2017年03月15日

執筆者対開発者の要員比率の一瞥(5)

When talking about complexity, it must be clear that the measure relates to usability, not development complexity. A vast number of product developers may be required to create an intuitive, easy-to-use product that is easily documented. Thus a large ratio of developers to writers might exist. However, the converse is also true. A small number of product developers might be able to create a less usable product that requires a larger documentation effort to ensure user success, and the ratio therefore must shrink. This point also applies to a popular substitute for the writer to developer ratio – the number of products or projects a writer can support. Complexity cannot be ignored in either case.
複雑さについて話をするとき、その測定は、開発の複雑さはなく、使いやすさに関連していることは明確であるに違いありません。 莫大な数の製品開発者が容易に文書化されている直観的な、使いやすい製品を作るように要求されるかもしれません。 それで執筆者に対する大きい比率の開発者が存在するかもしれません。 しかしながら、逆も同じく本当です。 製品揮発者の少数が利用者の成功を保証するより大きいドキュメンテーションの努力を必要とするそれほど有用でない製品を作る可能があるかもしれません。従ってその比率は減るに違いありません。 このポイントは執筆者のサポートできる製品あるいはプロジェクトの数 −執筆者対開発者の割合のために同じく人気が高い代用を適用します。 複雑さはどちらの場合も無視できません。

The number of user types being supported also directly affects the developer to writer ratio. The same product development effort might be required for a product designed for a single audience as one designed for multiple audiences; however, documentation efforts increase for each additional audience supported. Similarly, the number of output types, such as print, embedded help, web portal, and training, must also be a factor in the ratio.
同じく直接支持されている利用者タイプの数は著者対開発者の割合に影響を与えます。 同じ製品開発の労力は、多くの読者のために設計されたもののように、一人の読者のために設計された製品のために必要とされるかもしれません;しかしながら、文書管理の努力がサポートされたそれぞれの追加の読者のために増加します。 同様に、印刷、ヘルプ画面、ウエブポータルとトレーニングのような、出力タイプの数はその比率で同じく一つの要素であるに違いありません。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

風邪を直接直せる薬はありません。治すのは自分です。予防医療のために、漢方の知識を活かしたサプリメントTolakAnginで滋養強壮、免疫力を付けましょう。サプリメントのネットショップを開店しました。在庫切れになっていたものが、3月1日に入荷しました。お客様のご要望でのど飴も入荷しました。在庫がなくなる前にご発注ください。

*銀行振込かPayPal決済希望の方はこちらから、どうぞ!

*yahoo会員で安心決済希望の方はこちらから、どうぞ!

Flu一箱12袋TolakAnginCare

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

常磐線や千代田線沿線で柏の不動産物件を探しておられる方に、知人から依頼がありましたので、下記リノベーション物件、2LDKのマンションをご紹介します。よろしかったら、ご利用ください。

http://ameblo.jp/yamashina-reformstaff/entry-12245450567.html

=====================================================================

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ クラウドコンピューティングへにほんブログ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:36| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック