2019年02月18日

分散元帳技術対ブロックチェーン(1)


Blockchain vs. Distributed Ledger Technologies
分散元帳技術対ブロックチェーン

Part 1 of a comparative analysis between Ethereum, Hyperledger Fabric and R3 Corda
イーサリアム、ハイパー元帳ファブリックと R3 Corda の間の比較の分析の第1部

ByBrent Xu − Protocol Business Architect at ConsenSys
ブレントスー著 − ConsenSys でのプロトコールビジネスアーキテクト

The Ethereum blockchain maintains both similarities and differences when compared to distributed ledger technologies like Hyperledger Fabric or R3 Corda. In making well founded assessments of blockchain and distributed ledger platforms and the value they bring to enterprise, it’s useful to categorize platforms based on their core functionality and characteristics. As blockchains were derived from tenets of cryptography and data configurations, certain functionality can be replicated in a coordinated database system, while other functionality is only feasible in a true blockchain environment.
ハイパー元帳ファブリックあるいは R3 Cordaのような分散元帳技術と比較されるとき、 イーサリアムブロックチェーンは類似性と相違両方を維持します。 ブロックチェーンと分散元帳プラットホームと彼らが企業にもたらす価値の事実に基づいた査定をすることにおいて、彼らの中核となる相関性と特徴に基づいてプラットホームを分類することは有用です。 ブロックチェーンが暗号文とデータ構成の主義から由来しているから、ある特定の機能が調和したデータベース型システムで複製されることができ、他方、他の機能は本当のブロックチェーン環境で単に実行可能なだけです。

In this article, we’ll assess the foundational business functionalities for the main enterprise facing platforms including Ethereum, Hyperledger Fabric and R3 Corda in terms of where the software acquires its influence and how the system is overall optimized, whether through traditional distributed systems or a contemporary blockchain basis.
この記事で、ソフトウエアがどこでその影響を獲得するか、そしてシステムがどのように、全体的に最適化されるかに関して、伝統的な分散処理システムあるいは現代のブロックチェーン根拠を介しているかにかかわらず、我々は イーサリアム、 ハイパー元帳ファブリックと R3 コルダを含めてプラットホームに対する主な企業に対して基礎的なビジネス機能性を評価するでしょう。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

テーマ:

Blockchain vs. Distributed Ledger Technologies
分散元帳技術対ブロックチェーン

Part 1 of a comparative analysis between Ethereum, Hyperledger Fabric and R3 Corda
イーサリアム、ハイパー元帳ファブリックと R3 Corda の間の比較の分析の第1部

ByBrent Xu − Protocol Business Architect at ConsenSys
ブレントスー著 − ConsenSys でのプロトコールビジネスアーキテクト

The Ethereum blockchain maintains both similarities and differences when compared to distributed ledger technologies like Hyperledger Fabric or R3 Corda. In making well founded assessments of blockchain and distributed ledger platforms and the value they bring to enterprise, it’s useful to categorize platforms based on their core functionality and characteristics. As blockchains were derived from tenets of cryptography and data configurations, certain functionality can be replicated in a coordinated database system, while other functionality is only feasible in a true blockchain environment.
ハイパー元帳ファブリックあるいは R3 Cordaのような分散元帳技術と比較されるとき、 イーサリアムブロックチェーンは類似性と相違両方を維持します。 ブロックチェーンと分散元帳プラットホームと彼らが企業にもたらす価値の事実に基づいた査定をすることにおいて、彼らの中核となる相関性と特徴に基づいてプラットホームを分類することは有用です。 ブロックチェーンが暗号文とデータ構成の主義から由来しているから、ある特定の機能が調和したデータベース型システムで複製されることができ、他方、他の機能は本当のブロックチェーン環境で単に実行可能なだけです。

In this article, we’ll assess the foundational business functionalities for the main enterprise facing platforms including Ethereum, Hyperledger Fabric and R3 Corda in terms of where the software acquires its influence and how the system is overall optimized, whether through traditional distributed systems or a contemporary blockchain basis.
この記事で、ソフトウエアがどこでその影響を獲得するか、そしてシステムがどのように、全体的に最適化されるかに関して、伝統的な分散処理システムあるいは現代のブロックチェーン根拠を介しているかにかかわらず、我々は イーサリアム、 ハイパー元帳ファブリックと R3 コルダを含めてプラットホームに対する主な企業に対して基礎的なビジネス機能性を評価するでしょう。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:26| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

2018年のための道路の終わり(9)


During the year, partly as a result of doing so much travelling and meeting people, I came to realize that my own offering had to change somewhat. My team and I have been geared to the corporate, ‘One stop shop’ approach, where large ICOs can find everything they need in the way of marketing strategies and delivery, all under one roof. This works well for the more well set up enterprises, but it has become increasingly clear that not everyone wants, or can afford, to be supported every step of the way. We have therefore done work to develop a more ‘pick and mix’ approach, allowing SMEs to find the right level of services at any given time. It could well be that during the life of the enterprise they will in fact use all of the steps that we offer, but not necessarily all at once. I’m excited by this new approach, and the possibilities of encouraging smaller startups which have great offerings, and which deserve support.
その1 年間、部分的にそんなにたくさんの旅行と人々との出会いの結果として、自分自身の提供がやや変更しなければならなかったことを認識することになりました。私のチームと私は、企業を対象としている「ワンストップ ショップ」アプローチは、大規模なICOは、マーケティング戦略と配信の方法でひとつ屋根の下ですべてが必要とするすべてを見つけることができます。これは、よりよく設定された企業のためうまく働きました。しかし、誰もが、その方法ですべてのステップで支持されたいと思わない、あるいは余裕がないことが、ますます明らかになってきた。我々は、したがって、より多くの 「選択と混合」 アプローチを開発するために作業を行ってきていて、中小企業が任意の時点で適切なレベルのサービスを見つけることを可能にしています。彼らが事実、すべての私たちが、提供するすべての手順を企業寿命の間に使用することも十分あり得ますが、必ずしも、一度にすべてではないかもしれない。私はこの新しいアプローチや偉大な提供のある、あるいは、サポートに値する、小さいベンチャーを奨励する可能性に興奮しています。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:52| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

2018年のための道路の終わり(8)


So there are several strands to what I’ve seen during a lively year: That many young enterprises are launching without proper preparation, particularly in their marketing approach, and this is one of the factors which results in failure (and the resulting shouts of ‘scam’). At the opposite end of the scale, there is also increasing professionalism entering the cryptoverse, as VCs, Pro investors, banks and law firms find the possibilities more and more interesting.
活気のある年の間に見てきたものへのいくつかの要素があります。: 多くの若い企業は、特に彼らのマーケティング アプローチで、適切な準備をせず事業に乗り出しています、これが結果、失敗要因の一つ (結果として得られる「詐欺」の叫び)です。ベンチャーキャピタル、プロ投資家、銀行、法律事務所より多くの興味深い可能性を見つけるにつれてその規模の反対側の端では、暗号韻文入力するプロフェッショナリズムが増加しています。

Regulation has been an important part of the story too, with a whole range of responses across the globe, ranging from outright crypto bans in some countries, to very positive encouragement in others. The creation and development of ‘Crypto Valley’ in the town of Zug in Switzerland is an example of this forward-looking approach, where the city council say, ‘Zug offers a robust platform for global growth due to its pro-business philosophy and the openness and easy accessibility of its local government.’ That sounds about right to me.
規制は、世界中でいくつかの国であからさまな暗号禁止から他の人に非常に肯定的な励ましに至るまで応答の全体の範囲とも、物語の重要な部分となっています。スイスのツークの町で「暗号・ バレー」の作成と開発はこの前向きのアプローチの例です。そこでは市議が次のように言います。「ツークは、そのプロのビジネス哲学と開放性その地方自治体の容易なアクセシビリティにより、グローバル成長のための堅牢なプラットフォームを提供しています。」それは私には、ほぼ正しいと思われます。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 13:58| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

2018年のための道路の終わり(6)


Everywhere I travelled during 2018, I was particularly interested in ICOs and STOs which are offering real solutions to real-world problems. This was one of the trends of the year − that there seems to be an increasing focus on solutions, rather than merely ‘opportunities’. In other words, there’s an increasing move towards not just raising the cash from an ICO, but then delivering the project. It may seem an obvious thing, but just a few years ago many entrepreneurs were more focused on their own bank balance, rather than the longterm results of their offering.
2018年中に私が旅したどこでも私は特にICOと STOに特に興味があったが、それらは実世界の問題に真のソリューションを提供しています。これは、今回は今年のトレンドの一つでした。つまり、むしろ単なる'機会' だけではなく、ソリューションにますます焦点を合わせているように思われます。つまり、ICO から現金を調達するだけでなく、プロジェクトを遂行する動きがますますあります。それは明白なことに見えるかもしれませんが、ほんの数年前むしろ、彼らの提供の長期的結果より、多くの起業家が自分の銀行の預金残高に焦点を当てています。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:16| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

2018年のための道路の終わり(5)


Earlier in the year I’d been part of a panel discussion in Vilnius where the mood was very much focused on startups and ensuring the success of tokenized offerings − a mood shared at the London World Blockchain Forum in September, where some 700 attendees were involved in both pitching new enterprises, and reporting on progress so far. This has been a trend throughout the year: that companies which have successfully pitched their ICO are now returning to meetings s to tell investors how they are doing. I welcome this sort of feedback process − it shows that startups are not just interested in raising the funding, but are in it for the long run.
年の初期に、その気分が非常にベンチャーに焦点を当てて、トークン化された製品の成功を確保して私はヴィリニュスでのパネル ディスカッションの一部でした。それは、9 月のロンドン世界 ブロックチェーンフォーラムで共有された気分で、そこでは、いくつかの 700 の参加者が、これまでの新しい企業設営と進行状況の報告の両方をしていることに関連していました。これは年間を通しての傾向でした。その企業群は: ICO を成功裏に設営して生きているが、正常に企業がどのようにやっているか投資家に教えるため今や会議に戻ってきています。私はこの種のフィードバックのプロセスへ歓迎します - それはベンチャーが、単に資金調達に関心がないだけでなく、長期的にはそれに関心があることを示しています。

A new trend that I saw atBlockConin Santa Monica was that some enterprises are now offering Equity Tokens − not something that’s caught on yet in Europe, but wait and see! It seemed to me that this was a mark of what I regard as ‘healthy realism’, and is another indication of the increasingly corporate approach of many ICOs. At BlockCon there was a strong showing from VCs and Pro investors, making up about 40% of the attendees, with the addition of a lot of large legal firms. When the big Venture Capitalists and the big Legal firms start getting interested, you can be sure that the cryptoverse is here to stay!
サンタモニカーのBlockConで私が見た新しい傾向はいくつかの企業が今普通株トークンを提供しています。−それは、 まだヨーロッパで捕らえられていない何かではありませんが、待って見てください!これは'健全なリアリズムと見做されるもののマークでありと私には思えた。そしてそれは 多く ICOs のますます企業のアプローチの別の表示です。BlockCon では、大規模な法律事務所の多くの追加とVCs やプロの投資家からの参加者の約 40% を構成する健闘があった。 大きなベンチャー キャピタルや大きな法律事務所は、興味を持ち始めるとき、暗号韻文 はここにあるべきことを確認できます!

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:07| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

今日の先端技術情報20190210

今日の先端技術情報20190210

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

IOT


工場向けIoTの共通部分は“おまかせ”で簡単に、3つのソリューションの意味

@IT MONOist

IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などを活用し、工場全体の生産性や柔軟性を高めるスマートファクトリー化への取り組みが加速している。人手不足への ...


「Arm」は、サイロ化された顧客と店舗内のIoTデータを統合および管理するための提案を小売業者に提供

iedge

小売業者が以前のサイロ化されたデジタル顧客データと実際の店舗内のIoTデータを安全に統合、統一、管理することで、顧客により個別化されたオファーを提供 ...

仮想通貨

2019年仮想通貨・ビットコインの展望|バイナンスのCZ氏や米名門大教授など専門家が見解を語る

株式会社CoinPost

その理由の一つに仮想通貨の市場は様々な業界や時事(ニュース)からの影響を受けてないことと、デジタル資産の価値が短期的なファンダメンタルよりも主に ...


日本政府が仮想通貨決済システムを開発した「Crypto Garage社」をサンドボックス制度の対象に|フィン ...

株式会社CoinPost

仮想通貨市場では現在、交換業者同士は互いの信用に基づいて仮想通貨と現金を交換しており、そこには信用の担保や取引の確実性などの課題がある。

AI


金沢工業大学 AI技術を用いた障害者就労のための実証実験を開始

大学ジャーナルオンライン

金沢工業大学AIラボの中沢実教授の研究室では、障害者が障害の種類、状況に応じて就労ができる社会の実現を目指し、金沢市と連携して、AI技術を用いた ...


AIを活用して物流部門の働き方改革を促進

Business & Public Affairs (プレスリリース) (ブログ)

レンゴーは、連結子会社のレンゴーロジスティクスが運営する八潮流通センター(埼玉県八潮市)において、AI技術を活用した製品荷揃え計画・トラック誘導に関する ...

.

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:23| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年のための道路の終わり(3)


During the year I circled the globe and met with many wonderful people at a wide variety of venues and events. The best of these was the World Blockchain Summit in Dubai, a really well-organized conference which ran smoothly and provided a wealth of networking opportunities. This should be the template for all blockchain and crypto events, bringing a highly professional approach to meetings. There were over 800 delegates in Dubai, with an exhibition of around 50 booths, and I was interested to see the way ‘East’ and ‘West’ met together. Of course it’s a huge generalization to split the world into just two halves, but there are clearly cultural, language and business differences between the American/European approach, and the rest of the world. The mood in Dubai was optimistic, and a lot of networking went on, particularly at the C-level, as the meeting was attended by a lot of CEOs and founders. Well done to the organizers, the Indian company Trescon!
その年の間に、地球を一周し、様々 な会場やイベントで多くの素晴らしい人々 に会った。これらの最高は、スムーズに行われた本当によく組織化された会議で、ネットワー キングの機会の富を提供したドバイ世界 ブロックチェーン サミットでした。これは会議に高度に専門的なアプローチをもたらす、すべての ブロックチェーンと暗号イベントのテンプレートになるべきです。ドバイに 800 以上の代表者がいて、約 50 ブースの展示があったし、私は「東」と「西」が一緒に集った方法を参照することに興味があった。もちろんそれはちょうど世界を半分に2つに分割する巨大な汎化であり、明らかに文化的な、アメリカ/ヨーロッパ世界の残りの部分のアプローチや、言語およびビジネスの相違があった。ドバイで気分は楽観的で、多くのネットワー キングを行われ、C レベルで特に、CEOおよび創設者の多くが出席しました。まあ、主催者にインドの会社Trescon は良くやりました!

The form of the Dubai meet was professional, and elsewhere I observed very different demographics of people coming to conferences, mixing ‘pro’ investors, with ‘civilians’. For instance in Dallas, at the Future of Blockchain conference there was a strong showing of citizens who were interested in the whole subject of the crypto verse, and were eager to learn more. They were keen to attend the introductory ‘Blockchain 101’ education sessions each day, and this is a feature that I hope many more meetings will adopt to help ‘spread the word’ about blockchain and the cryptoverse. The mainstream media often got their stories wrong in 2018, hyping up ‘scams’ and failures, so it’s great when citizens can be invited into the process to help with their education.
ドバイの会議のフォームは専門家的で、他の場所で私は '市民' と 'プロ' の投資家の混合する、カンファレンスに来ている人々 の非常に異なる人口統計を観察しました。たとえば、ダラスのブロックチェーンの未来暗号会議で、暗号詩句の全体のテーマに興味がある、より学ぶことを熱望していた市民の強力な表示があった。彼ら入門 ' ブロックチェーン101' 教育セッションに、毎日、出席するのに熱心でした。 「ブロックチェーン」と、暗号詩句の言葉を広めるために多くのより多くの会議が採用することを望む機能でした。主流メディアは、2018 年に間違った彼らの物語を得て、'詐欺' と失敗を売り込んで、しばしば市民は、自分たちの教育を支援するプロセスに招待される可能性があった場合、それは大きかった。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:16| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

イーサリアム開発のウォークスルー(7)


The code
符号

Now, onto the coding, first of all, the base of a Solidity script is the following snippet, thepragmadirective to tell the compiler which version of Solidity we are using, and the name of our contract, a similar structure to a class in Javascript. Here it’s “Wrestling”.
今、コードすることに、まず第一に、ソリディティスクリプトの基礎は我々がどのソリディティのバージョンを使っているか、そして我々の契約の名前、ジャバスクリプトでのクラスへの類似の構造をコンパイラーに教えるための次の断片、プラグマ指令です。ここでそれは「レスリング」です。

We want two wrestlers, so we will add two variables that hold the address of their accounts (Public keys of their wallets).
我々は2人のレスラーを必要とし、それで我々は彼らのアカウント(彼らの札入れの公開キー)の番地を持つ2つの変数を加えるでしょう。

In our little game, in each round, the wrestlers will be able to put in a sum of money, and if one put in double the money of the other(in total), he will win.
我々の小さいゲームで、それぞれ一回りで、レスラーはある額の金を投入することが可能でしょう、そしてもし1人が(全部で)他の人のお金を2倍投入したなら、彼は勝つでしょう。

One important thing about the public/private keywords is, even though, a variable is private, it doesn’t mean that someone couldn’t read its content, it just means that it can be accessed only inside the contract, but in reality, since the whole blockchain is stored on a lot of computers, theinformationthat is stored inside the variable could always be seen by others, and that represents the first security consideration that you should keep in mind.

公開/私的キーワードについての1つの重要なことが存在します、けれども、変数が私的で、それは誰かがその内容を読むことができなかったことを意味しない、それはただそれがただ契約の中にアクセスされることができる、しかし実際は、ブロックチェーン全体が多くのコンピュータ、 ? インフォメーションにストアされますから、変数の中に蓄積される情報が常に他のものによって見られたことを意味し、そしてそれはあなたが念頭におくべきである最初のセキュリティーの考察を表します。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 05:48| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

イーサリアム開発のウォークスルー(4)


What are Smart Contracts?
スマート契約は何ですか?

On Ethereum,Smart Contracts are scripts that can handle money. It’s as simple as that.
イーサリアム上でスマート契約は、お金を取り扱うことができるスクリプトです。 それはそれほど単純です。

These contracts are enforced and certified by parties that we call miners. Miners are multiple computers who add a transaction (Execution of a smart contract, payment of a cryptocurrency etc.) to a public ledger that we call a block. Multiple blocks constitute a blockchain.
これらの契約は我々が採掘者と呼ぶパーティーによって施行されて、そして証明されます。 採掘者は我々がブロックと呼ぶ公共の元帳に取引(スマート契約の実行、暗号通貨などの支払いなど)を加える複数のコンピュータです。 複数のブロックはブロックチェーンを構成します。

We pay these miners with something calledGas, which is the cost to run a contract. When you publish a smart contract, or execute a function of a smart contract, or transfer money to another account, you pay some ether that gets converted into gas.
我々はGasと呼ばれるこれらの何かを持つ鉱夫に金を払います。それは、契約を行なうためのコストです。あなたがスマート契約を発行するか、あるいはスマート契約の機能を実行するか、あるいはお金をもう1つの口座に移すとき、あなたはガスに換えられる若干のイーサーを支払います。


=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:17| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

イーサリアム開発のウォークスルー(3)


I don’t even know what Ethereum is
私は イーサリアムが何であるか知りさえしません

The official website of Ethereum tells us this:
イーサリアムの公式ホームページは我々にこれを教えてくれます:

Ethereum is adecentralized platform that runs smart contracts: applications that run exactly as programmed without any possibility of downtime, censorship, fraud or third-party interference.
イーサリアムはスマート契約を行なう分散プラットホームです:つまり故障時間のどんな可能性でも、検閲、不正行為あるいはサードパーティー混信なしでプログラムされるように、正確に走るアプリケーションです。

In other words, it uses the capabilities that gives us the blockchain technology to certify the execution of the code that we run.
換言すれば、それは我々が走らせるコード処理実行を証明するために我々にブロックチェーン技術を与える能力を使います。

If you don’t know what the blockchain, Ethereum, Bitcoin, cryptocurrency or any of these words mean, I advise you to listen to this excellent podcast byTim Ferriss, interviewingNick Szabo and Naval Ravikant: The Quiet Master of Cryptocurrency − Nick Szabo
もしあなたがブロックチェーン、 イーサリアム、ビットコイン、暗号通貨あるいはこれらの言葉のいずれも何を意味するか知らないなら、私はあなたに、ニック・サボとナバル ラビカントにインタビューしているティム フェリスによる、この素晴らしいポッドキャストを聞くように助言します:暗号通貨 の静かなマスター、ニック・サボ


=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 08:47| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

先端技術今日の話題20181214

先端技術今日の話題20181214

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

仮想通貨


4つの偽仮想通貨ウォレットがGoogle Play Storeから見つかる

CRYPTO TIMES

マルウェア研究者であるルーカス・ステファンコ氏が自身のブログで、Google Play Storeで4つの偽仮想通貨ウォレットを発見したという記事を投稿しました。


焦点:ビットコイン決済利用が激減、遠い「代替通貨」の夢

ロイター

ロンドン 20日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインの価格は一時に比べて落ち着き、決済通貨としての基本的特徴である「安定性」を満たし始めた。ところが決済 ...


AI


AIの本当の危険性、AIでまったく前進していない大きな問題

Business Journal

AIは一般的に「できることはこれだけ」という限度があり、その知能だけに依存することはできません。我々は経験にも依存しなければなりません。もうひとつは、AI ...


内視鏡診断、AIが補助

日本経済新聞

富士フイルムは内視鏡を用いた病気の診断で使う人工知能(AIのプログラムを医療機関向けに提供する。撮影した映像をリアルタイムで分析し、がんなどの病変 ...

ブロックチェーン

ブロックチェーンの天敵、それは量子コンピューター

ギズモード・ジャパン

暗号通貨で使われていることでも有名なブロックチェーン台帳管理や取引の認証を、特定の管理者やサーバーではなくユーザーが分散して記録・承認することで ...


仏小売大手のカルフール、ブロックチェーンの食品追跡プラットフォームを導入

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

フランス小売大手のカルフールは、スペインの流通ネットワークでハイパーレジャー・ベースのブロックチェーン食品追跡プラットフォームを導入を進める。同社が20 ...

.

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:59| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

イーサリアム、ハイパー元帳ファブリックとコルダの比較(14)


Summary: customized vs. generic platform
要約:特別注文プラットフォーム対一般的なプラットフォーム

To sum up, the examined DLTs span a continuum. On the one side, there is Fabric and Ethereum. They both are highly flexible, but in different aspects. Ethereum’s powerful smart contracts engine makes it a generic platform for literally any kind of application. However, Ethereum’s permissionless mode of operation and its total transparency comes at the cost of performance scalability and privacy. Fabric solves performance scalability and privacy issues by permissioned mode of operation and specifically by using a BFT algorithm and fine-grained access control. Further, the modular architecture allows Fabric to be customized to a multitude of applications. An analogy to a versatile toolbox can be drawn.
要約すると、調べられたDLTは連続に及びます。 一面では、ファブリックと イーサリアムがあります。 彼らは共に大いに柔軟性がありますが、異なった局面です。 イーサリアムの強力なスマートな契約エンジンは文字通りにどんな種類のアプリケーションのためでもそれを1つの一般的なプラットフォームにします。 しかしながら、 イーサリアムの 認可なし動作モードとその全体の透明性は性能拡張性と秘匿性を犠牲にして来ます。 ファブリックが認可ありの動作モードによってそして特に BFTアルゴリズムときめが細かいアクセス制御を使うことによって、性能拡張性と守秘権問題を解決します。 さらに、モジュール方式は複数のアプリケーションにファブリックがカスタマイズされることを可能にします。 用途が広いツールボックスへの類比が引き出されることができます。

Corda is located at the other end. It has been consciously designed as DLT for the financial services industry. Most notably, it takes the highly regulated environment into account by augmenting smart contracts with legal prose.
コルダは反対側に位置しています。 それは金融サービス産業のために意識してDLTとして計画されました。 最も注目すべきことに、それは、法律上の文とのスマートな契約書を増補させることによって、大いに規律正しい環境を考慮に入れます。


=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 07:09| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

イーサリアム、ハイパー元帳ファブリックとコルダの比較(13)



Built-in currency
組込み通貨

Another noteworthy difference is that Ethereum features a build-in cryptocurrency calledEther. It is used to pay rewards to nodes that contribute to reach consensus by mining blocks as well as to pay transaction fees. Therefore decentralized apps (DApps) can be built for Ethereum that allow monetary transactions. Furthermore, a digital token for custom use cases can be created by deploying a smart contract that conforms to a pre-defined standard.[xv]This way, own currencies or assets can be defined.

