2019年02月20日

分散元帳技術対ブロックチェーン(3)



Main goals of blockchain: what do businesses want to achieve with this technology?
ブロックチェーンの主なゴール:ビジネスはこの技術で何を達成することを望むか?

Blockchains such as Ethereum have similar goals to their distributed leger counterparts. Identifying the goal of what businesses hope to achieve using blockchain technology can be a challenging approach, because like the internet in the 1990’s, businesses did not yet know how to conceptualize use of the powerful tool. Similarly today, it is known that blockchain technology is capable of instantiating various functions, though how to architect those functions into a business solution requires further insights and assessments of the underlying capabilities.
イーサリアムのようなブロックチェーンは彼らの分散元帳長対応者に類似のゴールがあります。 ビジネスがブロックチェーン技術を使って達成することを望むことのゴールを確認するのは困難なアプローチであり得ます。なぜなら1990年代のインターネットのように、ビジネスがまだ強力なツールの利用をどのように概念化するべきか知りませんでしたから。 同様に今日、ブロックチェーン技術は、ビジネスソリューションへとそれらの機能を設計する方法がさらなる洞察と基礎をなしている能力の評価を必要とするけれども、多機能のインスタンスを作ることができることは知られています。

The three main axes explored − processing and coordination of data, trusted and immutable records, and digitization of assets − are broad enough to encapsulate the primary usability of a blockchain while allowing for further extrapolation of those functions into business scenarios. By discussing these three aspects, it is possible to reveal the meaning behind why a business entity would want to use the technology.
探究された3本の主軸 − データの工程処理と整合、信頼できる、そして不変の記録と資産のデジタル化 −は、ビジネスのシナリオの中にそれらの機能のさらなる外挿法を考慮に入れている一方で、ブロックチェーンの主要な利用可能性をカプセル化するのに十分広いです。 これらの3つの局面を論じることによって、企業実体が技術を使いたいと思うであろう理由の背後にの意味を明らかにすることは可能です。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 08:53| 千葉 🌁| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。