2019年04月20日

暗号経済が道理に適うこと(1)

暗号経済が道理に適うこと(1)

テーマ:


Making Sense of Cryptoeconomics
暗号経済が道理に適うこと

Josh Stark
Follow
ジョシュ スターク著
フォローしてください

Aug 28, 2017
2017年8月28日


The Roman Aqueduct at Segovia, an early marvel of engineering
セゴビアにあるローマ水道橋、エンジニアリングの初期の驚異

A few months ago Parker Thompson, a well known Silicon Valley VC,tweetedthat “the concept of crypto-economics is stupid. It’s economics. Inventing your own word is just an excuse to ignore well-understood concepts.”
数カ月前に、有名なシリコンバレーベンチャーキャピタル、パーカー・トンプソン氏は「暗号経済学の概念は愚かです。それは経済学です。 あなた自身の言葉を発明することはよく理解された概念を無視するためのただの口実に過ぎません。」とツイッターしました。

The term “cryptoeconomics” causes a lot of confusion.People are often unclear on what it is supposed to mean. The word itself can be misleading, as it suggests that there is a parallel “crypto” version of the whole of economics. This is wrong, and Parker is right to mock such a generalization.
「暗号経済学」という用語は多くの混乱の原因です。 人々はそれが意味すると思われることにしばしば不確かです。 それが経済学の全体のパラレル「暗号」バージョンがあることを示唆するので、その言葉自身が紛らわしい可能性があります。 これは間違いで、パーカーはこのような一般論を馬鹿にすることにおいて正しいです。

===================================================

 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 07:19| 千葉 ☀| Comment(0) | ビットコイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。