もう1つの注目すべき相違は イーサリアムがイーサーと呼ばれる組み込み暗号通貨を特徴とするということです。 それは、取引手数料を支払うためと同様、ブロックを採掘することによって、合意に達するために貢献するノードに報酬を払うために使われます。 そのために分散アプリケーション(DApps)は、金融取引を可能にするイーサリアムのために構築ことができます。 さらに、注文製のユースケースのためのデジタルトークンが、前もって定められた標準に従うスマートな契約を配置することによって、作ることができます。.[xv]この方法で、自分自身の通貨あるいは資産が定義可能です。

Fabric and Corda do not require a build-in cryptocurrency as consensus is not reached via mining. With Fabric, however, it is possible to develop a native currency or a digital token with chaincode.[xvi]With Corda, a creation of digital currencies or tokens is not intended.[xvii]

採掘で合意に到達されないので、ファブリックとコルダは 組み込み暗号通貨を必要としません。しかしながら、ファブリックで、 chaincode との間でネイティブの通貨あるいはデジタルトークンを開発することは可能です。[xvi] Cordaでデジタル通貨あるいはトークンの生成は意図されません。.[xvii]

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:08| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

イーサリアム、ハイパー元帳ファブリックとコルダの比較(11)


All DLTs feature smart contracts in the sense of smart contract code that can be written in Go or Java for Fabric[xi], in Solidity[xii]for Ethereum and in Java or Kotlin for Corda[xiii]. In Fabric, the term “chaincode” is used as a synonym for smart contract. As an illustrative example, the reader is reminded of the usage of a smart contract code in the consensus mechanism of Corda in order to ensure transaction validity. However, there is a notable difference between Fabric and Ethereum on the one hand and Corda on the other that is connected to the second way the “smart contracts” term is used.
すべてのDLTはファブリック[xi]のためにGoあるいは Javaで 、Ethereum のためのSolidity[xii]で、 Corda [xiii]のための Java あるいは Kotlin で書くことが可能なスマートな契約コードという意味でスマートな契約を優れた特徴とします。ファブリックで、「chaincode」という用語がスマートな契約のために同義語として使用されます。 説明する例として、読者は取引妥当性を保証するために Corda の合意機構の中でスマートな契約コードの利用法を思い出させられます。 しかしながら、方やファブリックやイーサリアムと、「スマートな契約」の用語が使われる2番目の道に接続している他方の コルダの間に顕著な相違があります。

In Corda, smart contracts not only consist of code but additionally are allowed to contain legal prose. Thus above smart legal contracts are legal prose that are formulated in a way that they can be expressed and implemented in smart contract code. The rationale behind this is to give the code legitimacy that is rooted in the associated legal prose. Such a construct is called Ricardian Contract[xiv]. At this point, it again becomes clear that Corda was explicitly designed to account for the highly regulated environment of the financial services industry. Both Fabric and Ethereum lack this feature.
コルダで、スマートな契約は、コードで成り立つだけではなく、さらに法律上の文を含むことを可能にしています。 それで上記のスマートな法的契約はそれらが表現されて、スマートな契約コードに実装可能方法で定式化される法律上の文です。 これの背後の理論的根拠はコードに関連づけられた法律上の文に根ざしている正当性を与えるはずです。 このような属性は リカルディアン契約[xiv]と呼ばれます。 この時点で、 コルダが明示的に金融サービス産業の大いに規律正しい環境を占めるよう意図されたことが再び明確になります。 ファブリックと イーサリアム両方がこの特徴に欠けます。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:19| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

イーサリアムの比較、ハイパー元帳ファブリックとコルダ(6)


Within Fabric, nodes are differentiated based on whether they areclients,peersororderers.[vii]A client acts on behalf of an end-user and creates and thereby invokes transactions. They communicate with both peers and orderers. Peers maintain the ledger and receive ordered update messages from orderers for committing new transactions to the ledger.Endorsersare a special type of peer, whereas their task is to endorse a transaction by checking whether they fulfill necessary and sufficient conditions (e.g. the provision of required signatures). Orderers provide a communication channel to clients and peers over which messages containing transactions can be broadcasted. With respect to consensus in particular, the channels ensure that all connected peers are delivered exactly the same messages with exactly the same logical order.
ファブリック内で、ノードは彼らがクライアント、仲間あるいは 注文者であるかどうかに基づいて異なります。[vii] クライアントがエンドユーザのために行動をして、取引を作り、実施します。彼らは仲間と注文者両方と意思疎通します。仲間が帳簿を維持して、新しい取引にコミットすることに対して、注文者から注文された更新メッセージを受け取ります。特別なタイプの仲間であるのに対して、彼らの職務は、彼らが必要十分条件(例えば必要とされる署名の規定)を満たすかどうか調べることによって、処理を推奨するはずです。注文者は取引を含んでいるメッセージ が同報されることができるチャンネルをクライアントと仲間にわたり提供します。 合意に関して特に、チャンネルは接続された仲間すべてがまったく同じメッセージをまったく同じ論理順序で届けられることを保証します。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================


posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 13:22| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

イーサリアムの比較、ハイパー元帳ファブリックとコルダ(5)


In contrast to Ethereum, Fabric’s and Corda’s interpretation of consensus is more refined and does not merely boil down to mining based on PoW or a derivative thereof. Due to operating in a permissioned mode, Fabric and Corda provide a more fine-grained access control to records and thus enhance privacy. Furthermore, a gain in performance is achieved as only parties taking part in a transaction have to reach consensus.

