2016年04月09日

もののインターネット:重要インフラ接続のためには素晴らしいが、サイバーセキュリテイは?(4)

風邪を直接直せる薬はありません。治すのは自分です。予防医療のために、漢方の知識を活かしたサプリメントTolakAnginで滋養強壮、免疫力を付けましょう。サプリメントのネットショップを開店しました。

*銀行振込かPayPal決済希望の方はこちらから、どうぞ!
*yahoo会員で安心決済希望
の方はこちらから、どうぞ!

一箱12袋TolakAnginFluCare

==============================================


Oil and gas, for example, is a security-conscious industry. The data that is transmitted via IoT technologies can be extremely useful, if it can meet the security requirements while data is being transferred. With the use of TLS/SSL and basic AES-128 data encryption, even in an Industrial IoT environment where data moves across an open network and it is assumed that an unauthorized party could potentially see the traffic on that network, secure connections can be established. When the data is properly encrypted, an unauthorized party cannot access the data even if they can see it in the network. In wireless connections, standards based connections will allow relatively easy access to the network itself, leaving just the software encryption to stop snooping. Many consumer IoT technologies are making their way into the IIoT and each has different tradeoffs.
例えば、石油とガスは機密保護を気にする産業です。 もし、データが転送されている間に、それがセキュリティー要求事項を満たすことができるなら、 IoT 技術によって伝達されるデータは極めて有用であり得ます。 TLS / SSLと基本的な AES -128データ暗号化を使って開放ネットワークじゅうにデータが動く工業 IoT 環境でさえ、そして無許可のパーテイーが、潜在的にその回線網でトラフィックを見ることができ、安定した接続が確立可能と想定されます。 データが適切に暗号化されるとき、たとえ彼らが回線網でそれを見ることができるとしても、無許可のパーティーが、データにアクセスすることはできません。 無線の接続では、標準ベースの接続が、単にソフトウェア暗号化を詮索するのをやめさせておいて、それ自身回線網に比較的イージーアクセスを可能にするでしょう。 多くの消費者 IoT 技術は、IIoT に進んでいて、それぞれが異なったトレードオフを持っています。


============================================================


季節商品



PC家電グッドデザイン賞ファッション通信

語学




CD6枚分(600個)の頻出英会話フレーズを簡単に完全記憶して60日後には英語が口から飛び出す!...

価格:19,800円(税込、送料込)

 


1日20分の勉強で、英語がグングン身につく、英語勉強法の秘密を知りたくありませんか?網野智世...

1日20分の勉強で、英語がグングン身につく、英語勉強法の秘密を知りたくありませんか?網野智世...
価格:29,800円(税込、送料込)

【楽天ランク162週連続1位教材】今なら新型タブレット全員プレゼント★日本一「バカ売れ」英語...

【楽天ランク162週連続1位教材】今なら新型タブレット全員プレゼント★日本一「バカ売れ」英語...
価格:29,800円(税込、送料込)



posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 09:30| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IOT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック