2019年09月07日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(44)


The contract would then have clauses for each of these. It would maintain a record of all open storage changes, along with a list of who voted for them. It would also have a list of all members. When any storage change gets to two thirds of members voting for it, a finalizing transaction could execute the change. A more sophisticated skeleton would also have built-in voting ability for features like sending a transaction, adding members and removing members, and may even provide for Liquid Democracy-style vote delegation (ie. anyone can assign someone to vote for them, and assignment is transitive so if A assigns B and B assigns C then C determines A's vote). This design would allow the DAO to grow organically as a decentralized community, allowing people to eventually delegate the task of filtering out who is a member to specialists, although unlike in the "current system" specialists can easily pop in and out of existence over time as individual community members change their alignments. 
それから、契約は、これらのそれぞれに対する条項を持っているでしょう。 それは、誰がそれらに賛成投票をしたかのリストで、すべてのオープンの磁気コア記憶装置の変化の記録を維持するでしょう。 それは同じくすべてのメンバーのリストを持つでしょう。 どんな磁気コア記憶装置の変化でもそれに賛成投票をしているメンバーの3分の2に到着するとき、完成させる取引きが変化を実行することができるでしょう。 いっそう洗練されたひな形は、取引きの送信や、メンバーを加えたりメンバーを削除することのような特性のために同じく組み込み投票能力を持っているでしょう、そして液体民主主義様式の投票委任を与えることさえするかもしれない(例えば、誰かが誰かに彼らのために投票することを割り当てることができます。割り当ては一時的なもので、だから、もしAがBを割り当て、そしてBがCを割り当てるなら、その時はCが A の票を決定します)。 この設計は DAO が、分散したコミュニティーとして有機的に発展することを可能にし、メンバーである人々あ最終的に専門家にろ過する仕事を委任することを可能にしています。けれども、「現在の方式」の場合と異なり、個別の地域メンバーが彼らの割り当てを変えるとき、専門家が容易に中に飛び込んだり、その存在から容易に飛び出ることができます。 

An alternative model is for a decentralized corporation, where any account can  have zero or more shares, and two thirds of the shares are required to make a decision. A complete skeleton  would  involve  asset  management  functionality, the ability to make an offer to buy or sell shares, and the ability to accept offers (preferably with an order-matching mechanism inside the contract). Delegation would also exist Liquid Democracy-style, generalizing the concept of a "board of directors". 
代替モデルは分散した会社のためです、そしてそこでどんなアカウントでもゼロ以上の株持っていて株の3分の2が決定のために要求されます。 完全なひな形が資産管理機能性、株を売り買いする申し出をする能力と(契約内でなるべく注文マッチングメカニズム)申し出を受け入れる能力を伴うでしょう。 委任が同じく、「理事会」の概念を一般化して、液体民主主義風に存在するでしょう。 

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:24| 千葉 🌁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。