2019年10月30日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(6)


The GDPR initiative probably had only CRUD in mind (“you are always able to Delete information”) when dealing with basic operations on persistent storage. The fact that this doesn’t match with blockchain technology creates some friction. Now, because there is no definition in GDPR of “erasure of data” attechnology is not acceptable as ‘erasure of data’ according to GDPR.
GDPR イニシアティブは、絶え間ない蓄積で基本操作に対処するとき、おそらく心にCRUDを持っていました(「あなたは 情報削除が常に可能です」)。これがブロックチェーン技術と調和しないという事実は若干の不和を引き起こします。 今、この時点で「データの抹消」の定義がGDPRでないから、あなたはおそらくこれを厳しいと解釈する必要があります、ブロックチェーン技術で個人情報を暗号化するあなたの暗号化キーを廃棄することは GDPR によれば、「データの抹消」として受容できないことを意味します。

The Workaround
回避策

Of course, this has consequences on what we can store on a blockchain. Storing personal data on a blockchain is not an option anymore according to GDPR. A popular option to get around this problem is a very simple one: You store the personal data off-chain andstore the referenceto this data, along with ahashof this data and other metadata (like claims and permissions about this data), on the blockchain. To see how this works in a permissioned blockchain, consider the picture below. There are 2 companies (called BlueCompany and GreenCompany) with each there own back-ends, both connected to a blockchain.
もちろん、我々が何をブロックチェーン上にしまっておくことができるかについて、これは結果を持っています。 個人情報をブロックチェーンに蓄積することは GDPR によれば、もう選択ではありません。 この問題を回避する人気が高い選択は非常に単純なものです: あなたは チェーンから離れたところに個人情報を蓄積し、ブロックチェーン上のこのデータと他のメタデータ(このデータについての クレームと認可のような)、このデータの ハッシュとともに参照基準を蓄積します。 認可ブロックチェーンでこれがどのようにうまくいくか見るために、下記の図を考慮してください。 自分自身のバックエンドを各々持っていて、両方ともブロックチェーンに関係した2つの会社(BlueCompanyとGreenCompanyと呼ばれる)があります。

=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:33| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。