2019年08月18日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(25)


1.     Universality: a fundamental part of Ethereum's design philosophy is that Ethereum does not have "features".fn. 5 Instead, Ethereum provides an internal Turing-complete scripting language, which a programmer can use to construct any smart contract or transaction type that can be mathematically defined. Want to invent your own financial derivative? With Ethereum, you can. Want to make your own currency? Set it up as an Ethereum contract. Want to set up a full-scale Daemon or Skynet? You may need to have a few thousand interlocking contracts, and be sure to feed them generously, to do that, but nothing is stopping you with Ethereum at your fingertips.
普遍性: イーサリアム のデザイン哲学の基本的な部分は イーサリアムが「機能」fn. 5を持っていないということです。 その代わりに、 イーサリアムは内部チューリング - 完全なスクリプト言語を提供します。プログラマーが数学上明確であり得るどんなスマート契約あるいは取引きタイプでも組み立てるために使うことができるあなた自身の金融派生商品を発明することを望みますか?イーサリアムで、あなたはできます。 あなた自身の通貨をかせぐことを望みますか? イーサリアム契約としてそれを設定してください。 全面的なデーモンあるいは Skynet を決めることを望みますか? あなたは数千相互鎖錠契約を持っていて、そしてそれらは寛容に確かに送り込む必要があるかもしれません。しかし何もあなたの指先において イーサリアムであなたを止めてはいません。

2.     Modularity: the parts of the Ethereum protocol should be designed to be as modular and separable as possible. Over the course of development, our goal is to create a program where if one was to make a small protocol modification in one place, the application stack would continue to function without any further modification. Innovations such as Ethash (see the Yellow Paper Appendix or wiki article), modified Patricia trees (Yellow Paper, wiki) and RLP (YP, wiki) should be, and are, implemented as separate, feature- complete libraries. This is so that even though they are used in Ethereum, even if Ethereum does not require certain features, such features are still usable in other protocols as well. Ethereum development should be maximally done so as to benefit the entire cryptocurrency ecosystem, not just itself.
モジュール式: イーサリアムプロトコールの部分が可能な限りモジュール式で、そして分離可能に設計されるべきです。 開発の間に、我々のゴールはもし1人が1つの場所で小さいプロトコール改修をするなら、アプリケーションスタックがどんな改修もそれ以上なしで機能し続けるであろうプログラムを作成することです。 Ethash (イエローペーパー付録あるいはウィキ記事を参照)、修正パツリーシアツリー(イエローペーパー、ウィキ)と RLP (YP 、ウィキ)のような革新は別個の機能 のそろっているライブラリとして実装されるべきで、そうなっています。 これは、たとえ イーサリアムがある特定の機能を必要としなくても、同様にそのような機能が他のプロトコルでまだ利用可能です。 イーサリアム開発が、それ自身だけではなく、暗号通貨エコシステム全体に役立つように最大限で行われるべきです。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:20| 千葉 ☀| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。