2019年04月28日

暗号経済が道理に適うこと(9)

暗号経済が道理に適うこと(9)

テーマ:

3. Three examples of cryptoeconomics
3.暗号経済の3つの例

There are at least three different kinds of systems being designed today that could be called “cryptoeconomic”.
「暗号経済」と呼ばれる今日設計されている少なくとも3種類の異なったシステムがあります。

Example 1: Consensus protocols
例1:合意プロトコル

Blockchains are able to reach reliable consensus without having to rely on a central trusted party − a product of cryptoeconomic design. Bitcoin’s solution, which we surveyed above, is called “proof-of-work” consensus because miners must commit work − in the form of hardware and electricity − in order to participate in the network and receive mining rewards.
ブロックチェーンは中央の信頼できるパーティー に頼ることを必要としないで信頼性が高い合意に達することが可能です。 ―それが暗号経済 設計の産物です。我々が上記で概観したビットコインの解決は、採掘者がネットワークに関与して、そして採鉱報酬を受け取るためハードウェアや電気のかたちで仕事を引き受けなくてはならないから、「仕事の証明」合意と呼ばれます -。

Improving proof-of-work systems and designing alternatives to them is one active area of cryptoeconomic research and design. Ethereum’s current proof-of-work consensus mechanism includes many variations and improvements on the original design, enablingfaster block timesand being moreresistant to the mining centralization that can result from ASICs.
仕事の証明システムを改善することや、それらに対する代替物を設計することは 暗号経済研究と設計の1つの活発な領域です。 イーサリアムの現在の「仕事の証明」合意メカニズムは、より速いブロック・タイムを可能にして、そしてASICに起因する可能性のある採鉱中央集権化に対していっそう抵抗があり、多くの変種とオリジナルの設計についての改良を含みます。

==================================================
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:03| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。