2019年11月11日

2018年:AIパワー意思疎通の年(5)


But for those that do use AI, they’re not only becoming more independent, they’re getting smarter and chattier, too.
けれどもAIを使う人たちのために、それらは単にいっそう独立しているわけではありません、同じく、彼らはもっと頭が良くて、そしてもっと話し好きになっています。

“This past year has seen really incredible developments in conversational agents, including chatbots that you can talk to in more natural ways to conversational robots that act like a personal assistant and make restaurant reservations for you−and have the same intonation and pauses as a real person speaking,” says research scientist Napoles.
「これまでの一年間、個人秘書のように振る舞って、そしてあなたのためにレストラン予約をして − そして実在の人物と同じイントネーションや詰まりながら話をあなたが対話型ロボットにいっそう自然な方法で話をすることができるチャットボットを含めて、対話型エージェントにおける本当に信じ難い開発を見てきています。」と、研究専門の科学者、ナポレスが言います。

More focus on style
スタイルに対するもっと多くの焦点

There are so many ways to say the same thing. Take the phrase, “thank you,” for example. You could say “much appreciated,” or “thanks,” or if you’re feeling uber-zen, and are amongst friends who get you, you could say “peace, love, gratitude.” With many options come a plethora of ways for things to go wrong. So the context of the conversation is the key factor to avoid communication missteps.
同じことを言うそれほど多くの方法があります。 例えば句、「ありがとうございます」を例にとると。 あなたは「非常に感謝」、あるいは「多くの感謝」、あるいは、もし、あなたが人間離れを感じて、あなたの友人たちの間でいるなら、あなたは「平和、愛、感謝。」と言うことができるだろう。 多くの選択でものごとが間違った方に行く過剰な方法が来ます。 それで会話の文脈はコミュニケーションの過失を避けるために鍵となる要因です。


=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:07| 千葉 ☔| Comment(0) | 人工知能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。