2016年09月05日

Huawei 技術会社での統合された一元管理ソリューション(5)

2. Define a complete set of information modules
2.情報モジュールの完全セットを定義すること


Using the UTA output as the input, the IAs then define a complete set of information modules, including a responsibility matrix and reuse relationship table (see Figure 3). The responsibility matrix shows topic owners and the corresponding phases during which these information modules need to be developed according to Huawei’s Integrated Product Development (IPD) process.
出力されたUTA を入力過程として使って、 IA達はそれから、責任マトリックスと再利用関連表を含めて情報モジュールの完全セットを定義します(図3参照)。責任マトリックスは、これらの情報モジュールがトピック所有者とHuawei の統合製品開発プロセスに従って開発される必要がある間の該当するフェーズを示します。

Figure 3: Example of a reuse relationship table
図3:再利用関連表の例

================================================



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ クラウドコンピューティングへにほんブログ

================================================

季節商品


語学


CD6枚分(600個)の頻出英会話フレーズを簡単に完全記憶して60日後には英語が口から飛び出す!...

CD6枚分(600個)の頻出英会話フレーズを簡単に完全記憶して60日後には英語が口から飛び出す!...
価格:19,800円(税込、送料込)


1日20分の勉強で、英語がグングン身につく、英語勉強法の秘密を知りたくありませんか?網野智世...

1日20分の勉強で、英語がグングン身につく、英語勉強法の秘密を知りたくありませんか?網野智世...

価格:29,800円(税込、送料込)

【楽天ランク162週連続1位教材】今なら新型タブレット全員プレゼント★日本一「バカ売れ」英語...

【楽天ランク162週連続1位教材】今なら新型タブレット全員プレゼント★日本一「バカ売れ」英語...
価格:29,800円(税込、送料込)

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック