2020年03月12日

情報開発と利活用20200312


    • 先端技術情報20200312

      /////////////////////////////////////////////////////////////////////

      先端技術情報

      ////////////////////////////////////////////////////////////

      ビッグデータ

      Hadoopとビッグデータ分析市場の機会と現在の傾向2020|ステータスと予測2027まで選手、タイプ ... InvestAsian このレポートは、Hadoopとビッグデータ分析市場市場の最新の混乱を提供し、包括的なマーケットインテリジェンスレポートを提供します。 さらに、このレポート... 2025年までのテクノロジー、アプリケーション、予測調査による小売市場の生産におけるビッグデータ分析 ... InvestAsian この調査レポートは、グローバルな 小売業のビッグデータ分析市場に関する重要な情報と統計を提供します。市場予測レポートは、2020〜2026年の予測期間中に... セキュアヴェイル、次世代のマネージド セキュリティ プラットフォーム『NetStare(R) Suite』の正式受注を開始 時事通信 情報システムの相関分析やビッグデータ解析を可能にするクラウドサービスを提供 <下へ続く>. 株式会社セキュアヴェイル(本社:大阪市北区、代表取締役社長:...

      仮想通貨

      速報仮想通貨ビットコイン1万ドル到達後に反落 CMEの「窓埋め」を意識か 株式会社CoinPost 今年に入り中期的な資金流入も確認されている中で、仮想通貨バブルを期待する声も高まったが、半減期だからと必ずしも大きく上昇し続けるとは限らず、安易な... 著名人騙る仮想通貨詐欺がSNSで横行|悪用された中東大富豪がFacebookを起訴 株式会社CoinOtaku (プレスリリース) (ブログ) SNSで有名人のフリをした詐欺広告を用いる仮想通貨詐欺が横行している。 自分を勝手に利用した記事広告が掲示されていたとして、カタールの大富豪... G20閉幕 共同声明で仮想通貨ステーブルコインにも言及 株式会社CoinPost 先月、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムでも、ステーブルコインや仮想通貨に大きな注目が集まっていた。二つの大きな経済・金融会議で取り上げ...

      AI

      人工知能のハブ国家を目指すべく、UAEは「学費無料」のAI専門大学を設立する WIRED.jp アラブ首長国連邦(UAE)が人工知能(AI)にかける期待は大きい。 ... 学費無料という事実が示すのは、UAEがAIハブ国家の構築に本気で取り組んでいること、... 「AI発達で人の創造的思考問われる」…“学ぶ”から“役立つ”へ『哲学』に再注目 子供用絵本もヒット www.fnn.jp カフェに入門書も…2019年に注目が集まった「役に立つ哲学」; 50万部のヒット…哲学テーマの子供向け絵本が人気 子供が通う「哲学教室」まで;AIの普及進む... 【ロボットコミュニケーター・吉藤オリィ1】「AIに支配されないテクノロジー」で人類の孤独を解消する BUSINESS INSIDER JAPAN 2018年から開催されてきた、人型ロボットが動き回って客をもてなす公開実験「分身ロボットカフェ」。かつてない取り組みだけに大勢の人が訪れ、席の予約チケット... =====================================================================

      人気ブログランキングへhttps://blog.with2.net/rank1055-0.html

      =====================================================================

      NEW!

      テーマ:

    • ビジュアル コミュニケーションの傾向(3)

      The big push for adopting visual communication is driven by the ability of new age content management systems to connect existing design and documentation assets. This change enables communicators to create dynamic animations and other visual content – with minimal human intervention. For organizations looking to adopt and deploy connected content, industrializing visual content delivery within the digital landscape is a huge win. Orchestrating a business workflow that triggers notifications and generates basic animations and visuals from existing design and text-based content assets, results in lesser costs to sustain visual media assets. Such visual media assets can also be embellished in virtual and augmented reality platforms – which is an additional win.ビジュアルコミュニケーションを採用するための大きな攻勢は、「既存の」設計と文書資産をつなぐための新時代のコンテンツマネジメントシステムの能力によって促進されます。 この変化は「最小の」人的介入で伝達者にダイナミックなアニメーションと他のビジュアルコンテンツを作ることを可能にします。 接続されたコンテンツを採用して、配置することを期待している組織のために、デジタル風景内でビジュアルコンテンツの配信を工業化することは莫大な勝利です。 既存の設計とテキストベースのコンテンツ資産から、通知を引き起こして、基本的なアニメーションとビジュアルを生成するビジネスワークフローを計画することは視覚メディアの資産を維持するために、より小さいコストで済みます。 このような視覚メディアの資産は同じく仮想的と複合現実感プラットホームで飾ることが可能となります、そしてそのことは追加の勝利なのです。Albeit the obvious benefits, adoption of dynamic visual content depends on the existing IT ecosystem and the organizations’ ability to drive this change within the user community.明白な利益にもかかわらず、ダイナミックなビジュアルコンテンツの採用はユーザーコミュニティー内でこの変化を引き起こすための既存のIT生態系と組織の能力に依存します。The demand for consumption of visual communication is here to stay−and it would be worthwhile for every communication professional to embrace this change−while keeping the end user needs in perspective.ビジュアルコミュニケーションの消費の需要は、(エンドユーザーのニーズを全体的な視野でとらえて)定着しています。そしてすべてのコミュニケーション専門家がこの変化を受け入れることは価値があるでしょう

      =====================================================================

      人気ブログランキングへhttps://blog.with2.net/rank1055-0.html

      =====================================================================

      NEW!

      テーマ:

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 10:42| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする