2019年10月29日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(5)


The GDPR part
GDPR部

The complete official GDPR document can beconsultedfreely on the internet. The term ‘erasure’ and ‘erase’ are found 12 times in this document at the time of this writing (the website offers an easy search method).

完全な公式の GDPR ドキュメントは自由にインターネット上で相談することができます。 「抹消」と「削除」という用語はこの執筆の時点でこのドキュメントで12回見いだされます。(ウェブサイトは容易な検索方法を提供します)

An important aspect of GDPR on blockchain is the fact that personal data is not to leave the EU. This is a major problem withpublicblockchains, since there is no control on who hosts a node. This is less an issue when it comes toprivateorpermissionedblockchains. To tackle this problem,IPDBset up a foundation that could insure data stays in the EU because it is public accessible (client) but permissioned hosted (node) blockchain.

ブロックチェーン上の GDPR の重要な局面は個人情報がEUには残さないという事実です。これは公開ブロックチェーンで大きな問題ですなぜなら、誰がノードの主人役を務めるかについて、コントロールがないからです。 これは - 私的 あるいは認可されたブロックチェーンの話になるとそれほど問題ではありません。この問題に取り組むため、 IPDB は、それが公共のアクセス可能な(クライアント)だが 認可され主催された(ノード)ブロックチェーンであるから、EUでのデータ滞在に保険を掛けることができる財団を設立しました。

There is also aseparate section − Art. 17 − on ‘Right to be Forgotten’. This concept is clearly an important one regarding ‘erasure of data’. However, not anywhere in the document, not even in thedefinitions part − Art. 4 − is there any explanation of what the termerasure of dataactually means.
同じく「忘れられる権利」についての別個のセクション「17条」 があります。 この概念は「データの抹消」に関して明らかに重要なものです。 しかしながら、ドキュメントのどこにも、4条の定義の部分にも、用語「データの抹消」 が実際に何を意味するかのいかなる説明もありません。

=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:18| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。