2020年01月23日

情報開発と利活用20200123




    • 今日の先端技術情報20200123

      /////////////////////////////////////////////////////////////////////

      先端技術情報

      /////////////////////////////////////////////////////////////////////

      仮想通貨

      韓国大統領委員会、仮想通貨の証券取引所への直接上場を提案 機関投資家による取り扱いにも言及 コインデスク・ジャパン 韓国政府の諮問機関は、デリバティブのような仮想通貨商品の提供を金融機関に許可すべきと述べた。 韓国大統領直下の第4産業革命委員会(PCFIR)は新しい... もうすぐ確定申告、仮想通貨投資の利益は「事業所得」?「雑所得」? コインデスク・ジャパン まもなく確定申告の時期となり、仮想通貨投資家も申告作業に追われるだろう。多くの投資家が気になる点の一つが「仮想通貨で得た利益はどの所得区分になる... トルコ、仮想通貨利用の規制枠組みを策定へ 株式会社CoinPost トルコの金融規制当局は現在、国内における仮想通貨の利用を管理できる新しい規制枠組みを開発する準備中だ。トルコでの仮想通貨に対する関心や利用の...

      ブロックチェーン

      バイドゥ、Dapps開発用ブロックチェーンをローンチ 開発者、中小企業がターゲット コインデスク・ジャパン 中国のインターネット大手、バイドゥ(百度:Baidu)は1月6日(現地時間)、開発者および中小企業向けに、Dapps(分散型アプリケーション)を構築できるブロック... “実用段階”に入ったブロックチェーンとの向き合い方、「解決策」としての進化を解説 ビジネス+IT ブロックチェーンの実用化に向けた取り組みが加速している。数年前にブームとなったブロックチェーンだが、現在はどのような状況にあるのだろうか。ブロック... IBM、コーヒーのサプライチェーン管理へ|ブロックチェーン活用アプリを発表 株式会社CoinPost コーヒーの産地や品質といった情報をブロックチェーンに記録して管理する。消費者は商品のQRコードを読み取るだけでコーヒーの情報を豆の産地まで追跡する...

      AI

      AIセキュリティ運用クラウド「CyberNEO」、新AWS WAF仕様に対応 PR TIMES (プレスリリース) CyberNEOは人間(セキュリティアナリスト)が行うような分析業務をAIで行うことで人間では不可能なセキュリティ分析を可能にします。ウェブサイトのように大量の... エッジAI開発のエイシング、エッジAIのアルゴリズムに特化した専門開発チームを設立 AINOW編集部 (プレスリリース) (ブログ) エッジAIを中心に事業を行う株式会社エイシングが、エッジAIアルゴリズムに特化した研究・開発を推進する専門チーム「Algorithm Development Group(... 口コミからバズ記事生むAIライター。取材も人件費も不要で約300倍成長 BUSINESS INSIDER JAPAN 多くのユーザーの支持を得て拡散された口コミを学習させることで、食の領域で支持されるキーワードや口コミに精通したAIになります。『タピオカ』『低糖質』など... =====================================================================

      人気ブログランキングへhttps://blog.with2.net/rank1055-0.html

      =====================================================================

      NEW!

      1
      テーマ:


    • AIがどのようにすでに我々の日常生活で使われてるかの10の最善事例(2)

      1. Open your phone with face ID顔認証であなたのスマホを開くOne of the first things many people do each morning is to reach for their smartphones. And, when your device gets unlocked using biometrics such as with face ID, it's using artificial intelligence to enable that functionality. Apple’s FaceID can see in 3D. It lights up your face and places 30,000 invisible infrared dots on it and captures an image. It then uses machine learning algorithms to compare the scan of your face with what it has stored about your face to determine if the person trying to unlock the phone is you or not. Apple states the chance of fooling FaceID is one in a million.多くの人々が毎朝する最初のことの1つは彼らのスマートフォンに手を伸ばすことです。 そして、あなたの装置が顔のIDのようなバイオメトリクスを使ってロックを解除するとき、それはその機能性を可能にするために人工知能を使っています。 アップルの FaceID は3Dで見ることができます。 それはあなたの顔を明るくして、そしてそれの上に30,000の見えない赤外線の点を置いて、そして像を写し出します。 それはそれから機械の学習能力アルゴリズムをあなたの顔の走査をそれがスマホをロック解除しようとしている人があなたであるかどうか決定するあなたの顔についてしまっておいたものと比較するために使います。 アップルは FaceID をだますチャンスが百万分の1であると述べます。 =====================================================================

      人気ブログランキングへhttps://blog.with2.net/rank1055-0.html

      =====================================================================

      NEW!

      テーマ:

      情報開発と利活用20200123

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:07| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。