2019年10月26日

ブロックチェーン-GDPR パラドックス(2)


The Blockchain part
ブロックチェーン部分

To explain why GDPR has to opposite effect in certain area’s when applied to blockchain technology, we need to go over some basic concepts first.
GDPR が、ブロックチェーン技術に適用されるとき、なぜ特定の分野で反対の効果を持っているか説明するために、我々は最初に若干の基本概念を繰り返す必要があります。

Encryption and hashing
暗号とハッシュ

Both encryption and hashing are fundamental to blockchain technologies. In short, hashing is a one-way transformation of data to an unreadable piece of data (hashvalue). With encryption you can have a two-way transformation: You encrypt data with a certain key, so it becomes unreadable. With this key you can always decrypt this unreadable piece of data to the original value.
暗号化とハッシュの 両方がブロックチェーン技術にとって重要です。要するに、ハッシュとは 読めない1つのデータへのデータの一方向の変換(hashvalue)です。暗号化で あなたは双方向の変換を持つことができます:あなたはあるキーでデータを暗号化し、それでそれは読めなくなります。 このキーであなたは常にこの読めない1篇のデータを元の値に解読することが可能です。

Immutability of transactions
取引の不変性

By now, you will have heard that transactions on a blockchain are immutable. You cannot change these transactions once they are written on a blockchain. You cannot delete this data, since this would ‘break the chain’ in a sense, rendering the complete blockchain useless.
今までに、あなたはブロックチェーンの取引が不変であるということを耳にしたでしょう。 彼らがブロックチェーン上に書かれた途端、あなたはこれらの取引を変えることができません。これが、完全なブロックチェーンを無用にして、ある意味で「鎖を壊す」であろうから あなたは、このデータを削除することができません。

=====================================================================


人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:20| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。