2019年10月06日

第9部:結論 アントニー・ルイス著 ビットコインとブロックチェーンの基礎から抜粋(5)


However, public blockchains are suffering growing pains as they grow in transaction volume and throughput. In recent years both Bitcoin and Ethereum have had periods of stress where miners couldn’t process transactions quickly enough, causing backlogs. Engineers are working on solutions to these problems, and concepts such as shadring and state channels can allow public blockchains to scale.
しかしながら、ブロックチェーンがトランザクション量と処理負荷で増大するにつれて、公開ブロックチェーンが成長痛を被っています。 近年 ビットコインと イーサリアム両方は鉱夫が、未処理の仕事の原因となり、十分速く取引を処理することができなかったストレスの期間を持ってきていました。 エンジニアがこれらの問題に対する解決に取り組んでいます、そして断片化や状態チャンネルのような概念が公開ブロックチェーンに拡張性を可能としています。

Forks and chain splits will become more problematic due to the confusion that they create (which is the ‘real’ blockchain and which is the fork?). Proof-of-work is energy intensive and is polluting the planet. Ethereum may move from proof-of work to proof-of-stake, a much less energy intensive block writing mechanism, and if successful, other blockchains may follow suit.
フォークとチェーンの分割は(「実際の」ブロックチェーンで、そしてそのフォークである?)彼らが作る混乱のためにいっそう問題になるでしょう。 仕事の証明はエネルギー集中的であって、惑星を汚染しています。 イーサリアムは仕事の証明から「掛け金の証明」、それほどエネルギー集中的でないブロック書き込みメカニズムに移行するかもしれません、そしてもし成功しているなら、他の ブロックチェーンが同様の措置をするかもしれません。

As the amount of value recorded on blockchains increases, governance will too become increasingly important. Platforms with no formal governance may not be acceptable to some users. A public ledger called Hadera Hashgraph is experimenting with having a formal governance structure over a public and accessible distributed ledger.
ブロックチェーンに記録された値の量が増加するので、統治もまた、ますます重要になるでしょう。 正式の統治がないプラットホームは若干のユーザーにとって受け入れられないかもしれません。 ハデラ ハッシュグラフと呼ばれる公開元帳が公開のアクセス可能な分散元帳の上に正式の統治構造を持つことで実験しています。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 08:42| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。