2019年02月27日

分散元帳技術対ブロックチェーン(9)


The main idea is that channels provide opportunities for moving transactions along within the platform. In looking at the architecture, the function of ordering service nodes (OSNs) serve to record transactions in the アパッチ Kafka ordering service. In the data streaming ecosystem, Kafka is a powerful tool with capabilities of appending various forms of transactions into separate Kafka clusters and eventually partitions.

主な考えはチャネルがプラットホームの中で前方へ取引を動かす機会を提供するということです。 体系、ノード(OSNs)がアパッチカフカ発注サービスで取引を記録するために果たす発注サービスの業務を見ることにおいて。 データ部を流れ転送しているエコシステムで、カフカは別個のカフカ集団と最終的にパーティションの中に種々の形の取引を付加する能力を持っている強力なツールです。

In this setup, data is able to be distributed across clusters to formulate a distributed storage platform that can record the data structures that are sometimes referred to as “blocks” or blobs within the Fabric definition of “state” in the context of their key/value store configuration. A conceptualization to acknowledge within this software framework is that all of the participants and data structures within this ecosystem are native in that they function primarily alongside other users within this software ecosystem.

このセットアップで、データは時々「ブロック」あるいはそれらのカギ / 価値という環境での「状態」のファブリック定義の中のほんの少しとして参照されるデータ構造を記録することができる分散記憶装置プラットホームを定式化するためクラスターにわたり分散が可能です。 このソフトウェアフレームワークの中で認めるべき概念化は、それらがこのソフトウエアエコシステムの中で他のユーザーと一緒に主に機能するという点で、このエコシステムの中の参加者とデータ構造のすべてが生まれつきのものであるということです。

Figure 3: アパッチ Kafka
図3:アパッチカフカ

Source: アパッチ Kafka

出典:アパッチ・カフカ

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:09| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。