2019年09月28日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(65)


The verifying node would provide the index i , along with a "proof of invalidity" consisting of the subset of Patricia tree nodes needing to process  APPLY(S[i-1],TX[i])  ->  S[i]  . Nodes would be able to use those Patricia nodes to run that part of the computation, and see that the  S[i]   generated does not match the  S[i]   provided.
APPLY(S[i-1],TX[i])  ->  S[i]を処理するのに必要とするパトリシアツリーノードのサブセットから成り立つ「失効の証明」に従い検証ノードはその指標iを与えるだろう。 ノードは電算のその部分を走らせるため、そしては生成されたS[i]が提供されたS[i]合わないこと分かるため、それらのパトリシアノードを使うことが可能になるだろう。

Another, more sophisticated, attack would involve the malicious miners publishing incomplete blocks, so the full information does not even exist to determine whether or not blocks are valid. The solution to this is a challenge- response protocol: verification nodes issue "challenges" in the form of target transaction indices, and upon receiving a node a light node treats the block as untrusted until another node, whether the miner or another verifier, provides a subset of Patricia nodes as a proof of validity.
もう1つ別の、精巧な攻撃は不完全なブロックを発行している悪意がある鉱夫を巻き込むでしょう、それですべての情報はブロックが正当であるかどうか決定するために存在さえしません。 これに対する解決は挑戦応答プロトコールです: 検証ノードが対象の取引きインデックスのかたちで「挑戦」を発行し、そしてノードを受け取るや否や、もう1つのノードが、鉱夫あるいは別の検証者であるかにかかわらず、パツリーシアノードのサブセットを妥当の証明として提供するまで、ライトノードがブロックを信頼できないものとして扱います。

Putting It All Together: Decentralized Applications
そのすべてをまとめ上げる:分散アプリケーション

The contract mechanism described above allows anyone to build what is essentially a command line application run on a virtual machine that is executed by consensus across the entire network, allowing it to modify a globally accessible state as its “hard drive”. However, for most people, the command line interface that is the transaction sending mechanism is not sufficiently user-friendly to make decentralization an attractive mainstream alternative. To this end, a complete “decentralized application” should consist of both low-level business-logic components, whether implemented entirely on Ethereum, using a combination of Ethereum and other systems (eg. a P2P messaging layer, one of which is currently planned to be put into the Ethereum clients) or other systems entirely, and high-level graphical user interface components.
上記の契約メカニズムは誰かが、その「ハードドライブ」としてそれがグローバルにアクセス可能な状態を修正することを可能にして、ネットワーク全体にわたって本質的にコンセンサスによって実行されるバーチャルマシン上で走らせられたコマンドラインアプリケーションであるものを作ることを可能にします。 しかしながら、たいていの人々のために、トランザクション送信側メカニズムであるコマンド行インタフェースは分散化を1つの魅力的な主流の変形にするのに十分ユーザフレンドリーではありません。 これを目指して、完全な「分散アプリケーション」は、イーサリアムの組合せと他のシステム(例えば、その1つがピア・ツー・ピアメッセージ交換レイヤが イーサリアムクライアントに入れられることを現在計画中)あるいは完全に他のシステムとレベルが高いグラフィカル・ユーザインタフェースコンポーネントを使って、イーサリアム上に完全に実装されるか否かにかかわらず、両方の低レベルのビジネス - ロジックコンポーネントでできているべきです。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:48| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。