2019年08月19日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(26)


3.  Agility: details of the Ethereum protocol are not set in stone. Although we will be extremely judicious about making modifications to high-level constructs, for instance with the sharing roadmap, abstracting execution, with only data availability enshrined in consensus. Computational tests later on in the development process may lead us to discover that certain modifications, e.g. to the protocol architecture or to the Ethereum Virtual Machine (EVM), will substantially improve scalability or security. If any such opportunities are found, we will exploit them.
機敏さ: イーサリアムプロトコールの細部が変更不能ではありません。 我々は、レベルが高い構成概念に修正をすることについて、極めて賢明であるだろうけれども、例えば共有ロードマップで実装を要約して、データ利用可能率だけが意見一致で大切にされるという状態を伴います。 開発の過程でその後での電算テストが我々をある特定の修正を見いだすように、例えば、プロトコールアーキテクチャにあるいは イーサリアム仮想マシン(EVM)に我々を導くかもしれませんが、十分に拡張性あるいは安全保障を改善するでしょう。もしそのような機会が見いだされるなら、我々はそれらを利用するでしょう。

4.  Non-discrimination and non-censorship:the protocol should not attempt to actively restrict or prevent specific categories of usage. All regulatory mechanisms in the protocol should be designed to directly regulate the harm and not attempt to oppose specific undesirable applications. A programmer can even run an infinite loop script on top of Ethereum for as long as they are willing to keep paying the per-computational-step transaction fee.
非差別と非検閲:プロトコールは積極的に利用の特定のカテゴリーを制限するか、あるいは妨げようと試みるべきではありません。 そのプロトコールでのすべての規制上のメカニズムは直接危害を規制して、そして特定の望ましくないアプリケーションを妨害しようと試みないよう設計されるべきです。 彼らが一電算ステップ毎の取引手数料を支払い続けることをいとわない限りずっと長い間、プログラマーが イーサリアム上に無限ループスクリプトを走らせさえすることができます。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:52| 千葉 🌁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。