2019年11月08日

2018年:AIパワー意思疎通の年(2)


More smart replies, less original writing
いっそうスマートな応答、それほど独創的でない執筆

It used to be that writing an email meant starting from scratch or using a canned response when appropriate. But now, thanks to things like G Suite’s new smart compose feature, you don’t even have to devote much energy to craft quick replies. You start typing, and words and phrases automatically populate, thereby saving you time. It’s one of those effortless features that is a basic function of AI. But this kind of effortlessness can have consequences, especially when the tech is relatively new.
それは電子メールを書くが、適切であるとき、ゼロから始めるか、あるいは紋切り型の回答を使うことを意味したものでした。 けれども今、G Suite の新しい賢い作文機能のようなもののおかげで、あなたは速い返答を作りあげるためにたくさんのエネルギーを費やす必要さえありません。 あなたはタイプを始め、そして言葉と句が自動的に、代入され、それによって、あなたのために時間を節約します。 それはAIの基本機能であるそれらの労力を要さない機能の1つです。 けれども、この種類の努力不要なことは何らかの結果をもたらす可能性があります。特に、技術が比較的新しいとき、

“The balance between what we write and what we think is changing,” says Dr. Naomi Baron, professor of linguistics emerita at American University and author of “Words Onscreen: The Fate of Reading in a Digital World.” And that change, she says, may not be for the best since it can get people stuck in vocabulary ruts, a phenomenon that’s amplified on devices like smartphones, where that kind of AI has been a standard feature for years.
「我々が書くものと考えるものの間のバランスは変化しています」と、アメリカン大学の名誉退職の言語学教授、「スクリーン上の言葉:デジタル世界での読書の運命」の著者、ナオミ・バロン博士が言います。 そしてその変化は、それが人々に語彙の決まりきったことの繰り返しをさせ、スマートフォンのような装置上で拡大される現象に突っ込まれる可能性がありますから、結果的にはかえって良くないかもしれません、そこでは、その種類のAIが何年もの間標準の機能であったと彼女が言います。


=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:25| 千葉 ☀| Comment(0) | 人工知能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。