イーサリアムと対照的に、ファブリックとコルダの合意の解釈は、いっそう洗練されていて、そして単にPOWあるいはその派生物に基づいて採掘することに煮詰まりません。 許可方式で稼働するために、ファブリックと コルダがレコードにいっそうきめが細かいアクセス制御を提供して、それで守秘権を強化します。 さらに、単に処理に参加している関係者だけが合意に達しなければならないから、性能での増大が達成されます。

Fabric.Fabric’s understanding of consensus is broad and encompasses the whole transaction flow, starting from proposing a transaction to the network to committing it to the ledger.[vi]Furthermore, nodes assume different roles and tasks in the process of reaching consensus. This contrasts to Ethereum where roles and tasks of nodes participating in reaching consensus are identical.

ファブリック– ファブリックの合意の理解は広範囲であって、ネットワークに取引を提案することから始まって、それを帳簿に記録をゆだねることまで取引フロー全体をカバーします。[ vi ] さらに、ノードが、合意に達する過程で、異なった役割とタスクを想定します。これは合意に達することに参加しているノードの役割と仕事が同一である イーサリアムと対照的です。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:36| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

イーサリアムの比較、ハイパー元帳ファブリックとコルダ(4)


Consensus
合意

Ethereum.With Ethereum, all participants have to reach consensus over the order of all transactions that have taken place, irrespectively of whether a participant has taken part in a particular transaction or not. The order of the transactions is crucial for the consistent state of the ledger. If a definitive order of transactions cannot be established there is a chance that double-spends might have occurred, that is, two parallel transactions transfer the same coin to different recipients, thus making money out of thin air. As the network might involve mutually distrusting and anonymous parties, a consensus mechanism has to be employed that protects the ledger against fraudulent or adverse participants that attempt double-spends. In the current implementation of Ethereum, this mechanism is established by mining based on the proof-of-work (PoW) scheme. All participants have to agree upon a common ledger and all participants have access to all entries ever recorded. The consequences are that PoW unfavorably affects the performance of transactions processing.[v]Concerning the data stored on the ledger, even though records are anonymized, they are nevertheless accessible to all participants, which is problematic for applications that require a higher degree of privacy.
イーサリアム. イーサリアムで、すべての参加者はすべての取引の秩序の上に、参加者が特定の処理に参加したかどうかにかかわらず、行なわれた合意に達しなければなりません。 取引の順番は帳簿の一貫した状態にとって極めて重要です。 取引の決定的な順番がそこで確立できるかどうかどうかは二重にお金を費やす可能性が起こるかもしれないということ、すなわち、2つの平行した取引が、同じコインを異なった受信者に移します。それで、いずれからともなく金をもうけます。 ネットワークが相互に信用しない匿名のパーティーに関係するので、合意メカニズムは、二重支払いを試みる詐欺か、あるいは不利な参加者に対して帳簿を守るために使うのを必要とするかもしれない。 イーサリアムの現在の実装で、この機構は、「仕事の証明」(POW)方式に基づいて採掘することによって、確立されます。 すべての参加者は共通の帳簿について合意しなければなりません、そしてすべての参与者は今までに記録されたすべての登録へのアクセスを持っています。 結果はそのPOWが都合悪く取引処理の性能に影響を与えるということです。[v] 帳簿に蓄積されたデータに関して、記録は匿名化されているが、それでも、すべての参与者がアクセスできます。そのことは、どちらがより高度の守秘権を必要とするアプリケーションにとって問題です。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 13:47| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

イーサリアムの比較、ハイパー元帳ファブリックとコルダ(3)


 


Table 1: Comparison of Ethereum, Hyperledger Fabric and Corda
表1: イーサリアムの比較、ハイパー元帳ファブリックとコルダ

Participation of peers
仲間の参加

With conventional central data storage, only a single entity, the owner, keeps a copy of the underlying database, e.g. a ledger. Consequently, this entity controls what data is contributed and what other entities are permitted to contribute. With the advent of DLT this radically changes in favor of distributed data storage where multiple entities hold a copy of the underlying database and are naturally permitted to contribute. All entities that participate in distributed data storage form a network of so-callednodesorpeers. Due to distributed data storage, the difficulty arises to ensure that all nodes agree upon a common truth, e.g. the correctness of a ledger, as changes made by one node have to be propagated to all other peer nodes in the network. The result of arriving at a common truth is calledconsensusamong nodes and is described below.
従来的な中央のデータの蓄積で、ただ一つの実体、オーナーは、基礎をなしているデータベース、例えば元帳のコピー、例えば帳簿を保持します。 従って、この実体はどんなデータが提供されるか、そしてどんな他の実体が貢献するのを許されるかをコントロールします。 DLTの到来でこれは根本的に分散データの蓄積に賛成して多数の実体がどこに基礎をなしているデータベースのコピーを持っていて、そして当然貢献するのを許されるかに変化を与えます。 分散データの蓄積に参加するすべての実体はいわゆるノードあるいは 仲間のネットワークを組織します。 分散データの蓄積で、1つのノードによってされた変更がネットワークで他のすべての仲間のノードに普及させられなければならないから、すべてのノードが共通の真理、例えば元帳の正当性について合意することを保証するために困難が生じます。 共通の真理に到達することの結果はノード間で合意と呼ばれ、そして下に記述されます。

With respect to participating to consensus, there are two modes of operation:permissionlessandpermissioned. If participation is permissionless, anybody is allowed to participate in the network. This mode is true for Ethereum as a public blockchain. On the other hand, if participation is permissioned, participants are selected in advance and access to the network is restricted to these only. This is true for Fabric and Corda. The mode of participation, permissionless or permissioned, has a profound impact on how consensus is reached.

