2017年03月17日

執筆者対開発者の要員比率の一瞥(7)

Accepting the 1:2 ratio of writers to Agile teams, interestingly, can effectively lead us back to the same writer to developer ratios already discussed. In Scrum, the recommended team size is between 5 and 9 people, meaning that an individual writer on two teams supports between 8 and 16 people. On most Agile teams, these people are not all developers. Allowing for at least one QA tester and one other non-developer per team, the writer is supporting between 4 and 12 developers – and we’re back to the same writer-to-developer ratios reported 20 years ago. Here, however, complexity, number of audiences, and number of output types are not a factor. The ratio stays the same, while the number of story points assigned to a user story varies based on those factors and therefore the productivity (defined by the number of stories completed in a sprint) achieved from that ratio may change from sprint to sprint.
執筆者対アジャイルチームの1:2の比率を受け入れることは、興味深いことに、効果的にすでに論じられた同じ執筆者対開発者比率に戻って我々を導くことができます。 スクラムで、推薦されたチームの規模は、5と9人の人々の間にありますが、それは、2つのチームの一人の執筆者が8と16の間の人々を支援することを意味します。たいていのアジャイルチームで、これらの人々はすべてが開発者ではありません。 チーム毎に少なくとも1人のQA試験者ともう一人の非開発者を見込み、執筆者は4から12人の間の開発者をサポートしています。 − そして我々は、振り返ると同じ執筆者対開発者比率を20年前に報告しました。 ここでは、しかしながら、複雑さや、読者の数と出力タイプの数は要因ではありません。その比率は同じのままで、他方、利用者記事に割り当てられた記事ポイントの数はそれらの要因に基づいて変化します、そしてそのためにその比率から達成された(スプリントで仕上がった物語の数によって定義された)生産性はスプリントからスプリントへと変化するかもしれません。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

風邪を直接直せる薬はありません。治すのは自分です。予防医療のために、漢方の知識を活かしたサプリメントTolakAnginで滋養強壮、免疫力を付けましょう。サプリメントのネットショップを開店しました。在庫切れになっていたものが、3月1日に入荷しました。お客様のご要望でのど飴も入荷しました。在庫がなくなる前にご発注ください。

*銀行振込かPayPal決済希望の方はこちらから、どうぞ!

*yahoo会員で安心決済希望の方はこちらから、どうぞ!

Flu一箱12袋TolakAnginCare

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

常磐線や千代田線沿線で柏の不動産物件を探しておられる方に、知人から依頼がありましたので、下記リノベーション物件、

2LDKのマンションをご紹介します。よろしかったら、ご利用ください。

http://ameblo.jp/yamashina-reformstaff/entry-12245450567.html

=====================================================================

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ クラウドコンピューティングへにほんブログ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:04| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック