2019年02月25日

分散元帳技術対ブロックチェーン(7)


Through assessing tools like Apache Kafka and how the data streaming service is able to achieve significant levels of throughput in an enterprise setting, we can demarcate the functional differences between a blockchain and a distributed ledger based on varying levels of dependency on these database coordination and optimization tools in terms of the foundational concepts. Implementations of Ethereum including Plasma are utilizing tools like MapReduce to augment certain mapping functionalities on top of a UTXO and account based model while also reducing components into merkle proofs, though it is important to realize that the base layer of the protocol is still reliant upon Ethereum as the root blockchain. By decomposing these details, further insight can be obtained on how best to assess technological characteristics of these software platforms.

アパッチカフカのようなツールとデータストリームサービスがどのように企業据付けで処理能力の意味のあるレベルを達成することが可能であるか査定することを通じて、我々はこれらのデータベース整合と最適化ツールで基礎的なコンセプトに関してさまざまなレベルの付属に基づいてブロックチェーンと分散元帳の間の機能的な相違を区別することができます。 プラズマを含めて イーサリアムの実装は、通信プロトコールの基底層が根本的なブロックチェーンとして イーサリアムにまだ依存することを悟ることが重要であるけれども、同じくコンポーネントを merkle 証明に減らす一方で、 MapReduce のようなツールを UTXOや会計ベースのモデルの上にある特定のマッピング機能を拡張するために利用しています。 これらの細部を分解することによって、どれほど最も良くこれらのソフトウェアプラットホームの技術的特徴を評価するべきかについて、更なる洞察が得られます。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:27| 千葉 ☁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。