2019年10月28日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(4)


Instead, operations on blockchain can be described as CRAB:Create-Retrieve-Append-Burn.This concept of ‘CRAB’ is invented by the folks fromBigChainDB. TheCreateandRetrievedon’t need explanation. TheAppend,which replacesUpdate, means that you can only appendnewtransactions to a blockchain technology, therefor changing the ‘world state’ (sum of all past events/transactions up until now). According to BigChainDB, theBurnoperation in CRAB means that youthrow away the encryption keys, so you are unable toAppendnew transactionsand change the world-state any further of this asset.
その代わりに、ブロックチェーンのオペレーションはCRABと記述されることができます: つまり作成、検索、付加、焼却です。 「CRAB」のこの概念はBigChainDBの人々によって発明されます。 作成 と 検索は説明を必要としません。 更新に取って代わる 付加 は、ブロックチェーン技術に新しい取引を付加しかできないことを意味します。そのために、あなたが「世界の状態」(今までのすべての過去の出来事 / 取引の合計)を変更します。BigChainDB によれば、CRABの焼却オペレーションはあなたが暗号化キーを廃棄することを意味し、それであなたは新しい取引を付加して、そしてさらにそれ以上この資産の世界の状態を変えることができません。

Instead offorgettingyour encryption key, you can also set the transaction to an “unsolvable” private keyby choosing a completely random public key, thereby locking yourself and everyone else out. When using the CRAB terminology on other blockchain technologies, you could also − for example − interpret theBurnoperation asthrowing away encryption keys so you are unable to decrypt the actual datathat is written on a blockchain technology. But we will come back to this.
あなたの暗号化キーを忘れる代わりに、あなたは、それによってあなた自身とほかの皆をロックアウトして、完全に任意の公開キーを選ぶことによって、同じくトランザクションを「解決不可能な」秘密キーにセットすることができます。 他のブロックチェーン技術でCRAB専門用語を使うとき、あなたは− 例えば − 焼却オペレーションを暗号化キーを廃棄していると解釈し。それで、あなたがブロックチェーン技術の上に書かれる実際のデータを解読することができません。 けれども我々はここに戻ってくるでしょう。

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:19| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。