2019年04月26日

暗号経済が道理に適うこと(7)

暗号経済が道理に適うこと(7)

テーマ:

Mechanism design is often referred to asreversegame theory because we start with a desired outcome and then work backwards to design a game that, if players pursue their own self interest, will produce the outcome we want. For instance, imagine we are responsible for designing the rules of an auction. We have an objective that we want bidders toactuallybid the real value they place on an item. To achieve this, we apply economic theory to design the auction as a gamewhere the dominant strategy for any player is to always bid their true value. One solution to this problem is called aVickrey auction, where bids are secret and the winner of the auction (defined as the player with the highest bid) only pays the second highest amount that was bid.
メカニズムデザインは、我々が望ましい結果から始めて、そして次に、もしプレーヤーが彼ら自身の私利を追うなら、我々が欲する結果を産み出すであろうゲームを設計するためにバックワードに働くから、しばしば逆のゲーム理論と呼ばれます。 例えば、我々がオークションの規則を立案することに責任があると想像してください。 我々は彼らがある項目に対して与える真価に入札者が実際に入札することを我々が望むという目標を持っています。 これを達成するために、我々はどんなプレーヤーでもの最有力の戦略が常に彼らの真の値に対して入札することであるゲームとしてオークションを設計するために経済理論を適用します。 この問題に対する1つの解決がヴィックリー・オークションと呼ばれ、そしてそこで入札は秘密で、そして(最高入札価格を持っているプレーヤーと定義される)オークションの勝利者はただ入札された2番目に高い額を支払うだけです。

Cryptoeconomics, like mechanism design, focuses on designing and creating systems. Like in our auction example, we use economic theory to design “rules” or mechanisms that produce a certain equilibrium outcome.But in cryptoeconomics, the mechanisms used to create economic incentives are built usingcryptography and softwareand the systems we are designing are almost alwaysdistributed or decentralized.
暗号経済は、メカニズムデザインのように、システムを設計して、創造ことに焦点をあてます。 我々のオークション例と同じように、我々は経済理論を「規則」あるいはある均衡結果を引き起こすメカニズムを設計するために使います。けれども 暗号経済で、経済的誘因を作成するために使われるメカニズムは暗号とソフトウェアを使って作られ、我々が設計しているシステムはほとんど常に分散されるか、あるいは非集中化させられます。

===================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:38| 千葉 ☔| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。