勘定に保持されている持株であると考えてください:もし彼らが詐欺の取引を実証するなら、彼らは将来鋳造者として彼らの出場権と同様、彼らの持株を失います。 鋳造者が彼らの持ち分を掲示した途端に、彼らはプロセスを作り出すことに加わることができ、そして彼らが彼ら自身の金を賭けているから、彼らは正しい取引を有効にするために理論上、今ややる気を起こさせられます。

This system does not provide a way to handle the initial distribution of coins at the founding phase of the cryptocurrency, so cryptocurrencies which use this system either begin with an ICO and sell their pre-mined coins, or begin with the proof of work system, and switch over to the proof of stake system later.

このシステムは暗号通貨の創立段階においてコインの最初の分散を処理する方法を提供しません、それでこのシステムを使う暗号通貨は、ICOで始まって、彼らの事前採鉱されたコインを売るか、あるいは仕事の証明システムから始めて、そして後に掛け金証明システムに切り替わります。

Cyptocurrencies that currently run the proof of stake system are BlackCoin, Lisk, Nxt and Peercoin, among others.

暗号通貨は、現在掛け金証明システムは、 BlackCoin 、 Lisk 、 Nxt と Peercoinその他です。


Proof of work mining versus proof of stake forging.
仕事の証明採掘に対する掛け金証明の鋳造。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:38| 千葉 | Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

賭け金の証明とは何か?(4)

賭け金の証明とは何か?(4)

テーマ:

Proof of Stake
賭け金の証明

Unlike the proof of work system, in which the user validates transactions and creates new blocks by performing a certain amount of computational work, a proof of stake system requires the user to show ownership of a certain number of cryptocurrency units.利用者が取引の妥当性を検査して、ある量の電算の仕事を行なうことによって、新しいブロックを作成する仕事の証明システムと異なり、掛け金証明システムはある特定数の暗号通貨単位の所有権を利用者に示すように要求します。

The creator of a new block is chosen in a pseudo-random way, depending on the user’s wealth, also defined as ‘stake’. In the proof of stake system, blocks are said to be ‘forged’ or ‘minted’, not mined. Users who validate transactions and create new blocks in this system are referred to as forgers.
新しいブロックの創造者は、擬似ランダム方法で選ばれて、利用者の富に依存して、同じく「賭け金」と定義されます。 掛け金証明システムでは、ブロックが「偽造される」あるいは「鋳造される」と言われ、採鉱されません。 取引を有効にして、このシステムで新しいブロックを作るユーザーは、偽造者であると呼びます。

In most proof of stake cases, digital currency units are created at the launch of the currency and their number is fixed. Therefore, rather than using cryptocurrency units as reward, the forgers receive transaction fees as rewards. In a few cases, new currency units can be created by inflating the coin supply, and forgers can be rewarded with new currency units created as rewards, rather than transaction fees.
たいていの掛け金証明事例で、デジタルの通貨単位は、通貨の立ち上げで作られ、そしてその単位の数は固定です。 そのために、暗号通貨単位を報酬として使用するよりむしろ、偽造者は報酬として取引手数料を受け取ります。 2−3の事例では、新通貨ユニットが、コイン供給を膨らませることによって、作られる可能性があり、そして偽造者が、取引手数料よりむしろ、報酬として創られた新通貨ユニットをもって報酬を与えられる可能性があります。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:17| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

先端技術今日の話題20181124

先端技術今日の話題20181124

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ブロックチェーン

ブロックチェーンは2025年までに世界的にサプライチェーンを支える技術に--Capgemini

ZDNet Japan

技術コンサルティング企業Capgeminiが新しく発表したレポートによれば、ブロックチェーンは2025年頃までに、世界的にサプライチェーンを加速する技術になる ...


Alibaba Cloud(阿里雲)、国際市場にブロックチェーンプラットフォームを投入へ−−東南アジアと欧米 ...

THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

企業は BaaS プラットフォームを使って、ブロックチェーン環境を構築したり、その開発、ディプロイ、運用、セキュリティを管理している。Alibaba の BaaS ...


ビッグデータ

アリババが英国にデータセンター開設、欧州でクラウド強化へ--その意義

ZDNet Japan

同社は2016年にも、フランクフルトとドバイにデータセンターを開設している。 ... アプリケーションサービス、ビッグデータアナリティクスなどのサービスを提供する ...


倉敷中央病院とGEヘルスケア・ジャパン,ブリリアント・ホスピタル構想の具現化に向けた包括契約の締結 ...

インナビネット

... データや臨床データなどをネットワークで接続し,収集したビッグデータを病院運営に活用していく,そんな未来型の病院が「ブリリアント・ホスピタル」である。

AI

ファッション企業のAI活用を一気通貫で支援するLiaroが6000万円を調達

TechCrunch Japan

アパレル業界向けにAIソリューションを提供するLiaro(リアロ)。同社は11月2日、ディープコアとDEEP30(東​京大学松尾豊研究室からスピンアウトして設立され ...


AI時代に生き残るための「たった一つの方法」

東洋経済オンライン

多くの専門家がAIの時代に重要な能力として挙げるのは、「人間的資質」や「企画発想力(創造力)」「コミュニケーション能力」などです。人間は「AIが得意なこと」を ...

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:32| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賭け金の証明とは何か?(3)

賭け金の証明とは何か?(3)

テーマ:

As more computing power is added to the network and more coins are mined, the average number of calculations required to create a new block increases, thereby increasing the difficulty level for the miner to win a reward. In proof of work currencies, miners need to recover hardware and electricity costs. This creates downward pressure on the price of the cryptocurrency from newly generated coins, thus encouraging miners to keep improving the efficiency of their mining rigs and find cheaper sources of electricity.
もっと多くの計算能力がネットワークに加えられ、より多くのコインが採掘されるにつれて、新しいブロックを作ることを必要とされたが、それによって採掘者が報酬を勝ち取るための困難レベルを増します。 仕事の証明の通貨で、採掘者がハードウエアと電気の費用を取り戻す必要があります。 これは、それで採掘者に彼らの採掘用具一式の効率性を改善し続けて、安い電源を見つけるよう奨励して、新たに生み出されたコインから暗号通貨の価格に下落圧力を引き起こします。

Bitcoin is an example of a cryptocurrency that uses the proof of work system.
ビットコインは仕事の証明システムを使う暗号通貨の例です。


Mining rigs in a bitcoin mining facility.
ビットコイン採掘現場機能の中の採掘用具一式

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:26| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

賭け金の証明とは何か?(2)

賭け金の証明とは何か?(2)

テーマ:

Proof of work
仕事の証明

Proof of work is a mining process in which a user installs a powerful computer or mining rig to solve complex mathematical puzzles (known as proof of work problems). Once several calculations are successfully performed for various transactions, the verified transactions are bundled together and stored on a new ‘block’ on a distributed ledger or public blockchain. Mining verifies the legitimacy of a transaction and creates new currency units.
仕事の証明は利用者が(仕事の証明問題として知られている)複雑な数学的な謎を解決するために強力なコンピュータあるいは採掘用具一式をインストールする採掘プロセスです。 いったん、いくつかの計算が成功裏に(そのために)行なわれる種々の取引のために実施されると、実証された取引が、一緒にまとめられて、分散元帳あるいは公共ブロックチェーン上に蓄積されます。 採掘が取引の正当性を実証して、新通貨単位を作ります。

The work must be moderately difficult for the miner to perform, but easy for the network to check. Multiple miners on the network attempt to be the first to find a solution for the mathematical problem concerning the candidate block. The first miner to solve the problem announces their solution simultaneously to the entire network, in turn receiving the newly created cryptocurrency unit provided by the protocol as a reward.
仕事は適度に鉱夫が行なうことが難しいですが、しかしネットワークがチェックすることが容易であるに違いありません。 ネットワーク上の並列の鉱夫は、候補のブロックに関する数学的な問題の解決を見いだすための最初になろうと企てます。 問題を解決する最初の鉱夫は、報酬として今度はプロトコルによって供給される新たに作られた暗号通貨単位を順に受けて、ネットワーク全体に同時に彼らのソリューションを発表します。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:06| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

賭け金の証明とは何か?(1)

賭け金の証明とは何か?(1)

テーマ:

What is Proof of Stake?
賭け金の証明とは何か?


Shaan RayFollow
シャーン・レイをフォローしてください

Blockchain | Artificial Intelligence | Focused on Enhancing Transactions & Increasing Personal Freedoms | Always Learning & Love to Help | Twitter @ShaanRay

ブロックチェーン | 人工知能 | 取引を拡張することや個人の自由の増大に焦点を合わす| 常に学習と助けるべき愛 | ツイッター@ ShaanRay

Oct 6, 2017
2017年10月6日

The proof of stake system is attracting a lot of attention these days, with Ethereum switching over to this system from the proof of work system. Proof of stake is an alternative process for transaction verification on a blockchain. It is increasing in popularity and being adopted by several cryptocurrencies. To understand proof of stake, it is important to have a basic idea of proof of work. As of this writing, the proof of work method is used by Bitcoin, Ethereum and most other major cryptocurrencies.
掛け金証明システムはEthereum が仕事の証明システムからこのシステムに、切り替わるという状態で、このごろ多くの注意を引き付けています。 賭け金の証明はブロックチェーン上の取引検証の代わりのプロセスです。 それは人気で増加して、そしていくつかの暗号通貨によって採用されています。 賭け金の証明を理解するために、仕事の証明の基本的な考えを持つことは重要です。 この執筆の時点で、仕事の証明方式はビットコイン、 イーサリアムとその他のほとんどの主要な暗号通貨によって使われます。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:48| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

貴考えがブロックチェーンを必要とするかの検証方法(8)


6. Do you need public verification?
6.公共の検証を必要としますか?

“Sara wants to bring transparency to Tuna fish supply chain. She wants people to know where the fish was caught, processed, packaged, etc”

「サラはマグロ供給連鎖に透明性もたらすことを望みます。彼女は魚がどこでキャッチされて、処理されて、包装されたか知る人々などを必要とします」

Do you want to make your data be transparent? In that case, you need to use Public Permissioned Blockchain. Here public will be allowed to read the data in your Blockchain. In Sara’s case, the person who buys tuna can be assured it doesn’t have any health risks. If you don’t want your data to be public and it should be only visible to the parties involved then you can use a Private Permissioned Blockchain (Hyperledger).
あなたはあなたのデータを透明であるようにすることを望みますか? そのような場合、あなたは公共の認可された ブロックチェーンを使う必要があります。 ここで大衆があなたのブロックチェーンでデータを読むことを許されるでしょう。 サラのケースでは、ツナを買う人はそれが健康リスクを持っていないことを保証されます。 もしあなたがあなたのデータが公開されることを望まなく、それが関係している関係者だけにみられるようにするなら、あなたは私的な認可されたブロックチェーン(Hyperledger)を使うことができます。

Answering these question will help you identify if your ideas need a Blockchain. Blockchain can be costly if you use it inappropriately. Since Blockchain would be slow in retrieving data when compared to a centralised server. But, if you use it for the appropriate problems it would be rewarding.
これらの質問答えるにことはあなたがあなたの考えがブロックチェーンを必要とするかどうかについて明らかにするのを助けるでしょう。 もしあなたが不適当にそれを使うなら、ブロックチェーンは高価であり得ます。 なぜなら、中央集権サーバーと比較されるとき、 ブロックチェーンはデータを検索するのが遅いからです。 けれども、もしあなたが適切な問題のためにそれを使うなら、報われるでしょう。

We need your claps👏 to reach more people since this is a new publication. Please spread this story with a tweetfacebook share, etc.
これは、新しい出版ですので我々はあなたの賞賛の拍手を必要とします。どうか Tweet、 facebookのシェアなどでこの物語を広めてください。

FollowWe Think Ideasand me (Febin John James) for more stories. We are a group of thinkers who combine ideas from different sciences like Blockchain, AI, IOT, Economics, Psychology, Biology, etc to create new ones. We invite budding thinkers and writers to sharpen their thinking.
さらなる物語はWe Think Ideas and me(フェビン・ジョン・ジェームズ)をフォローして下さい。我々は新しいものを作るため、ブロックチェーン、AI、IoT、経済学、心理学、生物学などのような様々な科学から考えを結合する思索家のグループです。彼らの考えをはっきりさせるため、我々は新進の思索家と著者を招待します。

Do follow us onTwitterandFacebook.
ツイッターとフェースブック上で我々フォローをしてください。

More on the way, hope to see you again 👋

さらに多くは道半ばで、再びあなたに会うことを望みます。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:46| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

貴考えがブロックチェーンを必要とするかの検証方法(7)


5. Do the writers mutually trust each other?
5.著者はお互いに信頼してますか?

“I can’t believe a few drivers on Uber have a rating of 4.5 stars. Am I being manipulated?”

「私はウーバーの上の少数の運転手が4.5の星の格付けを持っていると信じることができません。私は操られているのか?」

Blockchain solves the problem of trust. For eg. In a centralised database, the authority can manipulate data to its viewers. In Uber’s situation, this could be a possibility. Maybe the riders are generous. In a Blockchain, all viewers will see the same data. If the data is contributed by people is within your circle of trust. Then you don’t need a Blockchain. If your writers don’t trust each other, let us ask the next question.
ブロックチェーンは、信頼の問題を解決します。 例えば、中央集権化されたデータベースで、当局はその視聴者にデータを操作することができます。 ウーバーの状況で、これは可能であり得ました。 多分乗り手は寛大です。 ブロックチェーンで、すべての視聴者は同じデータを見るでしょう。 データが人々によって提供され、信頼のあなたのサークルの中にあるなら、 それからあなたはブロックチェーンを必要としません。 もしあなたの著者がお互いに信頼し合わないなら、次の質問をしましょう。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:40| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

貴考えがブロックチェーンを必要とするかの検証方法(5)


4. Are your writers anonymous?
4.あなたの著者は匿名ですか

“Mark wants to build an app where anyone can voice their opinion about political parties. He wants to protect the privacy of its contributors.”

「マークが誰でも政党について彼らの意見を声に出すことができるアプリを作ることを望みます。彼はその貢献者の秘匿権を保護することを望みます。」

We don’t want to reveal our identity when we purchase from a local store. Bitcoin, Ethereum, etc. solve the problem of revealing identity during a financial transaction. If you want to protect the privacy of your writers, use a Permissionless Blockchain like Ethereum. It would make sense in Mark’s situation because he can protect the identity of users (It again depends on the Blockchain, identities of several bitcoin users have been revealed). If people involved are not anonymous, let us ask the next question.
我々が地方の店から購入するとき、我々は我々の身元を明らかにすることを望みません。 ビットコイン、 イーサリアムなどは、金融取引の間に身元示す問題を解決します。 もしあなたがあなたの著者の秘匿権を保護することを望むなら、 イーサリアムのような 認可なしの ブロックチェーンを使ってください。 彼がユーザーの身元(それが再びブロックチェーンに依存し、いくつかのビットコインユーザーの身元が明らかにされていますが)を保護することができるから、それはマークの状況で意味をなすでしょう。 もし関係している人々が匿名ではないなら、次の質問をしましょう。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:50| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

貴考えがブロックチェーンを必要とするかの検証方法(2)


1. Is data storage required?
1.データ蓄積が必要とか?

“John wants to build a speed reading app. Does he need a Blockchain?”
「ジョンは速読アプリを作ることを望みます。彼はブロックチェーンを必要としますか?」

In John’s situation, he is developing a speed reading app, there is no data to be stored. Blockchain is a distributed database and purpose of a database is to store and access data. If you don’t have any data to be stored then no need of Blockchain. If you have data to be stored then let us continue our validation by asking the next question.
ジョンの状況で、彼は速読アプリを開発していますが、蓄積すべきデータがありません。 ブロックチェーンは分散データベースで、そしてデータベースの目的はデータを蓄積して、それにアクセスすることです。 もしあなたが蓄積すべきデータを持っていないなら、ブロックチェーンは必要がありません。 もしあなたが蓄積すべきデータを持っているなら、次の質問をすることによって、我々の妥当性検証を続けましょう。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:01| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

貴考えがブロックチェーンを必要とするかの検証方法(1)


How to Validate If Your Ideas Need a Blockchain
貴考えがブロックチェーンを必要とするかの検証方法

The 6 Questions You Need to Answer
答える必要がある6つの質問

“I am a Blockchain engineer”.
「私はブロックチェーンエンジニアです」

This is a sentence I say when I meet people. I would tell them even if they don’t ask me what I do. I have an urge to occasionally add the word “Blockchain” in my conversations. It’s supposed to make me sound cool. I don’t know if it works but I keep trying. But, that’s not bad when compared to people who use Blockchain for all their problems. Yes, Blockchain does solve some hard problems. That doesn’t mean you can use it for everything. If you do then you will be creating more problems like your solution would be expensive and slow.
これは私が人々に会うとき言う文章です。たとえ彼らが私に私が何をするか尋ねないとしても、私は彼らに話すでしょう。 私は私の会話で時折単語「ブロックチェーン」を加える衝動を持っています。 それは私を冷静に聞こえさせるはずです。 私はそれが機能するかどうか知りません、しかし私は試み続けます。 けれども、彼らのすべての問題のために ブロックチェーンを使う人々と比較されるとき、それは良くなくはありません。 はい、 ブロックチェーンは若干の難しい問題を解決します。 それはあなたがすべてのためにそれを使うことができることを意味しません。 もしあなたがそうするなら、あなたのソリューションが高価で、遅くなるように、あなたはもっと多くの問題を作っているでしょう。


Credits:xkcd
クレジット:xkcd

Thankfully Kurl Wust and Arthur Gervais, researchers from Switzerland have written apaperand explained when to use Blockchain. This story is a derived work. Here are a few questions you need to answer to figure out if your ideas need a Blockchain.The researchers have considered the current limitations of Blockchain (like cost and through output). In the future, Blockchain will be more efficient. These questions have a limited validity.
感謝すべきことに カールウーストやアーサー・ジェルベーのスイスからの研究者は論文を書いており、そしていつブロックチェーンを使うべきか説明しました。この物語は得られた仕事です。 ここにあなたの考えが ブロックチェーンを必要とするかどうか理解するために答える必要がある2-3の質問があります。研究者は(コストや処理能力のような)ブロックチェーンの現在の限界を考察しました。将来、ブロックチェーンはいっそう効率的となるでしょう。これらの質問は限定された妥当性があります。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:51| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

中国とブロックチェーン技術:入門(10)


1. Government: a more nuanced look into government involvement with blockchain technology, distributed ledger technology, and crypto-assets in the years between 2013 and 2018.
政府:2013年と2018年の間の年にブロックチェーン技術、分散台帳技術と暗号-流動資産を持っている政府の関与へのいっそう微妙な差異に富んだ一見。

2. VC / Investment: a discussion of the involvement of both domestic and foreign capital investment in the blockchain industry.
ベンチャーキャピタル / 投資:ブロックチェーン産業における国内そして外国資本投資の関与の議論。

3. Tech Development: the role of Chinese developers in building the blockchain ecosystem and the role of Chinese institutions in preparing developers for a decentralized future.
技術開発:ブロックチェーン生態系を構築することにおいて中国のデベロッパーの役目と分散的な未来のためにデベロッパーを準備させることにおける中国研究所の役目。

4. Mining:a deep dive into China’s controversial history with bitcoin and crypto-asset mining and its future.
採鉱:ビットコインと暗号-流動資産採鉱での中国の論争の的の歴史への深い急落とその未来。

Stay tuned for the next blog posts in this series as we explore China’s relationship with blockchain technology, tease apart misconceptions, and begin to understand the country’s decentralized future.

我々がブロックチェーン技術で中国の関係を探検して、誤解を解明し、国の分散的な未来を理解し始めるから、このシリーズの次のブログ投稿に同調しておいて下さい。


Disclaimer: The views expressed by the author above do not necessarily represent the views of Consensys AG. ConsenSys is a decentralized community withConsenSys Mediabeing a platform for members to freely express their diverse ideas and perspectives. To learn more about ConsenSys and Ethereum,please visit our website.

免責事項:上記の著者によって表明された意見は必ずしも Consensys AGの意見を表しません。 ConsenSys は ConsenSys 媒体を持っている分散した共同体です - メンバーが自由に彼らの多様なアイデアと展望を表明するためプラットフォームです。 ConsenSys と イーサリアムについてさらに多くを学ぶために、どうか我々のウェブサイトを訪れてください。

・ Bitcoin
ビットコイン

Ethereum
イーサリアム

・ Blockchain
ブロックチェーン

・ China
中国

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:51| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

中国とブロックチェーン技術:入門(9)


The message to the rest of the worldmayhave seemed clear − that China was not interested in facilitating the growth of a blockchain market. Yet in May of 2018, just two months after the implementation of the full embargo, a government institute released a comprehensive “rating” of cryptocurrencies, determining “winners” in categories ranging from security to adaptability. Of the top protocols analyzed, the Ethereum blockchain came out on top.
残りの世界へのメッセージは、明確に思われたかかもしれないがーその中国はブロックチェーン市場の成長を助長することに興味を持っていませんでした。 それでも2018年5月に、全面禁止の履行のちょうど2カ月後に、政府の研究所が、セキュリテイから適合性に及ぶカテゴリーで「勝利」を決定して、暗号通貨の包括的な「格付け」を発表しました。分析したトッププロトコルについて、 イーサリアム ブロックチェーンがトップに出て来ました。

A Mixed Message: NextSteps
入り混ざったメッセージ:次の ステップ

Chinese regulators, businesses, startups, and technologists may seem to be sending mixed messages to internal and external investors. Diving into the actions of Chinese governments, investors, and innovators since 2013, however, reveals a drastically different national approach towards blockchain technology. In between the highly-publicized bans, China has been investing an immense amount of time, resource, energy, and technical skill into promoting and developing blockchain technology. This series will explore in more detail a number of areas of the Chinese blockchain industry to piece apart those mixed messages and understand China’s approach to this nascent technology. The series will include future posts about the following topics:

中国規制当局、ビジネス、スタートアップと技術者が内外投資家に入り混ざったメッセージを送っているように思われるかもしれません。 中国政府の行動に飛び込んで、投資家と革新者が2013年から、しかしながら、ブロックチェーン技術に向かって劇的に異なった国家的アプローチを開示します。 大いに公表された禁止の間に、中国は、ブロックチェーン技術を奨励して、開発することに、(今まで)莫大な時間、天然資源、勢力と技能的熟練を投資してきていました。 このシリーズは、もっと多く分野のブロックチェーン産業詳述に探求し、それらのばらばらに混在するメッセージを、つなぎ合わせ、中国のこの発生期の技術へのアプローチを理解するでしょう。 そのシリーズは次のトピックについて未来の投稿を含むでしょう:

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:41| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

中国とブロックチェーン技術:入門(8)


China appeared back on the international news cycle in 2017, when it unilaterally banned ICOs on September 4, 2017. The ban came on the heels of the heavily reported global boom in ICOs, with highly publicizedscams, many of which made the 2013 GBL incident look trivial in comparison. The same month, the government banned all Chinese-based cryptocurrency exchanges, severely impacting the ability of Chinese citizens to convert between crypto and fiat.

中国は、2017年に国際ニュース反復でもとに戻るように見えました。2017年9月4日に中国が一方的に複数のICOを禁止しました。その禁止は複数ICOでひどく報告された世界的なブームに引き続いて来ました。それは、大いに公表されたスキャムを伴い、その多くは2013年の GBLの事件を比較的些細に見せてきました。同じ月に、政府は、すべての中国語ベースの暗号通貨交換を禁止しました。ひどく暗号と認可の間に変換するべき中国市民の能力に影響を与えています。

Despite the bans, companies and crypto-trading survived. Many companies moved their operations outside of China’s borders and continued providing exchange services to mainlanders. Over-the-counter (OTC) trading was still available to the Chinese, but it was slow and ineffective. In February of 2018, the government stepped up its game and banned peer-to-peer and OTC trading. They added offshore crypto exchanges and ICO websites to the national firewall, severing citizens from investing their money even outside the country. In March, social channels on WeChat discussing exchanges and crypto-trading were blocked. As of June 2018, all crypto-to-fiat trading in the country is under full firewall. In the weeks following each announcement, the price of bitcoin suffered, demonstrating China’s continued power over the market valuation.

禁止令にもかかわらず、会社や暗号-取引きが生き残りました。 多くの会社が彼らの事業部門を中国の境界の外に動かして、そして本土人に交換サービスを提供し続けました。 店頭取引はまだ中国人にとって利用可能でしたが、しかしそれは遅くて、効果的ではありませんでした。 2018年2月に、政府はその戦いを激化して、そしてピアツーピアや店頭の取引を禁止しました。 彼らは、彼らの金の安定した国外に投資することから、市民を切断して、国内ファイアウォールに国外での暗号やり取りとICOウェブサイトを加えました。 3月に、両替や暗号-取引きを論じているWeChatのソーシャルチャネルが禁止されました。 2018年6月の時点で、国でのすべての暗号から法令への取引きは、全面的にファイアウォールの下にあります。それぞれの予告に続く数週間のうちに、ビットコイン価格が被害を受け、市場評価の上に中国の継続的な能力を示しています。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:20| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

中国とブロックチェーン技術:入門(7)


2017 and China’s Increase in Regulation
2017と中国の条例の増加

Predictably, bitcoin did not crash. No meltdown occurred, values stayed healthily in the triple digits, and investment continued to grow globally. It was volatile − certainly − but not subject to the catastrophe predicted of it. The Chinese government, however, had enforced one of the first regulatory measures on cryptocurrency from any government in the world. Not only was it early, it also severely impacted the global market. The idea that the Chinese government could influence the global market health with a simple regulation began painting an international image of China as not wanting the cryptocurrency to succeed because of the threat it could pose to incumbent financial institutions. Though China had set the stage for cryptocurrency regulation, it did not shy away from blockchain technology. Chinese officials, businesses, and innovators understood a key idea − that cryptocurrencies need blockchain, but that blockchain doesn’t need cryptocurrencies. Chinese innovators could study and experiment with blockchain technology without having to meddle with the financial uncertainty of cryptocurrencies. And so they did. Between (and beyond) 2013–2017, Chinese government branches, financial institutions, startups, and innovators invested heavily in blockchain technology, building a foundation for a blockchain-empowered future (these milestones will be explored in future posts in this series).

予想された通り、ビットコインがクラッシュしませんでした。 暴落は、起こりませんでした、値が3桁で健康的に留まり、そして投資が世界的規模で成長し続けました。 それは  −確かに−不安定でしたが、しかしその予測された破局には合いませんでした。 中国政府は、しかしながら、(すでに)世界中でどんな政府からでも暗号通貨についての最初の規制措置の1つを実施していました。 単に早かっただけではありません、それは同じくひどく国際マーケットに影響を与えました。 中国政府が単純な法令で国際マーケットの健康に影響を与えた可能性があるという考えは、それが現職の金融機関にもたらされる脅威で、暗号通貨が成功することを望まないとして、中国の国際的なイメージを色塗り始めました。 中国は、(すでに)暗号通貨法令のために舞台を設定していたけれども、それはブロックチェーン技術を怖がって避けませんでした。 中国の当局者、ビジネスと革新者は、暗号通貨がブロックチェーンを必要とするという−重要な考えを理解しましたが、しかし、そのブロックチェーンは暗号通貨を必要としません。 中国の革新者は、暗号通貨の金融の不明確に干渉することを必要としないでブロックチェーン技術を使って研究し、実験することができました。 そしてそれで彼らは実行しました。 2013年 − 2017年中に(そしてその後も)、中国政府部門、金融機関、スタートアップと革新者は、ブロックチェーンが権限を与えられる未来(これらのマイルストーンはこのシリーズの未来の投稿で探究されるでしょう)のために財団を作って、ブロックチェーン技術に大いに投資しました。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:54| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

中国とブロックチェーン技術:入門(6)


There is a good case that the catalyst for strict Chinese regulation stemmed from the November 2013 GBL incident. GBL was a bitcoin trading platform claiming to be based in Hong Kong. The site attracted more than 1,000 Chinese investors after its launch in May 2013. On October 26, GBL vanished. The web address disappeared, the office address proved fake, and the server was found to be based in Beijing. The operators of the fake site had gotten away with $4.1 million worth of users’ funds.

厳しい中国の法令のための触媒が2013年11月の GBL 付帯権利から生じたという良い事例があります。 GBL は香港に本拠地を置くと主張するビットコイン取引きプラットフォームでした。 そのサイトは、2013年5月にその立ち上げ後に1,000人以上の中国の投資家を引き付けました。 10月26日に、 GBL は消滅しました。ウエブアドレスは見えなくなり、事務所の住所は偽物であると分かり、そしてそのサーバーは北京に本拠地を置くことが判明しました。 偽物のサイトの運用業者は(すでに)410万ドルの価値に相当するユーザーの資金を持ち逃げしていました。

The incident in Hong Kong (or Beijing) may have been enough to kick Chinese regulators into action in order to protect citizens from future scams in a still-unregulated market. On December 5, 2013, the People’s Bank of China (PBoC) issued a release stating that bitcoin was not a true currency. The statement warned financial institutions to stay away from the cryptocurrency and banned them from accepting bitcoin as payment. On December 16th, the PBoC officially banned third party payment companies from dealing with bitcoin exchanges. From a high of $1,200 in the beginning of December, bitcoin fell to below $600, validating the assumption that the Chinese crypto market heavily influenced the global market. News outlets heralded the “meltdown” of bitcoin,promising sub-$10 valuationsand admonishing investors to cut their losses.

香港(あるいは北京)での事件はまだ規制されていない販路で市民を未来の詐欺から守るために中国規制当局にその実行を始動させるのに十分であったかもしれません。 2013年12月5日に、中国人民銀行(PBoC)はそのビットコインが本当の貨幣ではなかったと述べている発表を行いました。その声明は金融機関に暗号通貨を避けるよう警告して、そして彼らがビットコインを報酬として受け入れることを禁止しました。 12月16日に、 PBoC は公式にサードパーティー支払い会社がビットコイン取引所と取り引きすることを禁止しました。中国の暗号通貨市場がひどく国際マーケットに影響を与えるとの仮定を正当であると確認して、ビットコインは、12月の初めに 1,200ドルであった高値から、600ドル以下に下落しました。 報道機関は、ビットコインの、「暴落」 、10ドル未満の評価見込みや投資家に損切するように警告することを予告しました。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:25| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

中国とブロックチェーン技術:入門(4)


Understanding that China’s restrictions on certain aspects of blockchain technology are not unique to the country, how do we explain the prevalent international prejudice of China as a country not friendly towards blockchain development? And how do we tease apart the common day assumptions to reveal China’s true approach towards blockchain technology? The answer might lie in the history:

ブロックチェーン技術の特定の局面上の中国の制限が国に特有ではないことを理解すると、ブロックチェーン開発に向かって友好的でない国として蔓延る国際的な中国についての予断を我々はどのように説明しますか? そして我々はどのようにブロックチェーン技術に向かう中国の本当の接近を開示するための共通の日の仮定を解明しますか? 返答は次の歴史に存在するかもしれません:

Timeline from CoinTelegraph
コインテレグラフ からの予定表

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:42| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

中国とブロックチェーン技術:入門(3)


Though China certainly has enacted restrictions, bans, and regulations on crypto-assets than other countries, it is far from the only country to have taken significant steps towards controlling the hype around the blockchain industry. South Korea banned all ICOs in September 2017, only a few weeks after China’s own ban. The US struggles with state-by-state regulation, some of which is quite strict, while the Federal government requires ICOs to be registered and licensed against current regulation, as if they were not ICOs. Companies launching ICOs must adhere to strict AML/KYC standards and any public endorsements by celebrities must be accompanied by compensation transparency. Indiarecently cracked downon cryptocurrencies, determining that by July 2018, banks and lenders will be restricted from doing business with companies or citizens trading in crypto-assets.
中国は、確かに他の国々より暗号-流動資産の制限、禁止と規制を制定したけれども、それはブロックチェーン産業の周りに誇大広告をコントロールすることへの重要な処置をとった唯一の国であるというのからは、ほど遠いです。 韓国は、中国自身の禁止のたった数週間後に、2017年9月にすべてのICOを禁止しました。 合衆国は州ごとの法令と戦い、そしてその若干は、非常に厳格です。一方ではそれらがICOではないかのように、連邦政府はICOに登録させて、現在の法令に反してライセンスを与えられるように要求しています。ICOを始動している会社は、厳しい AML / KYC 標準に固執しなくてはなりません、そして名士によるどんな公共の裏書でも補償の透明性が伴われなくてはなりません。 2018年7月までに、会社あるいは市民が暗号-流動資産を取引して、銀行と貸付会社が営業行為することから制約されるであろうと決定して、インドは、暗号通貨について最近断固たる処置を取りました 。

It is easy to quickly dismiss China as an “authoritarian government” opposed to technology that might undermine its influence. International news outlets are far too swift to draw the simplistic assumption that China’s one-party system is antithetical to the democratizing and decentralizing tenets of blockchain technology. In fact, it seems as though quite a bit of international sentiment has been defined by this binary − People’s Republic of China vs. decentralized blockchain. The reality of the government’s attitude towards blockchain technology, however, is far more complex. In between highly-publicized regulations, the country and government have proven immensely committed to driving blockchain innovation forward.
その影響を浸食するかもしれない技術に反対する「独裁政権」として性急に中国を捨て去ることは容易です。 国際ニュース代理店は中国の一党制度がそうである極端に単純化した専有がブロックチェーン技術の主義を民主化して、そして分散させることと対照的になるまで引くためにあまりにも利口です。 実際、相当の国際的な意見がこの バイナリー( 中華人民共和国対分散ブロックチェーン)によって定義されたかのように思われます。 ブロックチェーン技術に向かっての政府の態度の実体は、しかしながら、はるかにいっそう複雑です。 大いに公表された規則の間に、その国と政府は非常に前方へブロックチェーン革新を駆動させることを心掛けていることが分かりました。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:19| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

中国とブロックチェーン技術:入門(2)


International Misconceptions of China + Blockchain
中国+ ブロックチェーンの国際誤解

In recent months, China has developed an international reputation for being opposed to blockchain technology and crypto-assets in government, enterprises, startups, and investment. This reputation stems from the large number of regulatory measures, bans, and restrictions placed on blockchain companies since September of 2017. Many international news outlets have taken these bans at face-value, portraying China as “anti-blockchain”. Articles such as this March 2018Forbes piecelook purely at the price of crypto-assets as an indication of whether or not China is “helping” the industry. If China implements regulation that hurts the price of Bitcoin, the article suggests, it must be an indication that the government does not support the technology. The article describes China’s “negativity” and “reluctance” towards the blockchain ecosystem, describing its future in the industry as “a haze.” Similar articles conflate cryptocurrencies with blockchain, and do not understand that actions against cryptocurrency do not mean actions against blockchain technology.
最近の数か月で、中国は、政府、企業、スタートアップと投資会社でブロックチェーン技術と暗号-流動資産に反対であるとの国際的評判を確立してきています。 この評判は2017年9月以来、多数の規制措置、禁止令とブロックチェーン会社に対して与えられた制限から由来します。 多くの国際ニュース代理店が、中国を「反ブロックチェーン」として描写して、これらの禁止令を額面通りに信用しました。 この2018年3月のフォーブズ断片のような記事は、中国が産業に「手を貸して」いるかどうかの表示として純粋に暗号-流動資産の価格を見ます。 もし中国が Bitcoin の価格にダメージを与える法令を実行するなら、それは政府が技術をサポートしない表示であるに違いないと記事は示唆します。 記事は産業おけるその未来を「靄状態」と記述して、ブロックチェーン生態系に向かって、中国の「否定的態度」と「不本意」を記述します。 類似の記事が暗号通貨をブロックチェーンと混同し、暗号通貨に対しての措置がブロックチェーン技術に対しての措置を意味しないことを理解していません。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:40| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする