2017年03月14日

執筆者対開発者の要員比率の一瞥(4)

First, we must call into question the word “ideal.” From what perspective are we answering the question? Ideal to the company? To the developers? To the writers? To the end users? Each view likely results in different answers. Clearly, the company would prefer to hire as few writers as possible simply from a budget perspective. Developers themselves may prefer a greater number of writers if only to avoid writing content themselves, but this must be balanced against the potential of having multiple people clamoring for reviews and answers to questions. Writers ideally want the smallest ratio of all, arguing that a smaller ratio allows better communication and rapport with each developer that ultimately leads to more accurate information.
最初に、我々は「理想的な」という言葉に疑問を呈しなくてはなりません。 我々はどんな見地から質問に答えていますか? 会社に理想的ですか? デベロッパーに? 執筆者に?最終ユーザーに? 各見地が多分異なった答えをもたらします。 明らかに、会社はただ予算の見地から可能な限り少ししか執筆者を雇わないことをより好むでしょう。 デベロッパー自身は彼ら自身がコンテンツを書くのを避けるためだけにより多くの執筆者を好むかもしれません、しかしこれは大勢の人々に再調査と質問への答えをやかましく要求させる可能性とはかりにかけられなくてはなりません。 執筆者は理想的に、すべての中で最小の比率を欲します。そしてより小さい比率が究極的にいっそう正確な情報に導く各開発者と一緒にもっと良いコミュニケーションと心のつながりを可能にすると論じています。

Perhaps left out of the entire equation, however, is what is best for the end user. As the Hackos’ article points out, “If our budgets and staffing are determined by the number of developers, we are likely to emphasize supporting the developers and creating product-oriented, system-focused information.” The number of information developers required to provide what is best for the end user may have no correlation whatsoever to the number of product developers. Instead, it is more closely related to the complexity of the product and the audiences that must be addressed.
しかしながら、エンドユーザのために最も良いものが、方程式全体から多分残っています。 Hackos の投書が、指摘するように「もし我々の予算と人員確保がデベロッパーの数によって決定されるなら、我々はデベロッパーをサポートして、プロダクト指向の、システムに重点を置いた情報を作ることを強調する可能性が高いです。」 エンドユーザのために最も良いものを供給するように要求される情報開発者の数は製品開発者の数にまったく相互関係を持っていないかもしれません。 その代わりに、それはいっそう密接に取り上げられなくてはならない製品の複雑さと対応する読者と関係があります。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////

風邪を直接直せる薬はありません。治すのは自分です。予防医療のために、漢方の知識を活かしたサプリメントTolakAnginで滋養強壮、免疫力を付けましょう。サプリメントのネットショップを開店しました。在庫切れになっていたものが、3月1日に入荷しました。お客様のご要望でのど飴も入荷しました。在庫がなくなる前にご発注ください。

*銀行振込かPayPal決済希望の方はこちらから、どうぞ!

*yahoo会員で安心決済希望の方はこちらから、どうぞ!

Flu一箱12袋TolakAnginCare

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

常磐線や千代田線沿線で柏の不動産物件を探しておられる方に、知人から依頼がありましたので、下記リノベーション物件、2LDKのマンションをご紹介します。よろしかったら、ご利用ください。

http://ameblo.jp/yamashina-reformstaff/entry-12245450567.html

=====================================================================

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ クラウドコンピューティングへにほんブログ

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:55| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック