2019年10月27日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(3)


Transparency
透明性

As an individual, you can browse through the complete history of all bitcoin transactions, making the transactions on thispublicblockchaintechnology completely transparent. Transparency inprivateblockchains is another matter, but it is still guaranteed in other ways.

個人として、あなたは、この公開ブロックチェーン技術上の取引を完全に透明にして、すべてのビットコイン取引の完全な歴史に目を通すことができます。 私的 ブロックチェーンの透明性は別の問題ですが、しかしそれは他の方法でまだ保証されています。

Public vs Permissioned
公開 対 認可

This post will be focused onpermissionedblockchains − where nodes are permissioned hosted − although a lot of arguments below are still applicable to public blockchains.

この投稿は 認可ブロックチェーンに焦点を合わせられるでしょう-−そこではノードが 認可でホストされている − 下記の多くの議論がまだ公開ブロックチェーン に適用可能だけれども。

CRUD vs CRAB
クラッド 対 クラブ

CRUD stands for Create-Read-Update-Delete. These are thebasic operations of persistent storage. Now remember from the basic blockchain topics mentioned above, that you cannot delete written transactions on a blockchain. Even updating existing transactions cannot be done, since they are immutable. Therefore the ‘CRUD’ operations are not the droids you are looking for!
CRUDは作成、読む、更新、削除を意味します。これらは持続する蓄積の基本操作です。今、上に述べた基本的なブロックチェーントピックから、ブロックチェーンに書き込まれた取引不可能であることを思い出してください。 それらが不変ですから、既存の取引を更新するさえできません。そのために「クラッド」オペレーションはあなたが探している アンドロイドではありません!

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:40| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。