2019年06月22日

ソリデイテイで、最初の 貴方のイーサリアムスマート契約を構築−チュートリアル(25)


On the upper right side of our screen we have several tabs to select from. Our “Compile” tab allows for us to compile our contract once complete (set to Auto compile by default). If we click on “details” we get a list of several contract details ranging from metadata, to bytecode, to ABI, and even our contract’s Web3 deployment code.
我々の画面の右上部の側で我々は選ぶべきいくつかのタブを持っています。 我々の「コンパイル」タブは我々がかつて完全な(デフォルトで自動コンパイルにセットされた)我々の契約を編集することを可能にします。 もし我々が「詳細」をクリックするなら、我々は、メタデータからバイトコードや、ABI,そして我々の契約のWeb3 実装コードさえに及ぶいくつかの契約の詳細のリストを受けとります。

The “Settings”, “Debugger”, “Analysis”, and “Support” tabs all have their use case and are worth familiarizing yourself with. In the interest of time we’re going to be using the “Run” tab for the rest of this tutorial. If we click on the “Run” tab we can see a few different contract settings.
「設定」、「デバッガ」、「分析」、と「サポート」タブはすべて彼らのユースケースを持っていて、そして精通する価値を持っています。 時間節約のために我々はこのチュートリアルの残りのために「Run」タブを使ってみましょう。 もし我々が「Run」タブをクリックするなら、我々は少数の異なった契約設定を見ることができます。

=====================================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:28| 千葉 ☁| Comment(0) | イーサリアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。