2019年08月12日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(19)


Thus, in general, there are two approaches toward building a consensus protocol: building an independent network, and building a protocol on top of Bitcoin. The former approach, while reasonably successful in the case of applications like Namecoin, is difficult to implement; each individual implementation needs to bootstrap an independent blockchain, as well as building and testing all of the necessary state transition and networking code. Additionally, we predict that the set of applications for decentralized consensus technology will follow a power law distribution where the vast majority of applications would be too small to warrant their own blockchain, and we note that there exist large classes of decentralized applications, particularly decentralized autonomous organizations, that need to interact with each other.
それで、一般に、合意プロトコールを構築するのに、2つのアプローチがあります:独立した回線網を構築することと、 ビットコイン上にプロトコールを構築すること。 前のアプローチは、 ネームコインのようなアプリケーションに関しては合理的に成功している一方で、実装することが難しいです;それぞれの個別の実装は、独立したブロックチェーンを自力で進むことが必要です。同様に、必要な状態遷移とネットワーキングコードのすべてを構築し、テストする必要があり、さらに、我々は分散した合意技術のアプリケーションのセットがアプリケーションの圧倒的多数が彼ら自身のブロックチェーンを正当化するにはあまりにも小さいであろう電力の法則分配に従うと予測し、我々は相互作用する必要がある分散したアプリケーション、特に分散した自治組織の大きいクラスが存在することを特筆します。

The Bitcoin-based approach, on the other hand, has the flaw that it does not inherit the simplified payment verification features of Bitcoin. SPV works for Bitcoin because it can use blockchain depth as a proxy for validity; at some point, once the ancestors of a transaction go far enough back, it is safe to say that they were legitimately part of the state. Blockchain-based meta-protocols, on the other hand, cannot force the blockchain not to include transactions that are not valid within the context of their own protocols. Hence, a fully secure SPV meta-protocol implementation would need to backward scan all the way to the beginning of the Bitcoin blockchain to determine whether or not certain transactions are valid. Currently, all "light" implementations of Bitcoin-based meta-protocols rely on a trusted server to provide the data, arguably a highly suboptimal result especially when one of the primary purposes of a cryptocurrency is to eliminate the need for trust.
ビットコインベースのアプローチは、他方、ビットコインの単純化された支払い適合確認機能を継承しない欠陥があります。 それがブロックチェーンの深さを妥当性の代用として使うことができるから、 SPV はビットコインのために働きます;ある時点で、かつて取引きの先祖がはるかに十分に逆戻れると、それらが合法的にその状態の一部であったと言うことは安全です。 ブロックチェーンベースのメタプロトコルが、他方、ブロックチェーンにそれら自身のプロトコルの文脈の中で妥当でない取引を含まないよう強いることはできません。 それ故、完全に安全な SPV メタプロトコル製品がバックワードにある特定のトランザクションが妥当であるかどうか決定するビットコインブロックチェーンの始まりへのすべての道をさっと見渡す必要があるでしょう。 現在、ビットコインベースのメタプロトコルのすべての「ライト」実装は、暗号通貨の主要な目的の1つが信頼の必要を削除することであるとき、特に、データ、多分大いに次善の結果を提供するために信頼できるサーバーに頼ります。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:46| 千葉 🌁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。