2019年07月24日

白書:次世代のスマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム(1)

 

テーマ:

白書

Jump to bottom
頁の最後までジャンプ

James Ray edited this page 20 days ago ・ 174 revisions
ジェームズ・レイは20日前にこの頁を編集−174修正


A Next-Generation Smart Contract and Decentralized Application Platform
次世代スマート契約と分散アプリケーション・プラットフォーム

An introductory paper to Ethereum, introduced before launch, which is maintained.
イーサリアム紹介論文、立ち上げ前に紹介され、補修中。


Satoshi Nakamoto's development of Bitcoin in 2009 has often been hailed as a radical development in money and currency, being the first example of a digital asset which simultaneously has no backing or intrinsic value and no centralized issuer or controller. However, another - arguably more important - part of the Bitcoin experiment is the underlying blockchain technology as a tool of distributed consensus, and attention is rapidly starting to shift to this other aspect of Bitcoin.
2009年のサトシ・ナカモトのビットコインの開発は貨幣における急進的な開発としてしばしば歓迎されてきていますが、同時に裏打ちのない、あるいは本質的な価値を持たないデジタル資産の最初の例であり、中央集権の発行者や管理者はありません。 しかしながら、もう1つのビットコイン実験の − 多分いっそう重要 − 部分は、分散合意のツールとして基礎をなしているブロックチェーン技術です。そして関心は急速に Bitcoin のこの他の局面に移行し始めています。

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:33| 千葉 🌁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。