2019年03月20日

分散元帳技術対ブロックチェーン(29)


Digitization of assets
資産のデジタル化

It should be recognized that IBM Fabric is in fact able to create digital assets in the nominal sense as the digitization of an asset is derived from a registry of the product into a digital format. Though the digitization of an asset on Fabric would result in an asset that can only function on systems that use Fabric. This would be equivalent of if an email client was created to only be able to send emails back and forth with people who use the exact same email client, unlike what exists in our current world where a multitude of email clients can all interoperate together.

IBMファブリックが、資産のデジタル化がディジタル形式に商品のレジストリから得られているように、実際名目上、デジタル資産を作ることが可能であることは認識されるべきです。 けれどもファブリックに関する資産のデジタル化はファブリックを使うシステムで機能することができるだけである資産をもたらす結果となるでしょう。これは、 Eメール顧客がただ、多くののEメールクライアントが一緒にすべてインターオペレートすることができる我々の現在の世界に存在するものと異なり、正確に同じEメール顧客を使う人々と電子メールを返信や転送が可能であるためだけに作り出されたのと同等でしょう。

R3 Corda has similar inconsistencies in that users of R3’s platform would be restricted from interacting with other platforms beyond R3 within their overall landscape creating a bit of vendor lock in. Because R3 Corda is focused on mainly bank clientele, it may make sense to have a separate banking software, though it should be noted that users of the platform will be restricted to banking relationships with only the institutions using R3 Corda, and will not be able to seamlessly interoperate with the ecosystem of counterparties that do not use the vendor platform.

少しの専門業者への閉じ込めを作っている彼らの全体的な風景内で R3 を越える他のプラットホームと、R3 のプラットホームのユーザーが相互に作用するのを制限されるであろう類似の矛盾をR3Cordaにはあります。 R3 Corda が主に銀行顧客に集中されるから、別個の銀行業のソフトウエアを持っていることは意味をなすかもしれません。けれどもプラットホームのユーザーが、ただR3 Corda を使う公共施設だけ、銀行取引関係に限定され、専門業者プラットホームを使わない相手方のエコシステムでスムーズに相互運用することが可能ではないであろうことが指摘されるべきです


=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 14:30| 千葉 | Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。