2019年08月28日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(35)


The Ethereum blockchain is in many ways similar to the Bitcoin blockchain, although it does have some differences. The main difference between Ethereum and Bitcoin with regard to the blockchain architecture is that, unlike Bitcoin (which only contains a copy of the transaction list), Ethereum blocks contain a copy of both the transaction list and the most recent state. Aside from that, two other values, the block number and the difficulty, are also stored in the block.
それが若干の相違を持っているけれども、 イーサリアムの ブロックチェーンはいろいろな意味でビットコインのブロックチェーンに類似しています。 ブロックチェーンアーキテクチャに関しての イーサリアムとビットコインの間の主な相違は、 ビットコインと異なり、(ただ取引きリストのコピーを含んでいるだけだが)イーサリアムのブロックは取引きリストと最も最近の状態の両方のコピーを含みます。 それは別として、ブロック番号と困難の2つの他の値は、同じくブロックに蓄積されます。

The basic block validation algorithm in Ethereum is as follows:
イーサリアムの基本ブロック検証アルゴリズムは次の通りです:

  1. Check if the previous block referenced exists and is valid.
    参照された前のブロックが存在して、そして妥当であるかどうか点検。
  2. Check that the timestamp of the block is greater than that of the referenced previous block and less than 15 minutes into the future
    ブロックのタイムスタンプが参照された前のブロックのそれより大きいか、それから15分未満であることを点検
  3. Check that the block number, difficulty, transaction root, uncle root and gas limit (various low-level Ethereum-specific concepts) are valid.
    ブロック番号、困難、取引きルーツ、叔父ルーツとガス限界(さまざまな低レベルの イーサリアムに特定された概念だが)が妥当であることを点検。
  4. Check that the proof of work on the block is valid.
    ブロック上の仕事の証明が妥当であることを点検。
  5. Let S[0] be the state at the end of the previous block.
    S[0]が前のブロックの終わりの状態であるようにする。
  6. Let TX be the block's transaction list, with n transactions. For all in in 0...n-1, set S[i+1] =APPLY(S[i],TX[i]). If any applications returns an error, or if the total gas consumed in the block up until this point exceeds the GASLIMIT, return an error.
    TX が、n取引で、ブロックの取引リストであるようにしてください。 0...n-1ですべてのためにS[i+1] =APPLY(S[i],TX[i])をセット。 もしアプリケーションがエラーを返すなら、あるいはもしこのときまでブロックで消費される完全なガスが GASLIMIT を超えるなら、エラーを返してください。
  7. .Let  S_FINAL   be  S[n]  , but adding the block reward paid to the miner.
    S_FINAL がS[n]  にすること、しかし鉱夫に払われるブロック報酬を加えること。
  8.  Check if the Merkle tree root of the state  S_FINAL   is equal to the final state root provided in the block header. If it is, the block is valid; otherwise, it is  not valid.
    状態 S_FINAL の Merkle ツリーの根がブロックヘッダで供給される最終状態ルーツと等しいか点検。 もしそうであるなら、ブロックは妥当です;さもなければ、それは妥当ではありません。
=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:31| 千葉 ☔| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。