2019年09月05日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(42)


 


The key underpinning piece of such a device would be what we have termed the "decentralized Dropbox contract". This contract works as follows. First, one splits the desired data up into blocks, encrypting each block for privacy, and builds a Merkle tree out of it. One then makes a contract with the  rule  that,  every  N blocks, the contract would pick a random index in the Merkle tree (using the previous block hash, accessible from contract code, as a source of randomness),  and give X ether to the first entity to supply a transaction with a simplified   payment verification-like proof of ownership of the block at that particular index    in the tree. When a user wants to re-download their file, they can use a micropayment channel protocol (eg. pay 1 szabo per 32 kilobytes) to recover the file; the most fee-efficient approach is for  the  payer  not  to  publish  the transaction until the end, instead replacing the transaction with a slightly more lucrative one with the same nonce after every 32 kilobytes.
このような装置の重要な支柱の部分は我々が「分散Dropbox契約」と呼んできたものかもしれない。 この契約は次のように働きます。 最初に、ある人は、プライバシイのためにそれぞれのブロックを暗号化して、それから出る Merkle ツリーを作ります。ある人はそれから規則を持つ契約書を作り、Nブロック毎にブロックの中に望ましいデータを分けて、そして、契約書はMerkle ツリーの任意の指標を選んで(偶発性の源として契約コードからアクセス可能な前のブロックハッシュを使う)、そしてそのツリーであの特定の指標において取引きにブロックの所有権の証明のような単純化された支払い検証を供給するため、最初の実体にXイーサを与えます。 利用者が彼らのファイルを再度ダウンロードすることを望むとき、彼らはマイクロペイメントチャンネルプロトコール(例えば、32キロバイト毎に1 szabo を支払う)をファイルを再生するために使うことができます; 最も費用の効率的なアプローチは支払人が、終わりまで取引きを発表しないことでその代わりに取引きを32キロバイトごとの後の同じ乱数を持っている少しより儲かるものに取り替えます。

An important feature of the protocol is that, although it may seem like one is trusting many random nodes not to decide to forget the file, one can reduce  that risk down to near-zero by splitting the file into many pieces via secret sharing, and watching the contracts to see each piece is still in some node's possession. If a contract is still paying out money, that provides a cryptographic proof that someone out there is still storing the file.
プロトコールの重要な機能は、ある人がファイルを忘れることを決めない多くのランダムなノードを信頼しているように思われるかもしれないけれども、ある人が、秘密の共有を介して、そのファイルを多くの小片に分割することによって、また、各部分がまだ若干のノードの所有権にあることを見るため契約をじっと見ることによってそのリスクをゼロに近いものまで減らすことができるということです。 もし契約書がもう金を支払っているなら、それは誰かがそこにまだファイルを蓄積しているという暗号の証明を提供します。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:38| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。