2020年05月02日

情報開発と利活用20200502


    • 先端技術情報20200502

      今頃、ようやく薬局や、ドン・キホーテでマスクを販売しているのを見かけるようになった。それでも日本で必要になることが分かっていたのに、、中国に医療用防護服やマスクを寄付した政治家は何を考えていたのか理解に苦しむ。なんで台湾のように武漢が都市閉鎖になるまえに中国からの旅行者全員の入国を全面的に拒否をしなかったのか。わずかなインバウンド観光による利益重視、人命軽視、中国ビジネス優先の薄汚い魂胆が見えるような気がする。これからは、やはり、自由と民主主義、国民の人権を守る政治をしてもらいたいものだ。

      /////////////////////////////////////////////////////////////////////

      先端技術情報

      ////////////////////////////////////////////////////////////

      AI

      急成長する糖尿病管理AI– 北米マーケットが先導 医療AIニュース|The Medical AI Times 糖尿病管理AIとしては、日々の血糖測定・管理を向上させるウェアラブルデバイスや、インスリン投与量をAIによって最適化するアプローチなどが多数示されるように... ブロックチェーン上でAIの透明性を担保し、プロジェクト管理をサポート −「GeneFlow」β版がリリース AINOW編集部 (プレスリリース) (ブログ) AIうやIoT、 AR/VR、ブロックチェーンなどの技術を組み合わせ、 人型AIアシスタントを可能にする技術プラットフォーム「コネクトーム」の開発・提供を行うクーガー... AIでカスタマー・エクスペリエンスを向上させる ガートナーに訊く EnterpriseZine AIを用いてカスタマーエクスペリエンスを向上させるアプローチについて、ガートナーのアナリスト ブライアン・パトリック・マヌサマ氏が語った。 デジタル変革のため...

      IOT

      これで「巣ごもり」生活もグレードアップ!最先端のIoT機器で快適を手に入れる ニュースイッチ Newswitch 人々が快適に生活するために、世の中に様々なIoT製品があふれる近年では、スマートフォンで操作できる家電製品も多くみられるが、従来のリモコンをスマホに... IoT人気記事ランキング|ヤマザキマザック インタビューなど[4/6-4/12] IoT NEWS 5位 店舗運営の省人化のためのIoT/AI活用. 昨今、少子高齢化による労働人口の減少により多くの企業が人手不足や採用難といった社会問題居を抱えており... OKIのIoT無線「SmartHop」が挑む2つのステップ business network.jp 920MHz帯を使う独自のIoT無線「SmartHop」を展開するOKIが、新たなステップを踏み出す。2017年から手掛ける海外展開がいよいよ本格化。エッジAIとの連携...

      ブロックチェーン

      ブロックチェーンはHRの必須ツールとなるのか? ZUU online アプリやスマートコントラクトなどを利用し、雇用や育成、給与支払いなどのプロセスの効率化やデータ保護機能の強化を図ることが目的です。ブロックチェーン技術... ブロックチェーンで安全なIoTシステムを実現、NECがセキュリティサービス開発 @IT MONOist NECはブロックチェーン技術で真正性を確保したエッジデバイス「NEC AI Accelerator」などを用いてセキュアなIoTシステム構築を実現するセキュリティサービスを... d10n Lab及びHashHub、ブロックチェーン活用の基礎知識レポートを公開 PR TIMES (プレスリリース) ブロックチェーンリサーチを行うd10n Labより、企業の利用向けレポートの一部を株式会社HashHubのウェブサイトで公開いたします。 レポート公開について. 本... ...

      ====================================================================

      ネットサービスランキングhttps://blog.with2.net/rank1055-0.html

      ====================================================================

      NEW!

      テーマ:


    • 貴組織のための正しいSOCモデルの選択(10)

      Security orchestration, automation and response (SOAR) tools are also entering the walls of the SOC. These solutions enable organizations to collect security threats data and alerts from different sources. Incident analysis and triage can be performed leveraging a combination of human and machine power to help define, prioritize and drive standardized incident response activities according to a standard workflow.セキュリティー組織化、オートメーションと反応(SOAR)ツールは、同じく SOC の壁に入っています。 これらのソリューションは組織に異なった情報源からセキュリティー脅威データ部と警告を集めることを可能にします。 付随事件分析とトリアージが、標準的なワークフローに従って標準化された付随事件対応活動を定義して、優先順位を付けて、駆動するのを手伝うために人間とマシンパワーの組合せをてこ入れして行なうことができます。SOAR tools allow an organization to define incident analysis and response procedures (aka plays in a security operations playbook) in a digital workflow format such that a range of machine-driven activities can be automated (see“Innovation Insight for Security Orchestration, Automation and Response”and“Preparing Your Security Operations for Orchestration and Automation Tools”).、ツールが組織を許す SOAR はデジタルワークフローフォーマットで付随事件分析と反応手順(別名、機密保持運用脚本での演劇)を定義します。そうすることで、広範囲の機械駆動活動が自動化されることができるようになります。(機密保持組織化、オートメーションと反応のための革新洞察」と「組織化とオートメーションツールのため貴機密保持運用の準備」 参照)。Some SOAR tools also have threat intelligence management capabilities that can be used to support analysts dedicated to threat intelligence analysis and dissemination (e.g., to other security tools, to internal teams and tools, and to third parties such as an information sharing and analysis center [ISAC]).若干の SOAR ツールは同じく(例えば、他のセキュリティーツールや、内部のチームと手段や、情報共有分析センター[ ISAC ]のような 第3者に)脅威諜報分析と普及を専門に行なっているアナリストを支援するために使うことができる脅威諜報管理能力を持っています。Threat and vulnerability management (TVM) and breach and attack simulation (BAS) tools are also newer additions to SOC tooling (see “Market Guide for Vulnerability Assessment” and “Utilizing Breach and Attack Simulation Tools to Test and Improve Security”). However, TVM is directly linked to the SOC’s role around vulnerability management (VM); thus, if an organization is not doing VM, then TVM tools are not present in the SOC (see“Implement a Risk-Based Approach to Vulnerability Management”).脅威と脆弱性管理(TVM)と違反と攻撃模擬(BAS)ツールは同じく SOC ツール化へのより新しい追加です。(「脆弱性評価のために市場案内書」と「機密保持を試して、そして改善するために違反と攻撃模擬ツールを利用」 参照) しかしながら、 TVM は直接脆弱性管理(VM)の周りにSOCの役割と直接関連づけられます; それで、もし組織が脆弱性管理をしていないなら、 TVM ツールが SOCに存在していません。 (「脆弱性管理に危険ベースの方法を実装」参照)=====================================================================

      ネットサービスランキングhttps://blog.with2.net/rank1055-0.html

      ====================================================================

      NEW!

      テーマ:

    • 今日の花

      この投稿をInstagramで見る Sunmi Tongan(@tongansunmi)がシェアした投稿 - 2020年May月1日pm1時50分PDT

      NEW!


      テーマ:
posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:49| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする