2019年02月18日

分散元帳技術対ブロックチェーン(1)


Blockchain vs. Distributed Ledger Technologies
分散元帳技術対ブロックチェーン

Part 1 of a comparative analysis between Ethereum, Hyperledger Fabric and R3 Corda
イーサリアム、ハイパー元帳ファブリックと R3 Corda の間の比較の分析の第1部

ByBrent Xu − Protocol Business Architect at ConsenSys
ブレントスー著 − ConsenSys でのプロトコールビジネスアーキテクト

The Ethereum blockchain maintains both similarities and differences when compared to distributed ledger technologies like Hyperledger Fabric or R3 Corda. In making well founded assessments of blockchain and distributed ledger platforms and the value they bring to enterprise, it’s useful to categorize platforms based on their core functionality and characteristics. As blockchains were derived from tenets of cryptography and data configurations, certain functionality can be replicated in a coordinated database system, while other functionality is only feasible in a true blockchain environment.
ハイパー元帳ファブリックあるいは R3 Cordaのような分散元帳技術と比較されるとき、 イーサリアムブロックチェーンは類似性と相違両方を維持します。 ブロックチェーンと分散元帳プラットホームと彼らが企業にもたらす価値の事実に基づいた査定をすることにおいて、彼らの中核となる相関性と特徴に基づいてプラットホームを分類することは有用です。 ブロックチェーンが暗号文とデータ構成の主義から由来しているから、ある特定の機能が調和したデータベース型システムで複製されることができ、他方、他の機能は本当のブロックチェーン環境で単に実行可能なだけです。

In this article, we’ll assess the foundational business functionalities for the main enterprise facing platforms including Ethereum, Hyperledger Fabric and R3 Corda in terms of where the software acquires its influence and how the system is overall optimized, whether through traditional distributed systems or a contemporary blockchain basis.
この記事で、ソフトウエアがどこでその影響を獲得するか、そしてシステムがどのように、全体的に最適化されるかに関して、伝統的な分散処理システムあるいは現代のブロックチェーン根拠を介しているかにかかわらず、我々は イーサリアム、 ハイパー元帳ファブリックと R3 コルダを含めてプラットホームに対する主な企業に対して基礎的なビジネス機能性を評価するでしょう。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

テーマ:

Blockchain vs. Distributed Ledger Technologies
分散元帳技術対ブロックチェーン

Part 1 of a comparative analysis between Ethereum, Hyperledger Fabric and R3 Corda
イーサリアム、ハイパー元帳ファブリックと R3 Corda の間の比較の分析の第1部

ByBrent Xu − Protocol Business Architect at ConsenSys
ブレントスー著 − ConsenSys でのプロトコールビジネスアーキテクト

The Ethereum blockchain maintains both similarities and differences when compared to distributed ledger technologies like Hyperledger Fabric or R3 Corda. In making well founded assessments of blockchain and distributed ledger platforms and the value they bring to enterprise, it’s useful to categorize platforms based on their core functionality and characteristics. As blockchains were derived from tenets of cryptography and data configurations, certain functionality can be replicated in a coordinated database system, while other functionality is only feasible in a true blockchain environment.
ハイパー元帳ファブリックあるいは R3 Cordaのような分散元帳技術と比較されるとき、 イーサリアムブロックチェーンは類似性と相違両方を維持します。 ブロックチェーンと分散元帳プラットホームと彼らが企業にもたらす価値の事実に基づいた査定をすることにおいて、彼らの中核となる相関性と特徴に基づいてプラットホームを分類することは有用です。 ブロックチェーンが暗号文とデータ構成の主義から由来しているから、ある特定の機能が調和したデータベース型システムで複製されることができ、他方、他の機能は本当のブロックチェーン環境で単に実行可能なだけです。

In this article, we’ll assess the foundational business functionalities for the main enterprise facing platforms including Ethereum, Hyperledger Fabric and R3 Corda in terms of where the software acquires its influence and how the system is overall optimized, whether through traditional distributed systems or a contemporary blockchain basis.
この記事で、ソフトウエアがどこでその影響を獲得するか、そしてシステムがどのように、全体的に最適化されるかに関して、伝統的な分散処理システムあるいは現代のブロックチェーン根拠を介しているかにかかわらず、我々は イーサリアム、 ハイパー元帳ファブリックと R3 コルダを含めてプラットホームに対する主な企業に対して基礎的なビジネス機能性を評価するでしょう。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:26| 千葉 ☀| Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。