2019年11月19日

2019年に執筆はどのように見えるのだろうか?(5)


Less incentive to write outside of work
仕事以外に書くためのより少ない誘因

This past year’s AI trends tended to focus on convenience. And while that often creates easy-to-use tools, it can also create fewer opportunities, and less incentive, to write. Going forward, that will likely be just as true, especially when considering the opportunities to write outside of work.
これまでの一年間のAI傾向は便利さに焦点を合わせる傾向がありました。 そしてそれがしばしば使いやすい道具を作り出す一方で、それは書くために、同じくより少ない機会とより少ない誘因を作る可能性があります。 話を進めると、それは、仕事以外に書く機会を考慮に入れるとき特に、多分真実と同じようになるでしょう。

“Siri, or her cousins Alexa or whatever, social robots−what they’re doing is they’re going to obviate the need for us to write . . . And with writing, if you don’t use it, you really do lose it. When I haven’t done any serious writing for months . . . I find it hard to get back into the flow of things. Just as if you haven’t ridden a bicycle for a number of years,” says Dr. Naomi Baron, professor of linguistics emerita at American University and author of “Words Onscreen: The Fate of Reading in a Digital World.”
「シリ、あるいは彼女のいとこアレクサあるいは何でも、ソーシャルロボット −それらがしていることは、それらが我々の書く必要を取り除こうとしているということです・・・。 そして執筆で、もしあなたがそれを使わないなら、あなたは本当にそれを失います。 私が数カ月間もどんな重大な執筆でもしなかった時・・・ 私はことの流れに戻ることが難しいことを見いだします。 ちょうど、あなたが何年もの間自転車に乗らなかったかのように」と、アメリカン大学の名誉退職の言語学の教授で「スクリーン上の言葉:デジタル世界で読書の運命」の著者、ナオミ・バロン博士が言います。


=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:32| 千葉 🌁| Comment(0) | 人工知能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。