2019年08月09日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(16)


In 1998, Nick Szabo came out with the concept of secure property titles with owner authority, a document describing how "new advances in replicated database technology" will allow for a blockchain-based system for storing a registry of who owns what land, creating an elaborate framework including concepts such as homesteading, adverse possession and Georgian land tax. However, there was unfortunately no effective replicated database system available at the time, and so the protocol was never implemented in practice. After 2009, however, once Bitcoin's decentralized consensus was developed a number of alternative applications rapidly began to emerge.
1998年に、ニック・サボは所有者オーソリティで安全な不動産タイトルのコンセプトを公表しました。それは「複製データベース技術での新しい進歩」がブロックチェーンベースのシステムをどのように、家屋敷や他人の財産所有とグルジアの土地税のようなコンセプトを含む精巧な構想を作って、誰がどの土地を所有するかの登録を蓄積するための考慮に入れるであろうか記述する文書です。しかしながら、当時、不幸にも利用可能な効果的な複製データベース・システムがありませんでした、そしてそれでそのプロトコールは決して実際は実装されませんでした。 しかしながら、2009年の後に、 ビットコインの分散コンセンサスが開発された途端に、多くの代替アプリケーションが急速に出現し始めました。

•     Namecoin - created in 2010, Namecoin is best described as a decentralized name registration database. In decentralized protocols like Tor, Bitcoin and BitMessage, there needs to be some way  of  identifying  accounts  so  that other people can interact with them, but in all existing solutions the only     kind of identifier available is a pseudorandom hash like 1LW79wp5ZBqaHW1jL5TCiBCrhQYtHagUWy  . Ideally, one would like to be able to have an account with a name like "george". However, the problem is that if  one person can create an account named  "george"  then  someone  else  can use the same process to register "george" for themselves as well and impersonate them. The only solution is a first-to-file  paradigm,  where  the first registerer succeeds and the second fails - a problem perfectly suited for  the Bitcoin consensus protocol.  Namecoin  is  the  oldest,  and  most successful, implementation of a name  registration  system  using  such  an idea.
ネームコイン− 2010年に作成されて、 ネームコインは分散名前登録データベースだとして、最も良く記述されます。 Torや、ビットコインや ビットメッセージのような分散プロトコルで、他の人々がそれらと相互に作用することができるように、アカウントを特定するいずれかの方法である必要があります。しかしすべての既存のソリューションで唯一の利用可能な識別子の種類は 1LW79wp5ZBqaHW1jL5TCiBCrhQYtHagUWy のような擬似ランダムハッシュです。 理想的には、人は「george」のような名前における口座を持っていることが可能であることを望みます。 しかしながら、問題は、もし1人の人が「george」という名前のアカウントを作ることができるなら、ほかの誰かが同様に彼ら自身のために「george」を登録する同じプロセスを使って、そしてそれらに成りすますことができるということです。 唯一の解決はファイルへの最初パラダイムです、そこでは最初の登録は成功し、二番目は失敗します − それは完全にビットコイン合意プロトコールに適している問題です。  Namecoin はこのような考えを使う最も古い、そして最も成功した、名前登録制度の実装です。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 15:00| 千葉 ☀| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。