2019年01月23日

2018年インターネット傾向(9)


Beyond the Consumer
消費者を越えて

At the same time, these users are increasingly also becoming active “producers”. Whether this transition is due to life choices (according to Gallup, 51% of american worker say they would change job for “flexible schedule” motivation), or it is dictated by raising needs to find alternatives to industrial jobs drying out; this we will never really know, but freelancing is growing steadily, and so is doing the so-called Gig-Economy of on demand workers − even if some contradictory data has beensurfaced this week.

同時に、これらのユーザーはますます同じく活動的「プロデューサー」になっています。 この移行が生活選択(ギャラップによれば、米国人労働者の51%は、彼らが「フレックス日程」動機づけで仕事を変えるであろうと言います)のためである、あるいはそれが、無くなる産業の仕事への代替案を見いだす必要を引き上げることによって、規定されます; これは我々が決して本当には分からにでしょうが、しかしフリーで働いている人は着実に拡大します、そしてそれほど要請に即座に対応する労働者のいわゆるギグ・エコノミーがそうしています −たとえ若干の矛盾したデータが今週表に出されたとしても。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 14:22| 千葉 ☀| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。