2019年02月19日

分散元帳技術対ブロックチェーン(2)


Figure 1: Demarcation of Underlying Technology
図1:基礎をなしている技術の境界

In particular, we’ll focus on three key areas of functionality:
特に、我々は機能の3つの主要領域に焦点を合わせるでしょう:

  • Data coordination − How information and trust within a system is better distributed and allocated among stakeholders
    データ整合 − システム内の情報と信頼が株主の間でもっと良く分散そして割り当てられる方法
  • Cryptoeconomic internal incentive layers − How is a system architected so that different stakeholders and users are motivated based on economic incentives to ensure functionality of a system eg. Game Theory and mechanism design.
    暗号経済内部の奨励層 − 異なった株主とユーザーが例えばゲーム理論とメカニズム設計のようにシステムの相関性を保証するため経済的誘因に基づいて動機を与えられるように、どのようにシステムが設計されたかです。
  •  Integration into the digital commoditization of assets − How the systems can integrate into a digital goods economy. In some nominal characterizations this is known as the token economy
    資産のデジタルコモディティ化への統合−システムがデジタル商品経済に融合することができる方法。 若干の名目上の特徴描写でこれはトークン経済として知られています

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================


posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 08:58| 千葉 ☁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。