合意に参加することに関して、 認可なしと認可ありの2つの運用方式があります。 もし参加が 認可なしであるなら、誰でもネットワークに参加することを許されます。 この方式は公共のブロックチェーンとして イーサリアムにとって本当です。 他方、もし参加が認可されるなら、参加者が前もって選ばれ、そしてネットワークへのアクセスがこれらの人のみに制限されます。 これはファブリックとコルダについて本当です。認可なしあるいは認可ありの 参加の方式は、合意がどのように達せられるかについて、重大な影響を与えます。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:28| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

イーサリアムの比較、ハイパー元帳ファブリックとコルダ(2)


 

Three different frameworks
3つの異なった枠組み

From the white papers of Hyperledger Fabric, R3 Corda (in the following only referred to as Fabric and Corda, respectively) and Ethereum it becomes obvious that these frameworks have very different visions in mind with respect to possible fields of application. Development of both Fabric[i]and Corda[ii]is driven by concrete use cases, whereas Corda’s use cases are drawn from the financial services industry. Consequently, this is where Corda sees its main field of application. In contrast, Fabric intends to provide a modular and extendable architecture that can be employed in various industries, from banking and healthcare over to supply chains. Ethereum also presents itself as utterly independent of any specific field of application.[iii]However, in contrast to Fabric, it is not modularity that stands out but the provision of a generic platform for all kinds of transactions and applications. Table 1 provides a summary of the three frameworks.
ハイパー元帳ファブリック、 R3 Corda(今後はファブリックと コルダとそれぞれ呼ばれます)とイーサリアムの白書から、これらの枠組みが可能な適用分野に関して非常に異なったビジョンを持つことが明白になります。ファブリック [i] とコルダ [ii]両方の開発は具体的なユースケースによって駆動されているのに対して、 コルダのユースケースは金融サービス産業から引き出されます。 従って、これはコルダ がその主要適用分野を見るところです。 それと対照的に、ファブリックは、銀行業務から医療にまたがるサプライチェーンに、種々の産業に使うことができるモジュール式の、拡張可能な体系を提供することを意図しています。 イーサリアムは同じくそれ自身をまったくどんな特定の適用分野からでも独立して現れます。[iii]、しかしながら、ファブリックと対照的で、それはあらゆる種類の取引とアプリケーションのために際立っているモジュラリティで一般的な基本枠組みの準備です。表1が3つの枠組みの要点を提供します。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:44| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

賭け金の証明とは何か?(8)


Most proof of stake coins that pay a reward in the form of a transaction fee for verifying transactions and creating new blocks, set a target interest rate which users can expect to earn from staking their coins. In the case of cryptocurrencies where forgers create new coins, this rate also becomes the maximum rate at which the currency supply is inflated over time.
取引を検証して、新しいブロックを作ることに対して、取引手数料のかたちで謝礼金を支払うたいていの掛け金コインの証明は、ユーザーが、彼らのコインを賭けることから、獲得することを期待できる目標利子率を設定しました。 鋳造者が新しいコインを作る暗号通貨に関しては、このレートは同じく通貨供給が長い間に暴騰している最大レートになります。

Proof of stake systems are more environmentally friendly and efficient, as the electricity and hardware costs are much lower than the costs associated with mining in a proof of work system. A greater number of people are encouraged to run nodes and get involved because it is easy and affordable to participate in this system; this results in more decentralization.

電気代とハードウェアコストが採掘と結び付けられるコストより仕事の証明システムに関連する費用よりずっともっと低いので、掛け金証明システムはいっそう環境にやさしく、効率的です。より多数の人々が、ノードを走らせてそれがこのシステムに参加することが容易で、取得可能であるから、関係するよう奨励されます; これはより多くの分散化をもたらします。

This is only a general guide to the proof of stake system. Each cryptocurrency issuer will most likely customize this system with a unique set of rules and provisions of their own as they issue their currency or switch over from the proof of work system. Additionally, this is a rapidly evolving industry, and apart from proof of work and proof of stake, there are currently several other systems and methodologies of transaction verification and block creation being tested and experimented with.

これはただ掛け金証明システムへの一般的な案内書に過ぎません。 それぞれの暗号通貨発行者は、彼らが彼らの通貨を公表するか、あるいは仕事証明システムから切り替わるから、彼ら自身のユニークな1セットの規則と準備でたいてい恐らくこのシステムをカスタマイズするでしょう。 さらに、これは急速に進展する産業で、仕事の証明と掛け金の証明は別として、現在いくつかの他のシステムと取引検証とテストされたり実験されたりしているブロック作成の方法論があります。

Next: Find out what Delegated Proof of Stake is!
次に:代表掛け金の証明とは何か発見してください!


=====================================================================

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 20:59| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする