2019年01月31日

2018年インターネット傾向(17)


A, now cancelled, tweet from an earlier interview to EU Commissioner Oettinger on the Italian Government − now solved − crisis
今解決された−イタリアの政府の危機についてのOettinger EUコミッショナーへの今キャンセルされてるが、以前のインタビューからのあるツイッター-

This is the world of the“demise of the nation state”, a world wheremarkets dominate policy− and sometimes also get to friction with democracy (as Oettinger reminded us Italians, last week).
これは「国家の崩壊」の世界で、市場が政策を独占する世界ですと時々が(Oettinger が、先週、我々イタリア人に思い出させたように)同じく民主主義との摩擦にいきます 。

Most of the funding members of the EU have now − at least − confused ideas about the future of welfare, and almost everywhere the footprint of the central state is reducing, in the process of creating a thriving service economy.
EUのメンバーが今持っている資金の大部分 は− 少なくとも − 福祉の未来についての困惑したアイデアを持ち、そして繁栄しているサービス経済を創造するプロセスでほとんどどこにでも中央国家の足跡が縮小しています。

In this contexts, some see decentralization as a promise of regaining control over data and governance, and question the role of these enormous value aggregators: but this is most likely a mopic view.
この状況で、若干数はデータ制御と統治を取り戻す約束として分散を見て、そしてこれらの巨大な価値アグリゲータの役割を疑問視します:けれどもこれは最も恐らくmopic の光景です。


=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 13:06| 千葉 ☁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。