2015年12月26日

DocBookは死んでいない! 長くDocBookは生き残る!(5)

風邪を直接直せる薬はありません。治すのは自分です。予防医療のために、漢方の知識を活かしたサプリメントTolakAnginで滋養強壮、免疫力を付けましょう。

サプリメントのお店を開店しました。よろしかったら、一度ご来店ください。

yahoo会員の方はこちらから、どうぞ!

一箱12袋TolakAngin

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

If You’re not RelaxNG, You’re Working Too Hard
もしRelaxNG 派でないなら、あなたはあまりにも一生懸命働きすぎ

I’m so convinced of the above statement, that I have it as a bumper sticker on my truck! RelaxNG has been the canonical format for DocBook since v5.0. This schema language makes it MUCH easier for authors and organizations to extend the content models in DocBook to meet their specific content needs. If you aren’t using it yet, you need to learn it. Even DITA has taken the cue and is including it in their v1.3. Tools are starting to support this schema language now as well.
私は非常に上記の宣言を確信しているので、私は私のトラックのバンパー・ステッカーとしてそれを持っています! RelaxNG は v5.0 から DocBook の規準的な書式でした。 このスキーマ言語は著者と組織が彼らの特定のコンテンツの必要を満たすため、DocBook で内容モデルを拡張することをずっとより容易にします。 もしあなたがまだそれを使っていないなら、あなたはそれを学ぶ必要があります。 DITA さえ手掛かりにして、そしてそれらの v1.3. にそれを含めています。ツールは同様に今このスキーマ言語をサポートし始めています。

Better Accessibility
もっと良いアクセシビリティ

DocBook v5.1 addresses a number of accessibility enhancements for output to screen readers. One of the issues in making tabular data accessible to visually impaired readers lies in providing the appropriate markup that will allow a correct correlation of table data with its headings. Where sighted readers can easily associate a column or row header with the correct column or row, screen reader software and devices cannot reliably interpret these visual cues. DocBook v5.1 addresses these needs by adding the @headers and @scope attributes on , adding the @rowheader attribute on , and allowing <table> to contain<caption>for text summaries.
DocBook v5.1 は出力のためにスクリーンリーダーに多くのアクセシビリティ拡張に取り組んでいます。 表データを視力に障害がある読者がアクセスできさせることにおいて、問題の1つはその見出しを表データの正しい相互関係を可能にする適切なマークアップを提供することにあります。 眼が見える読者が容易に文字位置あるいは行や列ヘッダを正しい文字位置と結び付けることができるところ、スクリーンリーダーソフトウエアと方策は確かにこれらのビジュアルキューを翻訳することができません。 DocBook v5.1 は、@ ヘッダーと @ 範囲の属性を加えて、< colspec >に @ rowheader 属性を加えて、そして< table >がテキスト要約のための< caption > を含むことを可能にして、これらの必要に取り組んでいます。

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 11:33| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | XML標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック