2018年11月26日

賭け金の証明とは何か?(5)

賭け金の証明とは何か?(5)

テーマ:

In order to validate transactions and create blocks, a forger must first put their own coins at ‘stake’. Think of this as their holdings being held in an escrow account: if they validate a fraudulent transaction, they lose their holdings, as well as their rights to participate as a forger in the future. Once the forger puts their stake up, they can partake in the forging process, and because they have staked their own money, they are in theory now incentivized to validate the right transactions.
取引を有効にして、そしてブロックを作るために、鋳造者は最初に彼ら自身のコインを「掛け金」で置かなくてはなりません。 これを彼らのエスクロウ勘定に保持されている持株であると考えてください:もし彼らが詐欺の取引を実証するなら、彼らは将来鋳造者として彼らの出場権と同様、彼らの持株を失います。 鋳造者が彼らの持ち分を掲示した途端に、彼らはプロセスを作り出すことに加わることができ、そして彼らが彼ら自身の金を賭けているから、彼らは正しい取引を有効にするために理論上、今ややる気を起こさせられます。

This system does not provide a way to handle the initial distribution of coins at the founding phase of the cryptocurrency, so cryptocurrencies which use this system either begin with an ICO and sell their pre-mined coins, or begin with the proof of work system, and switch over to the proof of stake system later.

このシステムは暗号通貨の創立段階においてコインの最初の分散を処理する方法を提供しません、それでこのシステムを使う暗号通貨は、ICOで始まって、彼らの事前採鉱されたコインを売るか、あるいは仕事の証明システムから始めて、そして後に掛け金証明システムに切り替わります。

Cyptocurrencies that currently run the proof of stake system are BlackCoin, Lisk, Nxt and Peercoin, among others.

暗号通貨は、現在掛け金証明システムは、 BlackCoin 、 Lisk 、 Nxt と Peercoinその他です。


Proof of work mining versus proof of stake forging.
仕事の証明採掘に対する掛け金証明の鋳造。

=====================================================================

 
 

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:38| 千葉 | Comment(0) | ブロックチェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。