2019年11月06日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(13)


  •  

In summary
まとめ

With blockchain technologies emerging, we have new ways to further strengthen data-ownership, transparency and trust between entities (to name a few). The way GDPR is formulated, we cannot store data directly on the blockchain since in GDPR terms ‘it is not erasable’. This prohibits us from using this technology to its full potential, so we need to rely on ‘older’ systems for storing data which simply cannot guarantee the same benefits as most blockchain technologies:
ブロックチェーン技術の出現で、我々は自主独立体間の(少数の例を挙げれば)さらにデータ所有権、透明度と信頼を強化する新しい方法を持っています。 GDPR方法は定式化されています。 GDPR 用語で「それが消去可能ではありません」から、我々は直接ブロックチェーンのデータを蓄積することができません。 これは我々が最大の可能性までこの技術を使うことを禁じ、それで我々はたいていのブロックチェーン技術と同じ恩恵を保証することが単にできないデータを蓄積するための「もっと古い」システムに頼る必要があります:

l  Who owns the data in your off-chain storage?
誰があなたのブロックチェーンから離れた貯蔵でそのデータを所有するか?

l  Is the off-chain data even encrypted?
ブロックチェーンから離れたデータは暗号化さえされるのか?

l  Who can access this data?
誰がこのデータにアクセスすることができるのか?

l  Where is it stored? Is it already copied to other systems?
どこがしまっておかれるのか? それは他のシステムにすでにコピーされているのか?

A lot of stuff to think about…
考えるべき多くのものがほかにもあります。

Cheers.
乾杯。


Get in touch
連絡を取ること

Interested in starting your own blockchain project, but don’t know how? Do you need help starting your token sale or having one audited? Get in touch withhttps://theledger.be

あなた自身のブロックチェーンプロジェクトを始めることに興味があり、けれどもどのようにするか知りませんか? あなたはあなたのトークンの販売を始めるか、あるいは1つが聴講されるようにする手助けを必要としますか?そうなら、 https://theledger.be と連絡を取ってください

Thanks toDimitri De Jonghe.
ディミトリ・ドゥ Jonghe に感謝。

=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:48| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(12)


  • The Paradox
    パラドックス

    And here is the paradox: The goal of GPDR is to “give citizens back the control of their personal data, whilst imposing strict rules on those hosting and ‘processing’ this data, anywhere in the world.” Also, one of the things GDPR states is that data “should be erasable”. Since throwing away your encryption keys is not the same as ‘erasure of data’, GDPR prohibits us from storing personal data on a blockchain level.Thereby losing the ability to enhance control of your own personal data.
    そしてここにパラドックスがあります: GPDR のゴールは「市民に彼らの個人情報のコントロールを返すことですが、一方.このデータのホステイングや、「処理」について、世界中のどこについての厳しい規則を強要します。」同じく、 GDPR が述べることの1つはデータが「消去可能であるべきです」ということです。 あなたの暗号化キーを廃棄することは「データの抹消」と同じものではありませんから、 GDPR は我々が個人情報をブロックチェーン レベルに蓄積することを禁じます。それによってあなた自身の個人情報のコントロールの強化能力を失います。

    Now, I know that sounded harsh. And in defense of GDPR, you could optimise the proposed solution above to counter some disadvantages. Or choose a totally different solution than the one described above to tackle the problems surrounding immutability of transactions.
    今、私はそれが厳しく聞こえたことを知っています。 そして GDPR の防衛で、あなたは若干の不利に対処するために上の提案された解決を最適化することができました。 あるいは取引の不変性を取り巻いている問題に取り組むために上に説明されたものよりまったく異なった解決を選択してください。

    However, whatever solution you are going with, the overall increased complexity will still be a serious disadvantage.
    しかしながら、あなたがどんな解決でいくとしても、全体的な増加した複雑さはまだ重大な不利となるでしょう。

=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:25| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(11)


  • l  You still need apoint-to-point integration between all the participating parties.After getting the link from the blockchain, you need a way to get data fromBlueCompanytoGreenCompany.For every new party added to the system, you will need to add new point-to-point integrations with each existing member, as well as provision a securePKI. You are reducing your blockchain to a mere lookup table, thereby throwing away a lot of benefits that comes with this technology. (As a side-note: using your blockchain only as a lookup table is how a lot of companies get in the media with their ‘solution’, which − depending on the use case − is not enough.)
    あなたは、すべての参加関係者の間に まだポイントからポイントへの統合を必要とします。ブロックチェーンからリンクを得た後で、あなたはすべての新党の BlueCompany から GreenCompany. へデータが得られるようにする方法を必要とします。システムに、すべての新関係者が加えられるから、あなたは、安全なPKI に提供するのと同様、それぞれの現在のメンバーと新しいポイントからポイントへの統合を加える必要があるでしょう。あなたのブロックチェーンを単なるルックアップテーブルに矮小化しています。それによって、あなたは、この技術でもたらされる恩恵の多くを廃棄します。(サイドメモとして、ただルックアップテーブルとしてあなたのブロックチェーンを使うことは、多くの会社が彼らの「解決」でメディアに入る方法です。そのことはユースケースに依存して十分ではありません。)
  •  More attack vectors. Each company has their own infrastructure and application landscape. By spreading the personal data over these different companies, the risk increases for a potential breach where part of this personal information can be stolen.
    さらに多くの攻撃ベクトル。 それぞれの会社が(彼・それ)ら自身の基礎構造とアプリケーション風景を持っています。 これらの異なった会社の上に個人情報を広めることによって、危険はこの個人情報の一部が盗まれることができる可能性がある違反のために増加します。
  • Added complexity. Added complexity = Increased risk of unintended errors. Resulting in less secure systems.
    追加の複雑性。 追加の複雑性 = 思いがけないエラーのリスクの増加。 結果としてそれほど安全でないシステムをもたらす。

=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:48| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(10)


The Cons
反対

Oh boy, here we go…
やれやれ、またか…

  • The benefit of transparency with blockchain is reduced.By storing your data off-chain, you have no way of knowingfor surewho accessedyour data, andwho hasaccess to your data. OnceGreenCompanyhas the link to retrieve the data, he is not bound anymore by going through the blockchain. Maybe the link gets stored in their own database so they don’t have to pass by the blockchain again for new retrievals, the link gets stolen, <insert other doom-scenarios here>, …
    ブロックチェーンの持つ透明性の恩恵は、減少します。あなたのデータをブロック チェーンから離れた蓄積をすることによって、あなたはあなたのデータへ誰がアクセスしたか、 誰がアクセスをしているかを確実に知る方法がありません。 - あなたのデータと ?  − を持っていません。 いったん GreenCompanyがデータを検索するリンクを持つと、彼は、もうブロックチェーンを通すことに、しばられません。 多分そのリンクは彼ら自身のデータベースに蓄積されるのでるように彼らが新しい取り出しのために再びブロックチェーンを通過しなくてもよいのです、そのリンクが、盗まれているからです、<ここで他の宿命シナリオを挿入してください>、…、
  • The benefit of data-ownership with blockchain is reduced. Once your data has been stored off-chain, who owns it? The company who owns the database where your data is in? At least with blockchain technology, it is the data-owner that has all the encryption-keys to administer his own data.
    ブロックチェーンを持っているデータ所有権の恩恵は 減少します。あなたのデータが ブロックチェーンから蓄積された途端に、誰がそれを所有しますか? あなたのデータがあるデータベースを所有する会社ですか? 少なくともブロックチェーン技術で、データ所有者が彼自身のデータを管理するためにすべての暗号化キーを持っています。

=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 07:17| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(9)


The Pros
賛成

・         The approach described above is a 100% GDPR compliant solution, which makes it possible tocompletely erase datain the off-chain storage. Thereby rendering thelinksandhashesstored on the blockchain completely useless.
上記のアプローチは100% GDPR に従っているソリューションです。 それはチェーンから離れた蓄積装置にあるデータを完全に消去させることを可能にします。それによって ブロックチェーンにストアされているリンクハッシュを 完全に無用とします。

・         In this scenario, you use the blockchain primarily as an ‘access control’ medium, whereclaims are publicly verifiable.This would give someone the means to prove that some node should not store the data after an opt-out. Of course, this benefit can also be present when personal data is indeed stored on a blockchain.
このシナリオで、あなたは主にブロックチェーンを「アクセス制御」メディアとして使用します、そしてそこで請求は公的に検証可能です。 これは誰かにいずれかのノードがオプトアウトの後にデータを蓄積するべきではないことを証明する手段を与えるでしょう。 もちろん、個人情報が本当にブロックチェーンに蓄積されるとき、この恩恵は同じく存在し得ます。

=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:50| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(6)


The GDPR initiative probably had only CRUD in mind (“you are always able to Delete information”) when dealing with basic operations on persistent storage. The fact that this doesn’t match with blockchain technology creates some friction. Now, because there is no definition in GDPR of “erasure of data” attechnology is not acceptable as ‘erasure of data’ according to GDPR.
GDPR イニシアティブは、絶え間ない蓄積で基本操作に対処するとき、おそらく心にCRUDを持っていました(「あなたは 情報削除が常に可能です」)。これがブロックチェーン技術と調和しないという事実は若干の不和を引き起こします。 今、この時点で「データの抹消」の定義がGDPRでないから、あなたはおそらくこれを厳しいと解釈する必要があります、ブロックチェーン技術で個人情報を暗号化するあなたの暗号化キーを廃棄することは GDPR によれば、「データの抹消」として受容できないことを意味します。

The Workaround
回避策

Of course, this has consequences on what we can store on a blockchain. Storing personal data on a blockchain is not an option anymore according to GDPR. A popular option to get around this problem is a very simple one: You store the personal data off-chain andstore the referenceto this data, along with ahashof this data and other metadata (like claims and permissions about this data), on the blockchain. To see how this works in a permissioned blockchain, consider the picture below. There are 2 companies (called BlueCompany and GreenCompany) with each there own back-ends, both connected to a blockchain.
もちろん、我々が何をブロックチェーン上にしまっておくことができるかについて、これは結果を持っています。 個人情報をブロックチェーンに蓄積することは GDPR によれば、もう選択ではありません。 この問題を回避する人気が高い選択は非常に単純なものです: あなたは チェーンから離れたところに個人情報を蓄積し、ブロックチェーン上のこのデータと他のメタデータ(このデータについての クレームと認可のような)、このデータの ハッシュとともに参照基準を蓄積します。 認可ブロックチェーンでこれがどのようにうまくいくか見るために、下記の図を考慮してください。 自分自身のバックエンドを各々持っていて、両方ともブロックチェーンに関係した2つの会社(BlueCompanyとGreenCompanyと呼ばれる)があります。

=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:33| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(5)


The GDPR part
GDPR部

The complete official GDPR document can beconsultedfreely on the internet. The term ‘erasure’ and ‘erase’ are found 12 times in this document at the time of this writing (the website offers an easy search method).

完全な公式の GDPR ドキュメントは自由にインターネット上で相談することができます。 「抹消」と「削除」という用語はこの執筆の時点でこのドキュメントで12回見いだされます。(ウェブサイトは容易な検索方法を提供します)

An important aspect of GDPR on blockchain is the fact that personal data is not to leave the EU. This is a major problem withpublicblockchains, since there is no control on who hosts a node. This is less an issue when it comes toprivateorpermissionedblockchains. To tackle this problem,IPDBset up a foundation that could insure data stays in the EU because it is public accessible (client) but permissioned hosted (node) blockchain.

ブロックチェーン上の GDPR の重要な局面は個人情報がEUには残さないという事実です。これは公開ブロックチェーンで大きな問題ですなぜなら、誰がノードの主人役を務めるかについて、コントロールがないからです。 これは - 私的 あるいは認可されたブロックチェーンの話になるとそれほど問題ではありません。この問題に取り組むため、 IPDB は、それが公共のアクセス可能な(クライアント)だが 認可され主催された(ノード)ブロックチェーンであるから、EUでのデータ滞在に保険を掛けることができる財団を設立しました。

There is also aseparate section − Art. 17 − on ‘Right to be Forgotten’. This concept is clearly an important one regarding ‘erasure of data’. However, not anywhere in the document, not even in thedefinitions part − Art. 4 − is there any explanation of what the termerasure of dataactually means.
同じく「忘れられる権利」についての別個のセクション「17条」 があります。 この概念は「データの抹消」に関して明らかに重要なものです。 しかしながら、ドキュメントのどこにも、4条の定義の部分にも、用語「データの抹消」 が実際に何を意味するかのいかなる説明もありません。

=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:18| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(4)


Instead, operations on blockchain can be described as CRAB:Create-Retrieve-Append-Burn.This concept of ‘CRAB’ is invented by the folks fromBigChainDB. TheCreateandRetrievedon’t need explanation. TheAppend,which replacesUpdate, means that you can only appendnewtransactions to a blockchain technology, therefor changing the ‘world state’ (sum of all past events/transactions up until now). According to BigChainDB, theBurnoperation in CRAB means that youthrow away the encryption keys, so you are unable toAppendnew transactionsand change the world-state any further of this asset.
その代わりに、ブロックチェーンのオペレーションはCRABと記述されることができます: つまり作成、検索、付加、焼却です。 「CRAB」のこの概念はBigChainDBの人々によって発明されます。 作成 と 検索は説明を必要としません。 更新に取って代わる 付加 は、ブロックチェーン技術に新しい取引を付加しかできないことを意味します。そのために、あなたが「世界の状態」(今までのすべての過去の出来事 / 取引の合計)を変更します。BigChainDB によれば、CRABの焼却オペレーションはあなたが暗号化キーを廃棄することを意味し、それであなたは新しい取引を付加して、そしてさらにそれ以上この資産の世界の状態を変えることができません。

Instead offorgettingyour encryption key, you can also set the transaction to an “unsolvable” private keyby choosing a completely random public key, thereby locking yourself and everyone else out. When using the CRAB terminology on other blockchain technologies, you could also − for example − interpret theBurnoperation asthrowing away encryption keys so you are unable to decrypt the actual datathat is written on a blockchain technology. But we will come back to this.
あなたの暗号化キーを忘れる代わりに、あなたは、それによってあなた自身とほかの皆をロックアウトして、完全に任意の公開キーを選ぶことによって、同じくトランザクションを「解決不可能な」秘密キーにセットすることができます。 他のブロックチェーン技術でCRAB専門用語を使うとき、あなたは− 例えば − 焼却オペレーションを暗号化キーを廃棄していると解釈し。それで、あなたがブロックチェーン技術の上に書かれる実際のデータを解読することができません。 けれども我々はここに戻ってくるでしょう。

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:19| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(3)


Transparency
透明性

As an individual, you can browse through the complete history of all bitcoin transactions, making the transactions on thispublicblockchaintechnology completely transparent. Transparency inprivateblockchains is another matter, but it is still guaranteed in other ways.

個人として、あなたは、この公開ブロックチェーン技術上の取引を完全に透明にして、すべてのビットコイン取引の完全な歴史に目を通すことができます。 私的 ブロックチェーンの透明性は別の問題ですが、しかしそれは他の方法でまだ保証されています。

Public vs Permissioned
公開 対 認可

This post will be focused onpermissionedblockchains − where nodes are permissioned hosted − although a lot of arguments below are still applicable to public blockchains.

この投稿は 認可ブロックチェーンに焦点を合わせられるでしょう-−そこではノードが 認可でホストされている − 下記の多くの議論がまだ公開ブロックチェーン に適用可能だけれども。

CRUD vs CRAB
クラッド 対 クラブ

CRUD stands for Create-Read-Update-Delete. These are thebasic operations of persistent storage. Now remember from the basic blockchain topics mentioned above, that you cannot delete written transactions on a blockchain. Even updating existing transactions cannot be done, since they are immutable. Therefore the ‘CRUD’ operations are not the droids you are looking for!
CRUDは作成、読む、更新、削除を意味します。これらは持続する蓄積の基本操作です。今、上に述べた基本的なブロックチェーントピックから、ブロックチェーンに書き込まれた取引不可能であることを思い出してください。 それらが不変ですから、既存の取引を更新するさえできません。そのために「クラッド」オペレーションはあなたが探している アンドロイドではありません!

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:40| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(2)


The Blockchain part
ブロックチェーン部分

To explain why GDPR has to opposite effect in certain area’s when applied to blockchain technology, we need to go over some basic concepts first.
GDPR が、ブロックチェーン技術に適用されるとき、なぜ特定の分野で反対の効果を持っているか説明するために、我々は最初に若干の基本概念を繰り返す必要があります。

Encryption and hashing
暗号とハッシュ

Both encryption and hashing are fundamental to blockchain technologies. In short, hashing is a one-way transformation of data to an unreadable piece of data (hashvalue). With encryption you can have a two-way transformation: You encrypt data with a certain key, so it becomes unreadable. With this key you can always decrypt this unreadable piece of data to the original value.
暗号化とハッシュの 両方がブロックチェーン技術にとって重要です。要するに、ハッシュとは 読めない1つのデータへのデータの一方向の変換(hashvalue)です。暗号化で あなたは双方向の変換を持つことができます:あなたはあるキーでデータを暗号化し、それでそれは読めなくなります。 このキーであなたは常にこの読めない1篇のデータを元の値に解読することが可能です。

Immutability of transactions
取引の不変性

By now, you will have heard that transactions on a blockchain are immutable. You cannot change these transactions once they are written on a blockchain. You cannot delete this data, since this would ‘break the chain’ in a sense, rendering the complete blockchain useless.
今までに、あなたはブロックチェーンの取引が不変であるということを耳にしたでしょう。 彼らがブロックチェーン上に書かれた途端、あなたはこれらの取引を変えることができません。これが、完全なブロックチェーンを無用にして、ある意味で「鎖を壊す」であろうから あなたは、このデータを削除することができません。

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:20| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(1)


The Blockchain-GDPR Paradox
ブロックチェーン-GDPR パラドックス

Andries Van Humbeeck
アンドリーズ・ヴァン  ハンビーク

Blockchain consultant at TheLedger.be
TheLedger.beのブロックチェーンコンサルタント

Nov 21, 2017
2017年11月21日

The General Data Protection Regulation, orGDPRin short, will become enforceable from 25 May 2018. Fact is, this will have (and already has) a major impact in organisations both large and small. In this post I will highlight some topics on how GDPR relates to blockchain technology. Especially onhow GDPR has the opposite effect in some ways, when it comes to making Blockchain Architecture compliant with GDPR.
一般データ保護規制、あるいは - GDPR - 要するに、意志が2018年5月25日から実施可能になります。 事実は、これは大きい組織と小さい組織の両方で大きい衝撃があるでしょう、(そしてすでにそうなっているが)。 この投稿で私は GDPR がどのようにブロックチェーン技術に関連しているかについての若干のトピックを強調するでしょう。特に どのように、ブロックチェーンアーキテクチャを GDPR に従わせる話になると、GDPR がある意味で反対の効果を持っているかについてです。

An overly dramatic image
過度に劇的なイメージ

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:54| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

百万利用者の DApps イーサリアム:アプリケーション特化サイドチェーン入門(8)


“I happily played World of Warcraft during 2007–2010, but one day Blizzard removed the damage component from my beloved warlock’s Siphon Life spell. I cried myself to sleep, and on that day I realized what horrors centralized services can bring. I soon decided to quit.”
「私は楽しく2007年−2010年の間のウォークラフトの世界で遊びました、しかし、ある日、Blizzardが私の最愛の魔法使いのサイフォン生命呪文からダメージコンポーネントを取り除きました。私は私自身泣き寝入りしました、そしてその日に私は中央集権サービスがどんな恐ろしいものが持たらす可能性があるか悟りました。私はまもなく辞めることに決めました。」

Coordinated communities need to be able to pave away from situations they believe are not fair and move on alternatives that they all agree on.
調和したコミュニティーは彼らが公平ではないと信じる状況から離れて舗装することが可能であって、そして彼らすべてが同意する選択肢について行動をとる必要があります。

They key to achieving that is sidechain hard forks.
彼らはサイドチェーンのハードフォークであることを達成することに調子を合わせます。

Being as laconic as possible, a fork is a protocol upgrade mechanism. A high-quality comparison between forks can be foundon Vitalik’s blog.
できるだけ簡潔であって フォークはプロトコル向上メカニズムです。フォークの間の高品質の比較は、Vitalik のブログで見いださすことができます 。

Fork variations Venn diagram, taken fromvitalik.ca/general/2017/03/14/forks_and_markets.html
vitalik.ca/general/2017/03/14/forks_and_markets.html 原典のフォークの変種ベン図

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:19| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

百万利用者の DApps イーサリアム:アプリケーション特化サイドチェーン入門(7)


With that in mind, in a Twitter-style Decentralized Application running on a blockchain, adjustable security can enable higher throughput while submitting “checkpoints” to the main-chain in order to declare the finality of the data so far.
それを念頭に置いて、ブロックチェーン上で走っているツイッター式の分散アプリケーションで、調節可能な機密保持がこれまでのところデータの決着を宣言するために、メインチェーンに「チェックポイント」を提出している間に、より高い処理負荷を可能にできます。

Now that we have described a way to scale DApps, what would happen if an entity gathered too much power, due to a potentially relaxed security model, and was able to control a sidechain?
我々が DApps の拡張方法を説明した今、もしある実体が潜在的にリラックスしたセキュリティ・モデルのために、あまりに多くの力を集めて、そして サイドチェーンをコントロールすることが可能であったなら何が起きるでしょうか?

Achieving independence through hard-forks
ハードフォークを通して独立性を達成

In centralized communities such as a subreddit, sometimes a toxic moderator gets into place, starts censoring messages according to his agenda, and eventually tears that community apart.
subreddit のような中央集権型コミュニティーでは、時々有毒な仲介者が間に入って、彼のアジェンダに従ってメッセージを検閲し始め、最終的にその共同体をばらばらに引き裂きます。

In multiplayer games such as World of Warcraft, sometimes a massive change is implemented against community consensus, leaving no option for users to protest − they’re forced to either accept it or quit the game. Even Vitalik Buterin washorrifiedby these events!
ウォークラフトの世界のようなマルチプレイヤーゲームでは、時々大規模な変更が、共同体同意に対して実行されます。そしてユーザーには抗議するために選択肢を残しません。−彼らはそれを受け入れるか、あるいはゲームをやめることを強いられます. Vitalik Buterin さえこれらの事象によりぞっとしました!

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:49| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

百万利用者の DApps イーサリアム:アプリケーション特化サイドチェーン入門(3)



Meawhile, there is a clear demand for scaling solutions that worktoday, in order to handle the needs of real-world decentralized applicationns without completely overwhelming the Ethereum network. If something as trivial as CryptoKitties can make Ethereum unusable, how will it handle something on the scale of StarCraft with millions of users?”
一方、今日効果がある拡張性ソリューションのために明確な需用があります。それは、完全に イーサリアムネットワークを圧倒しないで実世界の分散的なアプリケーションの必要を処理することです。 もし CryptoKitties と同じぐらい些細な何かが イーサリアムを使用できなくする可能性があるなら、それはどのように何百万というユーザーとStarCraft の拡張で何かを処理するでしょうか?」

“You could run StarCraft on the blockchain. Those kinds of things are possible. High level of security and scalability allows all these various other things to be built on top. Ethereum is a secure base layer that doesn’t have too many features.”Vitalik Buterin
「あなたはブロックチェーン上に StarCraftを運営することができであろう。それらの種類のことは可能です。高いセキュリテイレベルと拡張性がその上に構築されるべきこれらすべてのさまざまな他のことを可能にします –イーサリアムはあまりに多くの機能を持っていない安全な基礎のレイヤです。」−  Vitalik Buterin

This article’s goal will be to describe how scaling on Ethereum can be achieved throughapplication-specific sidechains,which can have a more customizable “rule-set”, while at the same time maintaining the security of the Ethereum mainchain.
この投書のゴールは イーサリアム上の拡張が、どのように アプリケーション特化 サイドチェーンを通して達成されることができるか記述します。それは、いっそうカスタマイズ可能な「規則集合」を持つことができ、同時に イーサリアムのメインチェーン の機密保持を維持します。


=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 08:42| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

Infuraが イーサリアムインフラストラクチャー秘密の武器である理由(5)


Infura’s modular scaling solutions unlock essential network capacity for any project that is or expects to be pushing large amounts of traffic through the Ethereum Network. “With an ever-growing blockchain, keeping a local node synced and up to date has traditionally presented challenges that typically relate to a combination of storage, bandwidth and memory usage,” says Cocchiaro. “Additionally, ICOs and other high-traffic dapps have concerns of scaling, sometimes transient, sometimes more permanent, which are not easily solved with local infrastructure.”
Infura のモジュール式の拡大縮小ソリューションはあるがまま、あるいは大量のトラッフィックを イーサリアム回線網を通して押しつけていることを期待するどんなプロジェクトのためにでも不可欠な回線網容量をアンロックします。 「常に成長しているブロックチェーンで、ローカルノードを同期されていて、更新させておくことは伝統的に典型的に記憶装置、帯域幅とメモリ使用の結合体に関連しているチャレンジを提供してきました」と コチャロ氏が言います。 「さらに、ICOと他の高トラッフィクの dapps は、ローカルなインフラストラクチャーで容易に解決されない拡大縮小や時々過渡的、時々いっそう常置に懸念があります。」

The range of projects that utilize Infura’s network is broad. For example, MetaMask uses Infura with a zero-client approach, connecting to Infura’s remote infrastructure in order to serve over one million installed users. Some projects − like Mist and Status − are working towards utilizing a hybrid approach that relies on Infura’s remote nodes in moments of network stress. In cases where scale is the main concern, like that of CryptoKitties,Infura worked together with developers across the ecosystemto keep the network running smoothly.
Infura の回線網を利用するプロジェクトの範囲は広いです。 例えば、 MetaMask はゼロ クライアント アプローチで Infura を使い、 100万を超えるインストールされたユーザーに仕えるために Infura のリモートインフラストラクチャーに接続します。 若干のプロジェクトは−MistとStatusのように−回線網ストレスの瞬間で Infura のリモートノードに頼るハイブリッドの方法を利用しようと努めています。 拡大縮小が CryptoKitties のそれのような主な関心であるケースで、回線網を順調に走らせておくためにInfura はエコシステムにまたがり開発者と一緒に取り組みました -。

=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ=====================================================================


posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:43| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

Infuraが イーサリアムインフラストラクチャー秘密の武器である理由(3)


“Our mission is to facilitate access to Ethereum and the opportunities it provides,” says Infura Lead Systems Engineer Nicola Cocchiaro. “We’ve always believed that only through widespread adoption can the enormous potential of Ethereum be fully realized. One of the ways that we aim to help achieve that goal is by providing infrastructure as a service. Over the the last two years, this has put us in a privileged position to witness the growth of the Ethereum ecosystem firsthand, and the growth has been explosive both for it and us.”

「我々の活動はそれが提供するイーサリアム へのアクセスと機会を促進するはずです」、と Infura リードシステム・エンジニア、ニコラ コッチャロ氏が言います。 「広範囲にわたる採用を通してのみ、 イーサリアムの巨大な潜在能力が完全に認識されると、我々は常にそう信じてきています。 そのゴールを達成するたすけとなる我々が狙う方法の1つはサービスとしてのインフラを提供することによってです。 ここ2年にわたって、これは直接 イーサリアムのエコシステム増大を目撃する特権的立場に我々を置き、そしてその成長はそれと我々両方共のために(今まで)爆発的となってきています。」

Some numbers on the rise of Infura: “We now have more than 15,000 registered developers, we’re serving over 6 billion API requests per day and transferring roughly 1.6 petabytes of data per month,” says Cocchiaro. “In 2017 alone, we relayed transactions that moved more than 7 million ether, with almost 9 million more so far in 2018. And most of this growth happened over the second half of 2017.”

Infura興隆 の若干の数は次の通り:「我々は今15,000以上の登録されたデベロッパーを持っています、我々は1日に60億以上のAPIのリクエストにサービスしており、そして1カ月におよそ1.6ペタバイトのデータを転送しています」、と コッチャロ氏 が言います。 「それは2017年だけで、7百万以上のイーサを動かした取引を中継し、2018年これまでのところ、我々はほとんど9百万以上となります。そしてこの成長の大部分が2017年の後半にわたって起きました。」


=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:56| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

Infuraが イーサリアムインフラストラクチャー秘密の武器である理由(2)


Building a decentralized future is about more than tokenomics or cryptography, institutional adoption or even regulation. For Ethereum and the entire blockchain ecosystem to grow, it falls on the community to build the infrastructure components that keep the network running. Across the Ethereum network, there is a need for utilities that lower the barrier of entry and simplify access to Ethereum data. Among the most essential of these are Infrastructure-as-a-Service (IaaS) products. Leading the way isInfura, which offers developers a suite of tools to connect their apps to the Ethereum network and other decentralized platforms.
分散した未来を作ることは、トークン経済あるいは暗号、制度上の採用あるいは規制よりさえいっそう多くについてのことです。 イーサリアムと全部のブロックチェーンエコシステムが成長するために、それはネットワークをはし続けさせておくインフラストラクチャーコンポーネントを作ることは、コミュニティーの肩にかかっています。 イーサリアムネットワークじゅうに、参加のバリヤを下げて、そしてイーサリアムデータへのアクセスを単純化するユーティリティーのためのニーズがあります。 これらの最も不可欠なものの中にサービスとしてのインフラ(IaaS)製品があります。 Sono

先達となるのはInfura です。それは、デベロッパーに Ethereum 回線網と他の分散したプラットホームへのそれらのアプリケーションを結ぶ道具の一揃えを提供します。

Many of the blockchain space’s most remarkable projects  −  Metamask,CryptoKitties,UJO,Radar Relay,Cipher Browser,uPort − utilize Infura’s APIs to connect their applications to the Ethereum network. In doing so, Infura provides the fundamental infrastructure required to handle both the short-term spikes that can often occur during token launches and essential, longer-term scaling solutions. An average of 6.5 billion JSON-RPC requests per day on the Ethereum network are channeled through Infura infrastructure, making the project an essential pillar of the ecosystem.
ブロックチェーン空白の最も注目に値するプロジェクトの多く −Metamask 、 CryptoKitties 、UJO 、レーダ中継、 暗号ブラウザー、 uPort などだが−  Infura の API をそうすることにおいて イーサリアムネットワークにそれらのアプリケーションを接続するために利用します、 Infura はトークンの始動やしばしば起こる可能性のある短期の急上昇と不可欠な、より長期の拡張性のあるソリューションの両方を取り扱うために必要とされる基本的なインフラストラクチャーを提供します。 がイーサリアムネットワークで1日あたり平均65億JSON – RPC要求が、そのプロジェクトをエコシステムの不可欠な柱にして、 Infura インフラストラクチャーを通してチャネル化されます。



=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:59| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

はい、倫理はブロックチェーンプロジェクト設計にとって重要(8)


Blockchain has the potential to bring change across areas as diverse as healthcare, education, arbitration, advertising, machine learning and logistics. And as more money flows into cryptocurrencies, the opportunity for disruption is considerable to say the least. The responsibility this places on designers and developers in these projects, and by extension investors who support them, cannot be denied. So let’s have that conversation, and see where it takes us.

ブロックチェーンが医療、教育、仲裁、広告業、機械学習やロジスティクスと同じぐらい多様な分野にわたる変更を持たらす可能性があります。 そしてもっと多くのお金が暗号通貨に流れるから、崩壊の機会は控えめに言ってもかなりあります。 これが、これらのプロジェクトでデザイナーとデベロッパーの上に置く責任は、彼らを支援する拡大する投資家で、否定されることはできません。 それでその会話を持って、そしてそれがどこに我々を連れて行くか見ましょう。

Blockchain

ブロックチェーン

Cryptocurrency

暗号通貨

Ethics

倫理

Philosophy

哲学

Design

設計

--------------------------------------------------------------

これでこの記事の紹介は終わるが、仮想通貨が流出したとか、北朝鮮が絡んでいるのではないかとか、いろいろな話を聞くことが多いが新たな技術の未熟さゆえの設計上の不備もあるだろうが倫理的な観点が無視されると、起こるべくして起きているのかと思わる。新技術は、設計思想はもとより運用する側にも倫理上の哲学が必要となるのであろうか。

=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 06:12| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

はい、倫理はブロックチェーンプロジェクト設計にとって重要(7)


What is to be done? One of my main goals for 2019 is to encourage the conversation around ethics and blockchain projects, and one of the main places I’ll be doing so is here on Medium. Sometimes this might be a short take on the ethics of industry practices such as paying workers in cryptocurrency or key mechanisms such as delegated proof of stake.

何がされるべきですか? 2019年のための私の主なゴールの1つが倫理とブロックチェーンプロジェクトについて会話を促進することで、そして私がそうしているであろうというメイン場所の1つはここ、中間にあります。 時々これは暗号通貨で作業者に支払うこと、あるいは設計された掛け金の証明のような重要なメカニズムのような業界の慣行の倫理に関して短い取り分であるかもしれません。

But the key output I’m aiming to produce in this area is a series of detailed deep dives that assess blockchain projects in terms of how well they meet that set of criteria for ethical design I mentioned earlier. This may also include shining a light any other areas of ethical interest such as a project’s business practices or workplace culture. While I think it is tempting to assess projects before they are live, based entirely on documentation such as their white paper, there is often a huge difference between what a company says it will do, and what actually happens (I know I’m not the only person to learn that difference the hard way). So I’ll tackle projects across a range of stages of development and deployment, or maybe even track them over time. I already have the start of a list of potential subjects, but if any reader has suggestions for projects or companies that they feel I should look at, please let me know.

けれども、私が以前に言及した倫理上のデザインの基準のそのセットにそれらがどれほどうまく合うかに関して、私がこの分野で作成することを目指している主な成果は、ブロックチェーンを評価する一連の詳細な深い探求です。 これは同じくライトをあてることを含むかもしれないプロジェクトの商習慣あるいは職場風土のような倫理上の興味の他のいかなる分野でも. それらが完全に彼らの白書のようなドキュメンテーションに基づいて生きる前に、プロジェクトを評価することは心がそそられると私が思う一方で、会社がそうするであろうと言うことと実際に起きること(私がその不一致、難しい方法を学ぶ唯一の人ではないことを私は知っています)の間にしばしば大きな相違があります。 それで私は広範囲の開発の段階と実装にわたってプロジェクトに取り組むか、あるいは長い間、多分それらを追跡しさえするでしょう。 私はすでに潜在的な主題のリストの開始をしていますが、しかし、もし読者が彼らが私が見るべきであると感じるプロジェクトあるいは会社のために提案があるなら、どうか私に知らせてください。

=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:19| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

はい、倫理はブロックチェーンプロジェクト設計にとって重要(3)


  1. Non-Instrumentalism: Never design technology in which people are merely a part of the machine.
    非工具主義:決して人々が単なる機械の一部に過ぎない技術を設計しないこと。
  2. Self-Determination: Maximise the freedom of those affected by your design.
    自己決定:あなたの設計によって影響を受けている人々の自由を最大にすること。
  3. Responsibility: Anticipate and design for all possible uses.
    責任:すべて可能な利用のために、予測して、設計すること。
  4. Net Benefit: Maximise good, minimise bad.
    ネット利益:良いことを最大に、悪いことを最小にすること。
  5.  Fairness: Treat like cases in a like manner; different cases differently.
    公正:同様のケースは同様の方法で;異なるケースは異なるように扱うこと
  6.  Accessibility: Design to include the most vulnerable user.
    アクセシビリティ:最も脆弱な利用者を含めて考える設計をすること。
  7. Purpose: Design with honesty, clarity and fitness of purpose.
    目的:誠実さや、明瞭度や目的の適合性のある設計をすること。

The obvious question is this: Why should anyone designing a blockchain project care about any of this? There are three reasons − one moral, two pragmatic.
明白な問題はこうです:ブロックチェーンプロジェクトを設計している誰かがなぜこのいずれかのことを気にかけるべきですか? 3つの理由があります−一つはモラル、残りの2つは、実利的な理由です。

The first is that if there’s any sense in talking about moral right and wrong, it kind of follows that you should want to do the right thing, and that this should motivate you to learn better ways to think about making these decisions. In my experience talking university students in STEM and business areas, this is not super-convincing and has the primary effect of causing a great deal of sighing and eye-rolling. So I don’t expect this to get much traction by itself.

まず、最初は、もし道義的な善悪について話をすることにおいて意味があるなら、あなたが正しいことをすることを望むべきであり、そしてこれがあなたにこれらの決定をすることについて考えるもっと良い方法を学ぶ動機を与えるはずであることが続きます。 私の経験でSTEMやビジネスエリアで大学生の話をすると、これは超説得力がなくて、非常に多くのため息や、目が回ることを起こす主な効果を持っています。 それで私はこれがそれ自身で多くのけん引力があることを期待しません。

=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 07:09| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする