2019年08月07日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(14)


An important scalability feature of Bitcoin is that the block is stored in a multi- level data structure. The "hash" of a block is actually only the hash of the block header, a roughly 200-byte piece of data that contains the timestamp, nonce, previous block hash and the root hash of a data structure called the Merkle tree storing all transactions in the block. A Merkle tree is a type of binary tree, composed of a set of nodes with a large number of leaf nodes at the bottom of the tree containing the underlying data, a set of intermediate nodes where each node is the hash of its two children, and finally a single root node, also formed from the hash of its two children, representing the "top" of the tree.
ビットコインの重要な拡大縮小可能性機能はそのブロックがマルチレベルのデータ構造に蓄積されるということです。ブロックの「ハッシュ」は実際はただブロックヘッダのハッシュで、タイムスタンプ、乱数、前のブロックハッシュとブロックのすべてのトランザクションをしまっている マークルツリーと呼ばれるデータ構造のルートハッシュを含むざっと言って200バイトの一片のデータに過ぎません。 マークルツリーはツリーの一番下のタイプの多数の枝葉のノードを持っている1セットのノードで構成された 2進ツリーで、基礎をなすデータや各ノードが、その2つの子ハッシュで、最終的にその2つの子ハッシュから同じく構成される一つのルートノードのハッシュで、ノードツリーの「トップ」を表す1セットの中間ノードを含んでいます。

 The purpose of the Merkle tree is to allow the data in a block to be delivered piecemeal: a node can download only the header of a block from one source, the small part of the tree relevant to them from another source, and still be assured that all of the data is correct. The reason why this works is that hashes propagate upward: if a malicious user attempts to swap in a fake transaction into the bottom of a Merkle tree, this change will cause a change in the node above, and then a change in the node above that, finally changing the root of the tree and therefore the hash of the block, causing the protocol to register it as a completely different block (almost certainly with an invalid proof of work).
マークルツリーの目的はブロックのデータが少しずつ届けられることを可能にすることです: ノードがただ1つの源からのブロックのヘッダーを、別の源から、それらに適切なツリーの小さい部分だけをダウンロードでき、そしてまだデータのすべてが正しいことを確認することが可能です。 これがなぜうまくいくかの理由はハッシュが上方に伝搬するということです: もし悪意がある利用者が マークルツリーの底への偽りの取引きを交換することを試みるなら、この変更は、それの上のノードの変更の原因となり、そして次にその上のノードの変更を起こす原因となり、最終的にツリールートを変え、そのためにブロックのハッシュも変え、完全に異なったブロックとして(ほとんど確かに無効な仕事の証明で)通信プロトコールにそれを記録させるでしょう。

=====================================================================
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 15:21| 千葉 ☀| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。