2019年11月08日

2018年:AIパワー意思疎通の年(2)


More smart replies, less original writing
いっそうスマートな応答、それほど独創的でない執筆

It used to be that writing an email meant starting from scratch or using a canned response when appropriate. But now, thanks to things like G Suite’s new smart compose feature, you don’t even have to devote much energy to craft quick replies. You start typing, and words and phrases automatically populate, thereby saving you time. It’s one of those effortless features that is a basic function of AI. But this kind of effortlessness can have consequences, especially when the tech is relatively new.
それは電子メールを書くが、適切であるとき、ゼロから始めるか、あるいは紋切り型の回答を使うことを意味したものでした。 けれども今、G Suite の新しい賢い作文機能のようなもののおかげで、あなたは速い返答を作りあげるためにたくさんのエネルギーを費やす必要さえありません。 あなたはタイプを始め、そして言葉と句が自動的に、代入され、それによって、あなたのために時間を節約します。 それはAIの基本機能であるそれらの労力を要さない機能の1つです。 けれども、この種類の努力不要なことは何らかの結果をもたらす可能性があります。特に、技術が比較的新しいとき、

“The balance between what we write and what we think is changing,” says Dr. Naomi Baron, professor of linguistics emerita at American University and author of “Words Onscreen: The Fate of Reading in a Digital World.” And that change, she says, may not be for the best since it can get people stuck in vocabulary ruts, a phenomenon that’s amplified on devices like smartphones, where that kind of AI has been a standard feature for years.
「我々が書くものと考えるものの間のバランスは変化しています」と、アメリカン大学の名誉退職の言語学教授、「スクリーン上の言葉:デジタル世界での読書の運命」の著者、ナオミ・バロン博士が言います。 そしてその変化は、それが人々に語彙の決まりきったことの繰り返しをさせ、スマートフォンのような装置上で拡大される現象に突っ込まれる可能性がありますから、結果的にはかえって良くないかもしれません、そこでは、その種類のAIが何年もの間標準の機能であったと彼女が言います。


=====================================================================

人気ブログランキング

=====================================================================

posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:25| 千葉 ☀| Comment(0) | 人工知能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の先端技術情報20191108

今日の先端技術情報20191108

テーマ:

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先端技術情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

AI

古代ギリシアの石板の解読をAIが助ける

TechCrunch Japan

機械学習とAIは、太陽系外惑星を見つけたり、写真のように本人そっくりの人間の画像を作ったりといった派手な業績が強調されがちだが、でも同じ技術が学術 ...


「校閲・校正ができるAI」登場 “てにをは”や誤字脱字をチェック 「保証」と「補償」の違いも理解

ITmedia

凸版印刷は10月18日、AIの技術を活用して文章の誤りを指摘する「AI校閲・校正支援システム」を開発したと発表した。広告、パンフレット、カタログなどの原稿を ...


人工知能(AI)の時代には、意外と「こんな人」が生き残る

現代ビジネス

最近、人工知能(AI)が大きく進歩している。将棋も囲碁も、プロ棋士を負かすほどのものが登場しているし、将棋界では、AIの指し手からプロが学ぶ形が広がって ...

ブロックチェーン

ブロックチェーンが変革的インパクトをもたらすのは、5−10年後 ガートナー

ITmedia

ガートナーは「ブロックチェーン・テクノロジーのハイプ・サイクル 2019年」を発表した。ブロックチェーンは、ハイプ・サイクルの中で現在「幻滅期」への谷底に向かっ ...



ニューバランス、Cardano/ADAブロックチェーンによる真贋鑑定のテスト版を公開

みんなの仮想通貨

スニーカーの購入者にはIDとセキュリティチップが埋め込まれたRealchainカードが渡され、ニューバランスのアプリからカードにアクセスしてブロックチェー上で ...


Japanブロックチェーンウィーク VIP Dinnerが成功裏に終幕!

株式会社CoinPost

Huobi Chinaは、ブロックチェーンテクノロジーを使用してさまざまなセクターを強化し、ブロックチェーン業界のアップグレードをリードすることに取り組んでいます。

仮想通貨

日本政府が閣議決定、政治家への仮想通貨・個人献金は「規制対象外」

株式会社CoinPost

今回、仮想通貨を通じた献金で焦点となったのは、仮想通貨の法律上の規定が、現在の政治資金規制法で禁じられている「金銭」や「有価証券」に該当するかだ。


仮想通貨ビットコインが築く「ワン・ワールド」米著名投資家ドレイパー氏が力説

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

ビットコイン強気派で米投資家のティム・ドレイパー氏は、11日にブログを更新し、ビットコインが中心となって形成されるワン・ワールドについて自説を展開した。


【速報】仮想通貨は軟調な推移が続く ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)

株式会社CoinOtaku (プレスリリース) (ブログ)

19日の仮想通貨市場は各通貨とも下落となった。 ここまで上昇を見せてもすぐに下落するという苦しい展開が続いており、辛抱強く見守るしかなさそうだ。

 

=====================================================================

人気ブログランキングへ
 

=====================================================================



posted by 平成アフィリエイトへの挑戦 at 12:17| 千葉 ☀| Comment(0) | e-コマース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする