2019年01月25日

2018年インターネット傾向(11)



Not a fully rosy picture.
完全にバラ色の絵ではありません。

The picture of the context of the citizen of the modern, digital, economy it’s not all rosy in any case: while the opportunities to monetize skills, passions, capabilities and to become“entrepreneurial”in the service, gig, making or commerce economy are steadily growing and, while it’s even increasingly easy to monetize dormant assets such as spare rooms, homes, time, all this comes at a cost.
近代の、デジタル経済の市民の文脈の絵は、すべてがいずれにしてもバラ色ではない: 技能、情熱、能力を現金化して、サービスで、「企業家に」なるための機会、(一回一回の契約に基づいて行なうジャズ演奏家などの)仕事、メーキングあるいは、商取引経済が着実に成長している一方で、客間、家庭、時間のような遊休資産を現金化することがますます容易にさえなりつつある一方で、このすべては犠牲となります。

As shown by following slides while it’s true that Airbnb is a giant moneymaking machine for hosts, it’s role in gentrification looks evident, and is more generally a shade of a global process:“Hipsters and artists are the gentrifying foot soldiers of capitalism” once the Guardian wrote. As a result,shelter cost is a rising(and now dominating) share of the overall spending for families across US (and likely the globe).
Airbnbがホストにとって巨大な金もうけ機械となることが本当である一方で、次のスライドで、示されるように、それは明白な高級化外見における役であって、そしていっそう一般的にグローバルプロセスの陰です:「情報通とアーティストは資本主義の高級化している歩兵です」とかつて「ガーディアン」が書きました。 結果として、シェルターコストは米国(そして多分地球)全体の家族のための増大する(そして今優位になりつつある)総支出のシェアです。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 17:26| 千葉 ☁| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。