2019年01月22日

2018年インターネット傾向(8)




Despite the enormous size of their user base, increasingly, Facebook, Google and Amazon are becoming what John Hagel calls, “trusted advisors”: acting in the middle between users and other brands, thanks to the deep and constantly updating user profiles, these advisors are succeeding in helping customers overcome the “marketing” overload. This happens thanks to suggestions that are increasingly more narrow and actionable that these players can also control as they control the user interface to the internet, to the digital marketplace − through voice, automation, productivity.
彼らのユーザーベースの巨大な大きさにもかかわらず、ますます、フェースブック、グーグルとアマゾンは深い、そしていつも更新するユーザ・プロファイルのおかげでジョン・ハーゲルがユーザーと他のブランドの間の中央で行動をしている “信頼されるアドバイザー”:と呼ぶものになりつつあり、これらのアドバイザーは顧客が「マーケティング」過負荷を克服する手伝いに成功しています。インターネットやデジタル市場への-音声や、オートメーションや、生産性を通して−のユーザインタフェースをコントロールするので、これはこれらのプレーヤーが、同じくコントロールすることができる、ますますいっそう狭くて、行動可能な提案のおかげで起きます。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:11| 千葉 ☀| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。