2019年04月29日

暗号経済が道理に適うこと(10)

暗号経済が道理に適うこと(10)

テーマ:

In the near future, ethereum plans to migrate to a “proof-of-stake” consensus protocol called Casper. This is an alternative to proof-of-work that does not require “mining” in the usual sense: there is no need for specialized mining hardware or huge expenditures of electricity.
近い将来、イーサリアムはキャスパーと呼ばれる「掛け金の証明」合意プロトコルに移行することを計画します。 これはいつもの感覚で「採鉱」を必要としない「仕事の証明」に代わる選択肢です:専門的な採鉱ハードウェアあるいは電気の莫大な出費の必要がありません。

Remember that the whole point of requiring miners to buy hardware and spend electricity is to impose a cost on miners, as a way of raising the cumulative cost of attempting a 51 percent attack sufficiently high that it becomes too expensive. The idea behind proof-of-stake systems is to use deposits of cryptocurrency to create the same disincentive, rather than real-world investments like hardware and electricity.ハードウェアを買って、そして電気を使うように採掘者に要求する全ポイントは、51パーセントの攻撃を試みる累積的なコストを高くそれがあまりにも高価になるように十分引き上げる方法として、採掘者にコストを課すことであることを覚えていてください。 「掛け金の証明」システムの背後の考えはハードウェアと電気のような実世界の投資より、むしろ、同じ意欲をくじくものを作るために暗号通貨の供託金を使うことです。

In order to mine in a proof-of-stake system, you must commit a certain amount of ether into a smart contract “bond.” Just like in proof-of-work, this raises the cost of a 51 percent attack − an attacker would have to commit a very large amount of ether to successfully attack the network, which they would then lose forever.
「掛け金の証明」システムで採掘するために、あなたはスマートな契約「債券」にあるイーサーの額に関して責任を負わなくてはなりません。 ちょうど「仕事の証明」においてと同じように、これは51パーセントの攻撃コストを引き上げます − 攻撃者は成功裏にネットワークを攻撃するためは非常に大きいイーサーの額を約束しなければなりません。彼らが永久にそれから失うであろうということです。

Casper is being designed byVlad Zamfir,Vitalik Buterin, and others at the Ethereum Foundation. You can read more about the history of Casper’s designin this series of posts by Zamfiror hear him talk about it on arecent podcast. Buterin wrote a long post about Casper’s design philosophyhere, and there is a useful FAQ on the ethereum GitHub wikihere.
キャスパーは イーサリアム財団でブラッド ザムフィール、 ヴィタリックバテリンと他の人たちによって設計されています。 あなたはポストのこのシリーズで ザムフィルによっていっそうキャスパーの設計の歴史について読むか、あるいは彼が最近のポッドキャストでそれについて話をするのを聞くことができます。 バテリンはここでキャスパーの設計哲学について長い投稿を書きました、そしてここに イーサリアムGithubウィキに有用な「よく尋ねられる質問」があります。

==================================================
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 17:06| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。