2017年03月18日

今日は精霊の日

精霊の守り人というNHKの番組で最近は、盛んに精霊という言葉を目にするが、私自身は、漫画週刊誌を買って読んだことはあまりない。しかし、漫画は、有害だという人がいるが、私は教育にうまく使えば、有益ではないかと思っている。大学の入学試験準備で、私は、学校の授業が面白くなく、日本史や世界史の試験勉強で、たくさんのことを覚えるのに苦労した。社会に出てから、やはり、歴史の面白さに気が付き、歴史関連本を読むようになってから、温故知新ではないが、歴史で学んだことは今でも役に立つ、人間物語や、いろんな思想や芸術の成り立ちも知ることができて、なんで、子供のころに、興味を持つように学校では教えてくれなかったのかと思った。

そこで、自分の子供たちには、その悲哀と苦労を味合わせないように、小学生時代から、三国志や信長の野望などのテレビゲームで遊びながら、歴史や難しい漢字に慣れ親しむようにし、そのあと、日本史や世界史や人物史などの漫画シリーズを毎月成績が良かったり、何かのきっかけを見つけては何かのご褒美に買い与えるようにした。また、英語にも慣れ親しませようと思って、字幕付きのデイズニーのビデオ全シリーズを少しづつ買い与えた。そのおかげで、我が家の子供たちは、中学に進学してからも歴史や英語には勉強している感覚なく、自然に、多くの知識を得て、学校でその知識を整理して、授業中に覚えることができたので、試験勉強の苦労も軽減できたのではないかと自負している。そのかげで、子供たちをほとんど塾に行かせることもなく、自宅で受験勉強の面倒は見たが、地元の公立高校にすべて、合格させることができた。


漫画週刊誌、読んでるものある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 13:08| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック